不倫中の夫にとって妻が「都合の良い妻」でいると不倫は終わらない

不倫夫にとって都合の良い妻

不倫している夫にとって、奥さんが「不倫夫から見て都合の良い妻」でいてくれると、不倫を楽しめるので、さぞかしありがたいことしょう。

 

世の中の不倫している男性は、心の底では奥さんが都合の良い妻でいてくれることを望んでいるわけです。。。

 

逆にいえば、奥さんが夫の不倫をやめさせたいのなら、都合の良い妻で居続けてはいけないということになります。

 

不倫中の夫にとって「都合の良い妻」

不倫をしている男性にとって、都合の良い妻とは以下のような奥さんです。

 

  • 夫が不倫をしていても気づかない妻(夫を信じて疑わない妻)
  • 夫を過大評価している妻
  • 「夫から愛されること」を人生の主軸にしている妻
  • 夫の不倫が「いつか終わる」と信じて見て見ぬ振りをしてくれる妻
  • 離婚を過度に怖れている(結婚生活に依存している)妻
  • 夫に惚れ込んでいる(依存している)ので何をしても絶対に離れていかない妻
  • 気が弱く、不倫相手の女には何も言わない妻
  • 不倫された辛さを我慢して、夫を許そうと努力する妻
  • 「夫に不倫をやめさせる」という、妻としての権利と義務を忘れている妻

 

このような奥さんだと、ご主人は安心して不倫を続けられますよね。。。

 

妻が存在しているだけでは不倫の抑止力にならない

世間的には不倫は悪いことだと言われていますが、刑法上の罪ではありません。

 

ですから逮捕されることも、牢屋にぶち込まれることもないし、周囲にバレてもそれほど痛い目には遭わないのです。

 

ただ、これらの不倫男性にも怖いものがあります。

 

それはもちろん、奥さんです。

 

ただ、その奥さんが「不倫夫にとって都合の良い妻」の状態になっていれば、全然怖いとは感じないことでしょう。

 

奥さんが存在しているだけでは、不倫の抑制力にはならないです。

 

不倫中の夫にとって「都合の悪い妻」

一方、不倫をしている男性にとって、都合の悪い妻とは以下のような奥さんです。

 

  • 夫が不倫をはじめたらすぐ気づく妻(夫の女性関係を疑っている妻)
  • 夫の等身大の姿を受け入れている妻
  • 「夫から愛されること」を人生の主軸にはしていない妻
  • 夫が不倫したら見て見ぬ振りなどせず積極的にやめさせる行動を起こす妻
  • 夫が不倫をやめないなら離婚も視野に入れる(結婚生活に依存していない)妻
  • 夫に愛想がつきたら、さっさと離れていくだろう妻
  • 毅然としていて、不倫相手の女にも向き合うことができる妻
  • 不倫された辛さを我慢せず、夫を許さない妻
  • 「夫に不倫をやめさせる」という、妻としての権利と義務を堂々と行使する妻

 

このように、不倫をしたい男性にとって都合の悪い奥さんがいれば、不倫をすることができないです。

 

もし不倫したとしても、すぐにやめさせられてしまうことでしょう。

 

ですから「都合の悪い妻」になることで、奥さんの存在そのものが不倫の抑止力になるでしょう。

 

ただ、奥さんがこのタイプだと、不倫中の夫は、一時的に「こんな妻はいらない」「妻がうっとうしい」と思います。

 

不倫中の夫と、「不倫夫にとって都合の悪い妻」は、仲良くすることはできません

 

対立しているわけですから当然ですよね。

 

しかし、奥さんが夫の不倫をやめさせたいのなら、勇気をもって「都合の悪い妻」になる必要があると思います。

 

辛いと思いますが、一時的に対立した雰囲気になることを受け入れないといけないです。

 

それを怖れて、不倫夫にとって「都合の良い妻」のままでいれば、不倫夫と夫婦仲良く暮らすことはできるかもしれません。

 

が、いつまでも「不倫相手の女」がくっついた状態での夫婦関係を続けることになりますよね?

 

一方、都合の悪い妻であったら、不倫夫とケンカばかりになり、夫婦仲良くできない時期があるでしょう。

 

最終的には離別になるかも?というリスクはあります。

 

しかし、いつまでも不倫され続けることは無いはずです。

 

「都合の悪い妻」イコール「感情的で怖い妻」ではない

ただ、不倫者たちにとって都合の悪い妻でいようとして、感情的で怖い妻になっている人もいますが、これは少し意味が違うことがあります。

 

不倫を認めさせるために夫に対して感情的に詰め寄り、拷問に近いことをしたり。

 

あるいは不倫女に妻の意地を見せつけるべく、女をぶちのめし、「慰謝料請求だ!裁判だ!親に言うぞ!会社にバラすぞ!お前ら二人とも地獄へ行け!」と不倫者に感情的な制裁を加えたり。

 

これらが都合の悪い妻の言動かと言えば、たしかに一時的には怖いし都合悪いけど……

 

それも不倫者たちのタイプによっては受け取られ方がさまざまだったりします。

 

「都合の悪い妻」イコール「感情的で怖い妻」ではないのです。

 

妻に不倫を怒られ「愛されてる」と喜ぶ不倫夫

鬼の形相で不倫夫を追いかけ「許さないわよ!!!」と騒ぎ立てる奥さんも多いですが、その夫は、実は喜んでいる、ということもあり得ます。

 

なぜなら、そうされることで、奥さんの愛情を感じるからです。

 

ある浮気癖の強いジジイ(実在の人物。私が最初に就職した会社の上司)と飲んだことがあるのですが。

 

この浮気ジジイは赤ら顔でニコニコしながら、以下のようなことを言っていました。

 

女ができると、いつも女房が怒ってさ、オレを追っかけて尻叩くんだよ。。。

普段は知ら~ん顔で冷たい女房が、血相変えてさ。

泣いて怒って俺を構ってくれるんだよ。

悪くないだろ?

女もいて、女房にも追いかけられりゃさ、浮気やめれんわ

 

これは、ある種の浮気夫の本音だと思います。

 

奥さんの「怖い態度」とは、こういうのではないということですよね。

 

奥さんが感情的になって、浮気夫を追いかけまわし、不倫相手の女を叩きのめしても、それが不倫者にとって怖くないということもあります。

 

最初はびっくりしても、だんだん奥さんの威嚇に慣れてきて、徐々にエンタメ化していったり。

 

不倫女を感情的に叩いたとしても、その後に不倫夫と女が奥さんをネタにして「慰めプレイ」に励んだり。

 

これだと結局、不倫者にとって「都合の良い妻」のままですよね?

 

本質的な意味での「都合の悪い妻」が不倫の抑止力になる

ですから本質的な意味で不倫夫にとって都合の悪い奥さんになることが重要ではないかと思います。

 

そのためにはある程度の冷静さと、夫が不倫を続けるなら去るという自立性を持っていることがベースになります。

 

感情をぶつけることは自制して、不倫をやめさせようと毅然としていられる奥さんは、不倫夫にとって都合が悪い妻ですから、一時的には対立するでしょう。

 

でも、夫からナメられることは無くなるし、不倫をやめさせる力があると思います。