不倫夫にも罪悪感はあるが不倫をやめるか否か罪悪感とは関係がない

夫が不倫をしていて何とかやめてもらいたいとき。「やめさせる作戦」を考えると思います。

 

不倫していても夫も人の子だし一度は愛し合った夫婦だし子どものためにも家庭のことを考えて欲しい。

 

不倫は人の道に外れ、妻を傷つける行為でもある。

 

夫もそれに気づいて罪悪感を持てば、不倫から手を引いてくれるのではないか?

 

このように、罪悪感をうえつけることで、不倫をやめさせるという方法も考えたことがあるかと思います。

 

とはいえ、不倫夫は不倫中、罪悪感よりも別のことで頭がいっぱいなので、奥さんの期待どおりにはならないことが多いです。

 

今回は、不倫夫にも罪悪感はあるが不倫をやめるか否か罪悪感とは関係がない、というテーマです。

罪悪感程度で不倫をやめられない

不倫をしている最中の男性にも、罪悪感はある人が多いです。(なかにはまったく罪悪感を持たない人もいますけどね……)

 

不倫は悪いことだとはわかっているし、妻が知れば悲しむこともわかっています。だから必死で隠そうとします。

 

妻バレすれば、悲しみ怒る妻の顔を見られないくらい、罪悪感で苦しいのです。

 

しかし。だからと言って、相手女と別れるとは限らないです。

 

「妻を傷つけている罪悪感が辛い」

 

「子どもが不安そうな顔で両親を見ている状況に罪悪感を刺激されて子どもの顔をまともに見られない」

 

こういうことはあるでしょう。

 

しかし一度不倫に足を踏み込んだ男性は、この程度の罪悪感では不倫から足を洗えないのです。

 

普通の感覚だと、「罪悪感があれば、そんな行為はやめるでしょ?」と思いますよね。

 

しかしそれが出来ないのが不倫者たち。

 

犯罪者にたとえるのは失礼かもしれませんが……犯罪者たちも一応、罪悪感はあるのですよ。

 

しかし、犯罪行為で得られるメリット(お金や刺激)の方が魅力的に見えて、どうしても引っ張られてしまう。それと同じなのだと思います。

 

刺激と興奮に逃げる不倫夫

また、不倫する男性は、基本的には意志が弱く現実逃避しやすい傾向があります。

 

不倫を始めた時点で、責任や倫理から目をそらす癖がある人だということが証明されていることになりますし……。

 

ですから不倫したことに対する罪悪感はあるものの、それからも逃げるのもうなずけます。。。

 

そして、自分の不貞が妻にバレたら、さらに逃げることでしょう。

 

不倫をやめなければいけないという責任から逃げ。

 

すすり泣く妻の後ろ姿を見て感じる罪悪感からも逃げます。

 

罪悪感を持てば持つほど、妻から逃げようとして、ついに家に帰ってこなくなる人とか自室にこもって会話を遮断する人もいるくらいです。

 

そしてどこへ行くかというと、すべてを忘れさせてくれる不倫女のところです。

 

現実を忘れさせてくれて、お花畑で刺激的な疑似恋愛を楽しめるところに行ってしまうわけですね。。。

 

罪悪感はとても辛い感情ですし、どうしたら消すことができるのかわからない。

 

そんなときできることは、ただ逃げるだけ。

 

特に逃げ癖のついた不倫夫は、罪悪感を感じたら反射的に逃げると思います。

 

罪悪感を感じさせなくても不倫は続く

だったら、妻は夫の罪悪感を刺激しないように、不倫している夫を許しニコニコ受け入れ居心地の良い家庭を作ればいいのか?というと。

 

おそらく夫とは表面上、波風のたたない夫婦となるでしょう。

 

夫は罪悪感を感じなくて済むから妻から逃げることはなくなるでしょう。

 

家に帰ってくるし、妻の作ったご飯を食べ、妻と寝室を共にし、普通の家庭生活をおくると思います。

 

が、不倫も続けるのだと思います。

 

やめる理由がないからです。

 

不倫をやめるか否かは罪悪感と関係ない

というわけで、夫が不倫をやめるか否かは、罪悪感とはあまり関係がないということです。

 

罪悪感を強く感じるからといって、不倫女を切り捨てて「妻をこれ以上傷つけるのは辛い、だから家庭に戻る」という決心は、不倫男性にはできないです。

 

一方、上記のとおり、罪悪感を感じさせないように配慮したとしても、表面上夫婦仲は良くなっても、不倫をやめるとは限らない。

 

「妻が一生懸命夫に愛を伝えることによって、夫が気づいて(罪悪感を感じて)戻ってくる。だから夫を理解し、褒めて頼って、愛される妻になって!」という考えは、夫の罪悪感を刺激して不倫をやめさせようという方法だと思います。

 

しかしそれは、不倫男性の心理構造上、無理があるのではないか、と思います。。。

 

もちろん「夫を信頼し、愛を伝え続けたら、彼は罪悪感を感じて不倫をやめたみたいです。夫も悪いと思っていたと言って、土下座して謝ってくれました」という奥さんもいます。

 

ただ、本当のところは、ただ相手女性に飽きたとか相手女性からフラれたとか、不倫を続けられない事情があったとか。

 

そういう展開で不倫をやめただけで、罪悪感から女と別れた、というのはレアだと思います。

 

たまに、本当に出来心でフラッと浮気してしまった男性が、妻への罪悪感で辛くなってやめたというのもあります。

 

あと、始まってすぐでまだ不倫にどっぷりハマっていない頃や、妻の妊娠中など特殊な事情があるときは、罪悪感でやめるという人も皆無ではないでしょう。

 

ただある程度長く不倫の世界にいると、感覚がマヒしてきて、「妻には悪いけど……でも」「バレてもまあ、ちゃんと謝るつもりだし」みたいに、考えが偏っていきます。

 

そしてやっぱり妻への罪悪感より、女との刺激と仮想現実の方へ流れてしまうわけですね。。。

 

ですから不倫夫に対して、罪悪感を持たせよう、本人に気づきを与えて、不倫をやめてもらおう、と思っても期待が外れるかもしれません。

 

おそらく、夫が本気で罪悪感を感じるのは、不倫から足を洗ってしばらく経った後です。

 

不倫女と別れ、目が覚めてから。

 

妻の心の傷に気づき、自分がやってきたことの重大さに気づいてからだと思います。