捨てるべき不倫夫は「複数不倫」「独身と偽り不倫」「3度目以上」

たとえ不倫夫であっても、結婚した以上、添い遂げたい。

 

男は浮気くらいするものだし、許しながら支えあうのが夫婦。

 

子どもも小さいし、夫の不倫くらいで離婚できる状態じゃない、今回はやり直そう……!

 

夫に不倫されても多くの奥さんは離婚せず夫とやり直す努力をしますよね。

 

しかし、幸せのために捨てるべき不倫夫もいます。その種類とは。。。

 

今回は、捨てるべき不倫夫は「複数不倫」「独身と偽り不倫」「3度目以上」、というテーマです。

不倫夫の悪質度合はさまざま

不倫する男性にも本当に色んな人がいます。

 

本当に出来心でフラっとしてしまった人。妻のことを心から愛しているものの、仕事の重圧や家庭責任から逃れるように不倫に手を染める人。。。

 

簡単には許せないですが、離婚を決断するほどでもないケースもあると思います。

 

一方、同じ不倫夫の中にも、非常に悪質なタイプがいます。

 

それは、「複数の女性と同時に不倫する人」「独身と偽って女性に声をかけ不倫する人」「不倫を3度以上繰り返している人」です。

 

これらの人たちは、不倫の動機に根深い闇があります。

 

さらに、妻を人間として尊重しておらず、それ以上に、女性の性は利用するだけして飽きたら棄てればいい、といった利己的な思考があります。

 

複数の女性と同時に不倫する人

複数の女性と、同時に不倫する男性……出会い系サイトにいっぱい登録して片っ端からコンタクトを取ったり。

 

風俗店を利用しまくりオキニの嬢を何人も作っていたり。

 

職場の女性、飲み屋の女性、出会い系で知り合った女性と同時に交際、など。

 

これらの人は、単なる女好きではなく、心の奥にある根深い闇が原因で、そうなってます。

 

それは、自分には価値が無いとか、誰にも愛されない、などの不安です。

 

妻以外にたくさんの(セックスさせてくれる)女性をキープしておかないと、不安で仕方がない。

 

単純に性行為が好きというよりも、自分の不安を埋めるため、自分の価値の存在確認のため、女性との関係を持つわけです。。。

 

心の土台の部分に大きな欠落があるのですが、それを自分でも意識できていないです。

 

だから、本人は「複数の女とヤレたらラッキー」程度にしか思っていないのですが、妻が傷ついてやめて欲しいと祈っていても、やめられない。

 

夫本人も「このままだと、家庭崩壊するかもしれない!やめなければ」と思っても、意志の力だけではやめられないです。

 

潜在意識に植え込まれている心の闇のエネルギーに引っ張られて、どうしてもまた複数の女性と関係を作ろうとしてしまいます。

 

不倫を3度以上繰り返している人

一度目、二度目の不倫で妻を傷つけ、その都度謝って、「もうしない」と誓ったのに。

 

また女性に手を出してしまう。薬物依存症者が、何度も刑務所に入っても、また覚せい剤に手を出すのとも似ています。

 

3度以上繰り返す不倫も、単なる不倫事件ではなく、心の闇が引き起こしていることだと思います。

 

妻が寂しい思いをさせたから、とか妻以外の女性に恋してしまったから、みたいな動機ではなく、上記の複数人と同時不倫する人と似た根深い心の闇が原因。

 

ですから3度目以降は、夫婦の関係をよくする努力、妻が夫を支える努力、相手の女性と別れさせる努力、みたいな対処法も限界があるでしょう。

 

独身と偽って女性に声をかけ不倫する人

独身と偽り、女性と関係を持つ不倫夫。まさかと思いますが、結構な数がいるようです。

 

以前ニュースにもなりましたが、既婚者なのに女性と結婚式を挙げようとした男がいました。

 

未婚女性の実家に行き、「お嬢さんと結婚させてください、必ず幸せにします」と結婚を申し込み、そのまま実家で女性と同棲をしていたという夫もいました。

 

そこまでする男性は、アタマにも問題があると思うのですが……

 

独身を偽り女性を食い物にする男性は、そもそも妻を尊重していないし、相手女性も騙している。結婚詐欺とほぼ同じですよね。

 

倫理観どころか良心もなく、女性を馬鹿にしているとしか思えない。

 

独身てことにすれば女とヤレる、妻にバレなきゃ別にいい、女に飽きたら棄てればいい。

 

こういった底辺思想がないと、こんなことは到底できないですからね。。。

 

妻の努力で改心させるのは難しい

上記のようなことができる人は、心の闇が深く、思考が偏っていて、女性を「利用できるおもちゃ」と捉えている男性といえます。

 

普通の人はできないですからね……犯罪ではないものの、人を傷つける度合いで考えたら犯罪レベルの行為です。

 

ですから、もしあなたの夫がこのタイプの不倫夫だったら。

 

不倫を解決しようとするのと同時に、「そんなことができる人と夫婦でいていいのか」を本気で考えないといけないと思います。

 

  • 夫も気づいて治るかもしれない。
  • 私たち夫婦の絆がもっとしっかりすれば、夫は変わるかもしれない。
  • 夫がこうなってしまったのは私のせいかもしれない。
  • 私が何とかしてあげたい。。。

 

そのように思うかもしれませんが、正直なところ、悪質なタイプの不倫夫は、奥さんがいくら努力をしても変わらないです。

 

もちろん夫本人が改心しなければ!と本気で思う出来事があって、本人が変わる努力をすれば、可能性はあります。

 

しかし、他人が目を覚まさせる、改心させるということはできないレベルの人たちです。

 

このくらい悪質度の高い不倫夫と離れられず、50代、60代になってから「あのとき離れる決意をしていればよかった」と後悔する奥さんが多いのが事実。。。

 

もちろんそれも人生だし幸せをどこに見出すかはご本人次第なので、一概に「不幸でしたね」とは言えません。

 

ただ、悪質な不倫夫に振り回され、傷つけられ続け、搾取され続け……それでも決断するのが怖くて時間だけが経っていく……その状態になっているのなら、少しずつご自身の幸せのために、精神的な自立訓練をしていかれるといいです。

 

悪質な不倫夫でも、あなたにとって愛する人であり、子どもの父親であり、思い出もたくさんあるし本当は優しいの。。。

 

だから離れられない。

 

夫にご自身の幸せを託していると、そうなります。

 

悪質な不倫男性ほど、女性の依存心を巧みにあおって利用しますから、そういう心理になるのもわかります。

 

しかし今一度、この人に人生をささげていいのか、ご自身の幸せの為に、考えてみるといいと思います。