妻を愛してる!なのに、なぜ不倫夫は水面下で不倫を続けるのか

夫の不倫が発覚し、夫婦で話し合った。「もう、あの女性とは別れる、離婚はしたくない、もうお前(妻)を傷つけない」と、妻の目を見て誓った。

 

それなのに、水面下で不倫女性と密会する夫。

 

水面下継続不倫を発見したときの奥さんの絶望と言ったら、もう筆舌に尽くしがたいですよね……。

 

あの約束は嘘だった。夫は私を騙していた。不倫女と一緒になって、騙されている私を陰であざ笑っていたんだろう……

 

奥さんはそう思うことでしょう。

 

ただ、不倫夫を擁護するわけではありませんが、不倫男性特有の理由があって、やむなく水面下で継続している、という人もいます。

 

今回は、妻を愛してる!なのに、なぜ不倫夫は水面下で不倫を続けるのか、というテーマです。

水面下で不倫を続ける夫

妻に不倫がバレ、謝ってもう二度と女に会わないと誓ったのに、まだ女と連絡を取り合っている不倫者たち。

 

このように、いわゆる「水面下」で不倫を続ける人たちは驚くほど多いです。

 

奥さんはもう夫の不倫は終わったと思っているのに。夫を許そう、信じようと努力しているというのに。本当に許せない行為です。(個人的には死に値すると思っています。)

 

ただ、水面下に潜って不倫を続ける夫にも、いろんなタイプがいます。

 

「妻にバレたけど、これから気を付けて、水面下で会ってることがバレなければ大丈夫だろう」という甘えが捨てられない人。

 

不倫で得ている快楽、刺激、承認欲求を、妻にバレた程度では手放せない依存症みたいな人。

 

「不倫の何が悪いの?」と、罪悪感倫理観がない夫。

 

妻が傷ついていても、その気持ちに共感せず、どうでもいいや自分さえよければ、みたいな無慈悲な人もいます。

 

そんな水面下不倫の下衆野郎どもの中には、優柔不断すぎて、不倫を断ち切れないために、やむなく水面下で続けている、という夫もいます。。。

 

不倫を断ち切れず水面下

色んな種類の不倫男性のなかには、不倫を断ち切れないほど優柔不断で弱いために、結果的に水面下状態になってる、という情けないタイプの人がいます。(くどいようですが、擁護はしません)

 

この人たちは、妻を愛しているし妻が傷ついていることもわかっています。

 

罪悪感もあるし、不倫は悪いことだと分かってもいる。

 

そして、離婚する気はなく、バレたときも「絶対離婚はしたくない!僕は変わる!これからの僕を見て!」と妻に謝ったりするのです。

 

が、しかし!不倫を断ち切れない。

 

厳密にいえば、不倫女との関係を切れないのです。

 

責められたくない、いい人で居続けたい

不倫を断ち切れない優柔不断夫……そうなっているのは、不倫女から責められるのが怖いからです。

 

もう君とは会えないと言って、責められたら怖い。

 

不倫中、男性は数々のウソを不倫女につきまくっています。

 

いつか結婚しようね、子どもが小学校入ったら離婚するから一緒になってね、君だけだよ、絶対離れないからね……

 

シレっとついてきた嘘を、妻バレしたからといって「実はそれ、ウソだったんだ。」とは言えないのです。

 

言ったら女から責められ、脅されるから。

 

  • やっぱり遊びだったんだ、離婚するっていったじゃん!
  • 待ってたのに、この数年を返して!
  • 奥さんに言うわ、会社に言うわ、リスカするから!
  • もう死んだ方がまし
  • 私なんて誰も大事にしてくれない
  • やっぱりあなたもそういう人だったのね

 

etc……本来なら、不倫女だって成人しているわけだしすべて自己責任ですよね?

 

しかし不倫女性は男から別れを切り出されると、いきなり自分を被害者に設定して男性を責めることが多いです。

 

その脅しに、優柔不断で弱いタイプの不倫夫は、耐えられないのです。

 

耐えられないから、女から「最後に一度だけ会って」「LINEだけではつながっていようよ」という誘いを断れない。

 

女から「仕事のことで、相談があるの。。。だから帰りに少しだけ会って」みたいにすがりつかれたとき、「あ、もう会えないって言ったでしょ」とは断れないのです。

 

そして会ってしまい、関係が再開してしまう……

 

障害があるなかの逢瀬は通常の関係より盛り上がりますからね(ロミオとジュリエット効果)

 

その一回目の再会が妻にバレなければ「まあ……バレなければ妻を傷つけることもない、次は絶対バレないようにできるはず」と慢心しはじめ、どっぷり水面下へと発展していくのです。。。

 

このタイプの夫は、妻に対して罪悪感もあるし、妻を騙して遊んでやろうとか、不倫女と共に妻をあざ笑っているという感覚はないと思います。

 

そして女に対して魅力を感じているわけでもない。

 

不倫女とは本心では別れたいし、別れなきゃ!と思っている。

 

でも、できないのです。

 

会いたくないけど、断れないから会わざるを得なくなる。

 

会ってしまえば、「男女の流れ」をストップできない。

 

私を捨てるの?一人にするの?と泣かれると、またつい「いい人」と思われたくなってしまう……。

 

そして女にまた嘘をつき始めてしまうのです。

 

  • 「僕だって別れたくないんだよ、でも妻が……」
  • 「嫌いになったわけじゃないんだよ」
  • 「君が一番なのは変わらないよ、でも時期が悪いから……」

 

その繰り返しなのです。

 

そしていずれまた妻にバレ、妻に対しても謝り倒し、再度不倫女に別れ話を切り出すものの、女の無言の圧力に負けて関係を切れず、結果的にまた妻を裏切ることになるのですね。。。

 

妻への愛は本心、でも弱すぎて断ち切れない

このタイプの不倫男性は結構いると思います。

 

この人たちの奥さんは、夫に騙された!あざ笑われている!私に誓ったことはウソだったんだ!!と思うことでしょう。

 

ただ、(くどいようですが擁護はしません笑)彼らのその言葉は、ウソではないのかも?と思うこともあります。

 

奥さんを傷つけたくないのも本心。

 

そのときは女と別れると決意しているのも本心。

 

離婚したくないのも本心。

 

しかし、その言葉を実行できる強さが無い。(もうその時点でアウトではありますけどね。)

 

とはいえ、もしこんな夫でも、まだ夫婦としてやり直したいと思っているなら、奥さんを愛しているのも傷つけたくないのも本心なのかも?ということは察してあげられるといいと思います。

 

見極めは難しいですけれどね。。。