旦那に浮気の前科があるとき 再発防止のために重要な2つの要素

結婚する前、夫は別の女性と浮気したことがある。

 

あるいは結婚したあとに、不倫をしたことがある。このように、夫に浮気の前科があると、妻はずっと不安ですよね。

 

旦那さんに浮気の前科があるとき

夫が浮気の前科者であると、いつかまた同じことが起こるのではないかと疑心暗鬼になってしまう。

 

そして誰かに相談しても

 

  • 「一度の浮気なら許さないといけないよ」
  • 「そんな人とわかって結婚したんでしょ?我慢するしかないよ」
  • 「嫌なら離婚だよね、私なら浮気の前科者とは続けられないわ」

 

と、極端なことを言われることもあり、どうしたらいいのか分からなくなる……浮気の前科がある夫なら、許し続けるか、見切って別れるか、どちらかしかないの?と、究極思考に苦しんだり。。。

 

考えるほどグチャグチャになりますよね。

 

一度不安を整理してみると、前科者である夫についてあなたが怖がっているのは、大きく分けると「不倫の再発」と、「夫を信じられないこと」だと思います。

 

再発もあり得るし、信じすぎてはいけない

不安のなか不吉なことを申し上げるのは気が引けますが……やはり一度不倫したことがある男性は、そのまま放置していれば再発の可能性はあります

 

不倫には刺激と依存性があるので、一度覚えた味は忘れられないからです。

 

その「味」が本人にとって甘いものであれば、またやりたい……と思うのです。

 

さらに、不倫はもうコリゴリだ!くらいに痛い目にあわないと不倫のリスクに気づけないですよね。

 

もうコリゴリの状態になっていないまま、何となく前回の不倫が許されてしまうと、時間が経つとまた「次もまた何とか許されるだろう」とか「次こそバレないように気をつければいいさ」みたいな軽いノリで不倫を再開させることも考えられます。

 

前科者は疑われて当然、信じられないことに罪悪感は持たないで

どの犯罪でも、前科者の再犯率は一般の人よりずっと高いのが事実で、不倫もまた同じです……。

 

辛い現実ですが、もう「そういうものだ」と前向きに諦めた方がいいかもしれません。

 

そして、夫を信じられないことに罪悪感を持たないでください。

 

前科があれば疑われて当然です。

 

とはいえ、前科者でもきちんと再犯せずに復帰できる人もいるように、不倫の前科者でももう二度と不倫をせず、以前よりも良い夫になる人だっています。

 

ですから信じすぎはしないけれど、更生しようという本人の気持ちは信じる、みたいな感じでしょうか。

 

再発防止のために必要なのは夫の自制力と危機感

不倫の「マエ」があるからといって、すべての人が再発させるわけではないです。

 

再発防止に重要な要素が2つあって、それは本人が自制できるようになっているか、そして次に不倫をしたら本当にヤバイ状態になるという危機感があるか無いかです。

 

ここで大事なのは、自制力も危機感も、夫本人が自発的に持つことです。

 

他人である妻が、夫をコントロールすることはできないです。

 

妻ができることは、自制できるように、危機感を抱かせるように、気づかせるきっかけを与えるくらいです。

 

そのあとどうするか?

 

再犯してまた不法行為者になるか、良い夫として家庭円満に生きるか、それを決めるのは夫自身ということです。

 

「気づき」に必要なのは、以下のようなことです。

 

なぜ前回は浮気したのか、夫は自覚している?

不倫は恋愛ではなく、心の隙間を埋める代償行為です。

 

代わりの行為で、自分の満たされない欲求を満たすということ。

 

そのことに夫は気づいていますか?

 

そして前回不倫したとき、どのような心の隙間があったのか、自覚しているでしょうか。

 

このとき「寂しかったのに、妻が気づいて癒してくれなかったから」とか「女の方が誘ってきたから、つい出来心で……」みたいに、人のせいにしているだけでは自覚とは言えないです。

 

  • 自分は寂しいときに、妻に癒しを求めるのではなく、近くにいる目下の女と関係を持ってしまう傾向がある
  • 女性といい雰囲気になったら、日頃のストレスや性欲を発散させるために、罪悪感なく性行為をしようとする弱さがある
  • 仕事で誰かに馬鹿にされると、女を性的に征服することで、一瞬だけでも自信が回復するから、それを求めて女とヤっていたのかもしれない

 

と、自分の心の隙間や弱さを自覚できているか?ということです。

 

不倫した原因は色々あると思いますし、妻との関係がうまく行っているかどうかも大きいでしょう。

 

ただ、不倫した夫本人に、「自分の心に問題があったのだ」ということに自覚がないままだと、また同じような心理状況になったら、同じことを繰り返しますよね。

 

無自覚なら、また無自覚で同じ失敗を繰り返すのは当然の流れですから……。

 

妻の心の傷に気づいて罪悪感を持っている?

