旦那は浮気中、罪悪感はある?罪悪感の有無は不倫解決に有効なのか?

不倫は悪いことです。私たちは悪いとわかっていることをすると、「罪悪感」を持つのが普通です。

 

当然、不倫をしている旦那は、浮気中罪悪感を感じているはず!と妻は思うものですが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

今回は、旦那は浮気中、罪悪感はある?罪悪感の有無は不倫解決に有効なのか?、というテーマです。

 

バレていなければ罪悪感は乏しい

不倫する男性は、行為が悪いことだという自覚はありますが、基本はバレていなければ罪悪感はそれほど感じない人が多いようです。

 

不倫が妻にバレていなければ、「誰も傷つけてはいないから、いいんだ!」という論理で、罪悪感を感じにくいのだと思います。

 

人が罪悪感を感じるときとは、自分以外の誰かが自分の行為で深く傷ついたときですから「バレなければいい」とするのもわからないでもないですが……自分勝手な思考ですね。

 

それに、不倫は民法違反ではありますが、法的なルールに違反したなどでは、不倫者は罪悪感を強くは抱かないです。

 

ゴミのポイ捨てなどの軽犯罪違反がバレても、心底「悪いことしたなあー」とはならない。

 

もう悪いことはやめようとは思わず、むしろ、次はつかまらないようにもっと気を付けよう、みたいに考えます。

 

不倫も、これとよく似た感覚らしいです。

 

あと、不倫がはじまってすぐの頃は、妻に悪い!と罪悪感があったものの、不倫に慣れていくにしたがって「このくらい大丈夫」「うまく隠せるなら悪いことにはならない」みたいに気持ちが変わっていく人もいます。

 

バレたあとは、罪悪感を持たない人と徐々に持つ人にわかれる

妻バレしたあとは、罪悪感を持つ人と、そうでない人にわかれます。

 

罪悪感を持たない人とは、不倫が悪いことだという認識すらない人です。

 

  • 「男なら浮気するくらい許される」といった偏った考えの人
  • 「バレたって、謝ればいい」と、不倫問題を軽く考えている人

 

などがあげられますね。

 

あと、妻を傷つけようななんだろうが、どうでもいいという「共感力」がない人。

 

人として他人への思いやりが無い人です。

 

このタイプの人は、不倫の問題に限らず、非常に利己的で、自分の欲求さえ満たされれば誰がどうなろうが、気にしないです。

 

ですから不倫問題以外にも、妻をモラハラ的に虐げているとか、人間関係でいつもトラブルになっているとか、お金を借りて返さないなど、他の問題も併発していることがあります。

 

一方、妻バレしてから罪悪感を持ち始める人もいます。

 

それでも、不倫バレしたあとに妻が傷つき苦しんでいることを知ってから、ある程度時間が経ってから徐々に、です。

 

自分の行為のせいで、本来大事にするべき妻を傷つけてしまった!自分がやっていたことはそれほど罪深いものだったのか……?

 

これらは、妻の傷に触れないとわからないみたいで、自分から自然に罪悪感を持つかというと、自発的には感じる人は少ないようです。

 

間違った罪悪感を持つ人も

不倫をする夫で、妻にバレるようなミスをしたことに、罪悪感を持つ人もいます。

 

「うまくやれてたはずだったのに!俺としたことが妻にバレてしまって!妻を傷つけた。知らなければ、あいつだってこんな傷つかなかったのに」

 

こんな感じで罪悪感を持つわけですが、完全にズレていますよね?

 

この根底にある思考は「不倫はバレなければいい」とか「次は妻にバレないように、もっと不倫かくしのスキルを磨こう」というようなものです。

 

そんなのは、決して妻が求める罪悪感ではありませんよね。

 

罪悪感から妻への態度が変化する

妻バレしてから罪悪感を持つ人は、妻への態度である程度把握できます。

 

罪悪感が強い人の方が、すぐ謝って反省すると思われがちですが、むしろ逆の方が多いです。

 

  • 妻の顔をみない
  • 逆切れして妻を威嚇する
  • 家を飛び出す
  • もう離婚しよう!とすべてを投げ出して逃げようとする
  • 黙り込んでしまう

 

罪悪感はとても辛い感情なので、何とか感じたくないため、不倫を妻のせいにして自分だけ逃げようとしたり、黙り込んでこれ以上追及されないようにしたりと、自己防衛が先立つからです。

 

辛い罪悪感から逃げず、本気で反省して謝り、態度を変えることができる人はいるのか?というと……

 

残念ながら不倫をする男性にそのような人間力は備わっていません。

 

なかには罪悪感からも逃げ続ける人や、正当化してしまって悪いことと思わない人もいます。

 

謝ったらそれで終わりにしてしまう人もいるし、いつまでも蒸し返す妻を心が狭いとイライラする人もいます。

 

また、罪悪感があっても不倫をやめられない人もいます。

 

不倫には中毒性がありますし、罪悪感をしのぐ刺激や興奮が得られるので、悪いと思いつつやめられない。

 

薬物中毒者と同じような理由でやめられないのです。

 

夫は罪悪感は持つものの、それが「妻の望む方向」には発揮されないわけですね。

 

罪悪感で不倫を楽しめなくなる

罪悪感が強くなれば、それがストッパーとなって不倫をしないようになるのか?という問題ですが、これは本当に人によります。

 

実際に、不倫が奥さんにバレてしまい、家族が傷ついている姿を見ることで罪悪感が強くなり、不倫をやめる人も多くいます。

 

それは、悪いことをしている、妻を傷つけているという罪悪感のせいで、不倫を楽しめなくなるからです。

 

不倫を楽しめなくなれば、女にもその気持ちが伝わり、関係がギクシャクしていき、徐々にフェイドアウトとか。

 

コソコソしている不倫夫の態度に女の方が愛想をつかして消えていく、ということもあります。

 

不倫後に罪悪感が徐々に芽生えれば再発のストッパーにはなる

不倫中に罪悪感を刺激して、女と別れさせようとしたり妻への愛に気づかせようとしても、効果は人それぞれで難しいケースもあります。

 

ただ、不倫後に罪悪感が徐々に芽生えれば、再発のストッパーにはなるのではないでしょうか。

 

それは、妻が夫の行為でひどく傷ついたことに気づけば、罪悪感を感じます。

 

その時に謝れるかは別として、「もう二度としてはいけない」とは思うはずです。

 

言葉に表さなくても、不倫が終わったあとに罪悪感を持っている様子があり、償いをしようとする夫なら、やり直す価値があるのではないでしょうか。

 

とはいえ他人の気持ちをコントロールすることはできませんから、夫が罪悪感を持つか否かは夫の問題です。

 

ただ、その様子を判断しながら、あなたが夫とどう過ごしていくかは、あなたが自由に決めたら良いのです。