夫の浮気発覚から「想像がとまらない」どうしたら想像で苦しまなくて済むか

夫の浮気が発覚してから、奥さんはいろいろと想像してしまい、苦しむと思います。

 

想像するのが苦しいからやめたいのに、どんどん想像してしまう。

 

特に夜、眠ろう眠ろうとすると、どんどん「夫はどうやって女と?」「あのとき夫は女と……」と、悪い想像があふれてくる。。。本当に辛いですよね。

 

浮気関連の2種類の「想像」

夫が不倫した後、奥さんは辛い「想像」に苦しむわけですが、これには2つの種類があります。

 

一つ目は、不安からの想像である【疑心暗鬼】。

 

そして二つ目は、、心の回復過程での想像【トラウマフラッシュバック】です。

 

疑心暗鬼

  • 夫は女とは別れたと言っていたけど、またするんじゃないか?
  • あの時、夫は女と会っていた。出産後で疲れてた私を「ブサイク」って笑っていたんじゃないか?
  • 夫は女に本気になっているんじゃないか?
  • 反省してるフリをして、水面下でコソコソ会っているに違いない

 

このように、事実かどうかわからないけど、「ああなるんじゃないか、こうなるんじゃないか」「ああだったんだろう、こうだったんだろう」と、不安と怒りでグルグルと想像がとまらない状態。

 

これが疑心暗鬼ですね。

 

多くの奥さんがこの辛い疑心暗鬼を体験します。長い人は10年とか苦しむ人もいます。

 

トラウマフラッシュバック

  • 夫の顔を見ると、ふと浮気中に夫に言われた言葉が想像でよみがえってきて、そのときのどん底の気分が襲ってくる
  • テレビで映る男女のラブシーンを見ると、女とやってる夫の姿を想像してしまう
  • 夫の服についていた「女の髪のにおい」、それに近いにおいをさせている女性と町ですれ違い、急に不安な気持ちになる

 

このように、不倫の最中に体験した感情が、ふとした瞬間によみがえってきて辛くなることがあります。

 

フラッシュバックとか言われますが、これは心が回復しはじめた頃から頻繁に発生するようです。

 

「想像しちゃダメ!」をまず止める

もう、不倫のことを考えるのはよそう。

 

誰かに相談しても「過去のことだし、いつまでも想像していたらダメだよ、あなたが辛くなるだけじゃない」と言われる。

 

確かにそうだ、想像するのはやめよう、辛くなるってわかってるんだから……

 

でも、やっぱり想像してしまう。

 

と、なっているのなら、一旦「想像しちゃダメ!」というのをやめてみましょう

 

自由に想像していい、と許してあげてください。

 

とくに、不倫問題が発覚してから3か月くらい経っているのなら、心がどん底の状態から這い上がろうとしているはずです。

 

心の回復過程にあるとき、過去の衝撃的記憶を思い出すことで、その傷を癒そうとする機能が心にはそなわっています。

 

ですから思い出すのは心の傷を埋めるのに大事ですからね。

 

あなたの心の機能を信じてください。

 

むしろ止めようとすればするほど、嫌な想像って出てくるものですよね。

 

押すな押すなと言われれば押したくなり。見るな見るなと言われれば見たくなる。考えるな考えるなと禁止すれば、考えたくもなるものです。

 

ですから「想像していいよ~」と、心を解放したほうが、楽かもしれません。

 

さらに、嫌な記憶は閉じ込めるといつまでもくすぶり続けますが、いっそ覚悟して全部出しきってしまえば、どこかで「あまり思い出さなくなる日」が来ます。

 

何度も想像してしまうのならむしろ何度も思い出して、心の傷が薄くなるのを待ってください。

 

いわゆる「時間薬」ですね。この薬は時間はかかりますが本当に効果があります。

 

さらに、時間薬の効果をもう少し上げる方法が、「安心できることで過去の記憶を上書きすること」です。

 

 

あと、不倫は終わっているはずなのに、何度も何度も同じ想像で苦しめられいて、さらにその期間が長く続いている人は、もしかして他に理由があるかもしれませんね。

 

夫はまだあなたを安心させてくれないのではありませんか?

 

あるいは夫に精神的な依存をしすぎていて、「たとえまた不倫をされても私は夫と離婚はできない!」と思い込んでいませんか?

 

そういった強い思い込みがあると、辛い想像(フラッシュバック)は長く続きます。