前回の不倫で、妻が傷ついたことを夫は知っていますか?

 

そして自分のせいで妻を心底傷つけたことに、罪悪感がありますか?

 

前回の不倫で妻が見て見ぬふりをしていたり、軽くたしなめて「今回だけは許してあげるわ」みたいに流してあげていると、夫は「妻はそんなに傷ついてないな」と罪悪感を持ちません。

 

自制心は、誰かを傷つけてはいけないという良心から生まれますよね。

 

ですから、不倫行為は妻を死ぬほど苦しめる!もう二度とやってはいけない!と自制心を持ってもらうためには、妻の心の傷に気づかせる必要があると思います。

 

もし前回、見て見ぬふりをしていたり、夫に不倫されてすごく傷ついているのに我慢し続けているのであれば、この際夫とよく話あったらいかがですか。

 

  • 前の不倫を知っているよ
  • すごく傷ついたよ
  • 死にたいと思ったこともあるよ
  • 今でも苦しいよ
  • 次に同じことをされたら私は本当に立ち直れないよ……

 

このような気持ちがあるなら、夫に伝えてください。

 

男性は気持ちに鈍感だし、自分の不倫がそこまで妻を傷つけるパワーがあるとは思っていません。

 

不倫行為のリスクはわかっている?

不倫行為には多大なリスクがありますが、前回それほどトラブルにならずに終わったのであれば、不倫のリスクに気づいていないかもしれません。

 

一般的に不倫が明るみに出たら、家庭崩壊の可能性も大だし、慰謝料・養育費・財産分与などの金銭的負担、社会的にも制裁があるし人間関係も壊れ……など、壮大なリスクがあります。

 

もし再度不倫をしたら、最悪こうなる、というリスクをはっきり自覚していれば、それが自制につながります

 

不倫真っ最中はなかなかリスクに目がいかないですが、不倫が終わり夫婦でやり直そうとしている期間であれば、前より冷静になっているので、リスクに気づかせることもできると思います。

 

次やったらどうなるか、心底危機感を持ってもらうこと。

 

次やったらすべてを失うよ、とイメージさせることが大事ですね。

 

軽くペナルティ与えて許す、みたいなのはダメ

自制と危機感を持ってもらうためにも、妻の側が毅然とした態度でいないといけないです。

 

「今回だけは許すわ、あのバッグを買ってくれたらね」みたいな軽くペナルティを与えて許してしまうなど。

 

それだと、その家庭では「不倫は軽く許される、次やっても何か買ってあげたらいい」というルールになってしまいます

 

妻がどれだけ毅然とできるか?心底危機感を持たせるために、どこまで妻が自分の不安とたたかって自立できるか?にかかっているかもしれません。

 

浮気を妻の責任にする思想が家庭にあったらダメ

また、浮気を妻のせいにするような思想が家庭内にあると、不倫問題は繰り返される傾向があります。

 

「夫が不倫する原因(ストレスとか性欲とか)を、妻である私が取り除いてあげなきゃ」とか、「妻がいい奥さんになれば浮気は防止できるもの」みたいな考えです。

 

こんなのがあれば、夫はいつまでも「妻が○○だから」と言い訳して不倫をしますよね。

 

そして妻の側もいつまでも「私が○○だから夫が不倫を繰り返す、だから○○を直さなきゃ」と、筋違いの努力を始めてしまって、一向に不倫問題が片付かないです……。

 

妻は保護観察官のように

不倫した夫は、自分の心の問題があったから不倫したのです。

 

一般的な犯罪者も、犯罪を犯した理由を社会や人のせいにしたままだと、高い確率で再犯します。

 

一方、更生の段階で自分の心の問題が犯罪を犯させたのだと気づけた人は、再犯率が減ります

 

ですから不倫夫も、それができるかどうかで、再発率が変わると思います。

 

夫本人が気づけるかどうか、妻としては見守るしかないのが辛いものですが……。

 

ただ、本人が更生しよう、もう不倫はしない!と思っている様子なら、その気持ちは信じてあげて欲しいです。

 

犯罪者にたとえるのは悪いかもしれませんが、「信じすぎはしないけれど、更生しようという本人の気持ちは信じる」という妻は、保護観察官みたいな感じになるのだと思います。