水面下で続く不倫は本当にあるの?夫をいつまで疑えばいいのか

夫が一度でも不倫をすると、妻はいつまでもまたやるんじゃないか?と疑ってしまいますよね。

 

また、「別れた」と言いつつ水面下で続いていることも多いと聞くと……。

 

水面下で続く不倫は本当にあるの?夫をいつまで疑えばいいの?

 

疑い始めるとキリがないし、いつまで疑い続ける必要があるのかとうんざりすることもあると思います。

 

不倫を水面下で継続する人たち

一度不倫した夫が、妻には、「彼女とはもう別れた。気持ちなんかなかったんだ。妻である君が一番だ。家庭を捨てたくはない!」

 

と言ったくせに、水面下でこっそりと不倫を続けることがあります。

 

実は別れたと言いつつ、水面下を継続させる人はかなりの数にのぼります。

 

本当に信じがたいことですが、不倫をする人というのはこういうことが平気で出来るから不倫をするのです。

 

夫を信じたい。。。それよりも大事なのは自分を守ること

基本的に妻は夫を信じていますよね。

 

だから夫が不倫をしたと聞くと、まさかあの人が!信じられない!と思ったのではないでしょうか。

 

そして問い詰めた時に夫が、もう別れたよ、あの女に操られてたんだ。。。もう目が覚めた、二度としないよ。みたいなことを言われると、それを信じますよね。

 

それは妻が期待する言葉だからこそ、そうに違いない!思うでしょうし、信じたいという気持ちも後押しするからです。

 

しかし、もう二度とあなたに傷ついてほしくないので厳しいことを申しますが、不倫する男性は、妻に簡単に嘘をつきます。

 

不倫というのは依存症に似ていて、本人が本当にやめたいと思ってもやめられないくらい、依存性が高いものです。

 

刺激と興奮で病みつきになりやすく、特に不倫が始まった初期の段階では、「それがないと生きていられない!」というぐらいハマってしまう人もいます。

 

ですから、不倫をやめなくて済むために、様々な偽装工作をして嘘をつき、手段を選ばず妻を欺こうとする男性が非常に多いというのが現実です。

 

こんな時、妻が夫を信じすぎてしまうと。

 

夫は、妻に悪いなと思いつつ、どうしても不倫がやめられないこともあるのです。

 

妻は信じているようだ、水面下がバレていないようだ、悪いとは思うけどバレて傷つけなければ続けても大丈夫だな……と。

 

夫自身が、もう本当に不倫行為はリスクが高いし、再発させてしまったら自分が痛い目にあう!やめなければ!!

 

という危機感がないと、どうしても妻の信頼に甘えてしまうのです。

 

女性に関することは疑い続けて良い

夫を信じたい、疑いたくないという気持ちはわかります。

 

しかし女性に関することは疑い続けるという姿勢の方がいいと思います。

 

この意見には賛否両論ありますから、あなたがどうされるかは自由ではあります。

 

ただ、夫を信じすぎたために、水面下継続不倫を見抜けず、結果的にもう一度大きく裏切られることになって心を病んでしまった妻はたくさんいます。

 

そんなことになるくらいなら、辛いですが疑い続けた方がまだマシのように思うのです。

 

夫のすべてを疑うということではありません。

 

女性関係に関することだけを疑うということ。

 

水面下不倫があったら見抜けるように、女性関係にだけは目を光らせておくことです。

 

疑うことへの罪悪感があるから、夫を信じられないことが辛いんだと思うのです。

 

それよりも、もう開き直って、女性関係についてはずっと疑い続けると覚悟してしまいましょう。

 

夫その人は信じているけれども、部分的に信じられない所があるというのは、夫婦でなくても皆同じですよね。

 

お互いに、不健全な部分というのあるものです。

 

完璧な人間はいないし、夫にそれを期待しているわけじゃない。

 

女性に関することは、これからも妻である私はチェックするし、もし問題があったら一緒に乗り越えていきましょう。

 

こんな形で夫と向き合ったらいかがでしょうか。

 

疑われても、水面下継続不倫をやめられない人はやめられないです。

 

もしそうなった時に、今後この人とどうするのか?

 

それは夫の真実の姿を見ながらあなたがその時に考えたらいいのです。

 

精神的自立でイタチごっこから脱却を

一方、「夫がまた不倫をしたら私は生きていけない!」という気持ちがあるのなら、並行して少しずつ夫からの精神的自立を目指していきましょう。

 

どれだけ妻が嫌がっても、不倫をやめられない人もいます。

 

それは夫の心の問題であって、妻がどれだけやめさせようと努力しても、いたちごっこになるだけで、解決にならないこともあるのです。

 

夫を変えようと努力するより、夫が水面下で何をしていようが、幸せに生きられる自分に変わること。

 

そういった努力が必要になってくるように思います。