夫の不倫、比較的やめやすい状況・浮気相手の女の傾向とは

夫が不倫していても、その不倫がどのような状況なのか、夫はどういうつもりで不倫しているのか。相手の女性の属性、女がどんなつもりなのか、性格は?

 

そしてその不倫カップルがどの段階にきているのか。

 

それによって、比較的やめやすい状況であるか、あるいは非常にヤッカイな状況なのか、違いがあります。

 

今回は、夫の不倫、比較的やめやすい状況・浮気相手の女の傾向とは、というテーマです。

比較的やめやすい不倫

不倫は、一度ハマってしまうとなかなか抜け出せない世界です。

 

薬物依存に例えられるほど、本人たちの意思だけではやめることができない、アリ地獄のようなものです。

 

まずは、不倫はやめにくいこと、関係者が何も言わず本人たちを放置しておけば、ますます深みにはまっていく、ということを前提としておきたいと思います。

 

そんな中でも比較的やめやすい不倫の状況とは……

 

単純に刺激、肉欲だけでつながっているとき

単純に、刺激を感じたい、性欲を満たしたい、という動機で始めた不倫。

 

相手の女性に対して、肉欲を満たす以上に感情が入っていないと、やめやすいと思います。

 

相手はたとえば、出会い系に登録して出会った女であったり、職場にいる落としやすい女性などです。

 

ただ、刺激を求めて始まった関係であっても、長く続いてしまうと女に対する「情」が芽生えてきて離れ辛くなります

 

相手の女も執着心がわいてきて「責任とってよね」みたいに束縛してくることがあります。

 

一方、始まって間もない頃は、新鮮な刺激でお花畑真っ最中なため、この期間もやめにくいです。

 

そのため関係が始まってから3か月~6カ月程度経っていて、ある程度性欲は冷めているものの、あまり関係が長引いておらず「情」も湧いていない頃が、比較的やめやすいです。

 

相手の女に左右されやすい

夫の不倫をやめさせやすいか否かは、相手の女の性格にけっこう左右される部分があります。

 

女が「重い」人の場合、非常にやっかいです。

 

「絶対に奥さんと離婚して私と結婚して欲しい!」と願っている略奪系の女性であったり。

 

今までずっとモテずにきたところ、初めて男性から声をかけられて「彼は運命の人!既婚者でも関係ないの!」としがみついて離れない粘着系の女性であったり。

 

他にもいますが、相手女性が「重い」と、それに支配されやすい不倫男性は、なかなか関係が切れないです。

 

一方、相手の女性が「軽い」タイプだと比較的やめやすいと言えるでしょう。

 

相手の女が自由恋愛者で軽い場合

気に入った人と自由に恋愛するけど、結婚する気もないし、飽きたらまた別の男性と自由に恋愛するタイプの女性がいます。

 

これらの人は、恋愛に重きを置いておらず、男性に執着しないです。

 

ですから既婚者の男と数回遊んで、面倒になったら別れる。複数の男性と関係していることもあるし、そもそも男よりも大事な趣味とか仕事などで忙しく、一人の人とどっぷり重たい不倫にハマることは無いです。

 

相手の女が実利(金、待遇)目的の場合

不倫をはじめる動機が、実利である場合。

 

お金を持っている男性に何かを買ってもらいたい、旅行に行きたい……現金が欲しい、生活を援助して欲しい、仕事で有利な地位を与えてほしいなど。

 

既婚男性と交際することによって、お金とか待遇とか取引とか、実益が欲しいためにつきあっている女性であると、そこに深い恋愛感情はないので、やめやすいと思います。

 

ただ、そのためには女へ与えられる「実益」をストップさせないといけないですよね。

 

夫が自由に使えるお金があるなら、それを制限したり。

 

生活を援助していたり、仕事で良い待遇を与えているみたいな関係であれば、その流れを止めないといけません。

 

相手の女性が「この男と付き合い続けても実利(お金や待遇)が得られない」と思わせないと、関係は切れないです。

 

ただし、出稼ぎの外国人とか、愛人契約を結んで生活を支えてもらっている愛人みたいな人だと、程度が重いので難しくなります。

 

実利をストップしないまま別れさせるのは到底できないですし、向こうも死活問題なので必死でしがみついて来ることもあります。

 

ですからたとえ実利目的の女でも、その程度が重いと相手も強硬になりますのでヤッカイな種類となります。

 

やめにくい不倫とは

一方、やめにくい不倫・やっかいな状態になっている不倫とは、上記以外のすべて、と言えます。

 

前提のとおり、不倫はやめにくいものです。ですからやめやすい関係性の方が少ないです。

 

ちなみに……ここで述べたのは一般論です。

 

実際は、はたから見た状況とは全く違い、実は」どっぷりハマっていてやめられない人もいます。

 

一方、はたから見たら「かなり厄介だ、もう無理だな」と思われるような状況だったのに、あるきっかけでサクっと別れて家庭に戻ってくる不倫夫もいます。。。

 

不倫解決は決まった道筋がないのですね……そこが難しいところだと思います。