夫の浮気について相談したいとき誰に何を相談するか判断できるまで待って

夫の浮気疑惑があり、不安で仕方がないとき。

 

浮気問題を解決したいけど、どうしたらいいのかわからないとき。

 

誰かに相談したい、どうしたらいいか聞きたい!と思いますよね。

 

その気持ちはわかりますし、一人で悩むより誰かの知恵を借りた方がいいです。

 

ただ、不安でいっぱいいっぱいで、正しい判断ができないレベルに弱っているときには、誰かに相談するよりも、心が落ち着くまで待った方がいいかも?とも思います。

 

夫の浮気について相談したいとき、誰に何を相談するのか判断できるまで待った方がいいということです。

 

夫の浮気について探偵や弁護士に無防備に相談すると?

浮気問題解決します!と宣伝している専門家には、探偵さんや弁護士さんがいますね。

 

これらの人たちに、まだあなたが今後どうしていいかさっぱり分からない状態で相談すると、どうなるでしょうか?

 

探偵さんはおそらく「あなたのご主人、浮気してますよ!今なら証拠がカンタンに撮れますよ、浮気の証拠さえあれば、問題は解決しますからね!!」と契約を迫ってくるでしょう。

 

当然、探偵さんが安い相談料で話を聞いてくれるのは、「探偵調査料」を契約させたいからですよね。

 

一方、あなたの心が弱っていると、「浮気の証拠があること」と「夫が浮気相手の女と別れること」は全く別だということに気づけないと思います。

 

実際、証拠があったとしても、それをどう使うかわかっていなければ、高いお金を払って探偵を雇ったとしても、浮気問題の解決に辿りつかないです。

 

あるいは、弁護士さんも不倫問題の解決!みたいな相談を受けてくれますが、あなたが今後どうしたいかわからないまま、弁護士に相談したらどうなっていくかというと

 

おそらく「浮気相手の女性に慰謝料請求」か「夫を不貞配偶者(有責配偶者)にして有利に離婚しましょう」の二つのうち、どちらかを提案されると思います。

 

離婚はしたくない!何とか修復したい!という気持ちで相談したとしたら

 

「じゃあ慰謝料請求しましょう。そうしたら浮気相手の女とご主人は別れますから。それで浮気の問題は解決ですよ」と言われることでしょう。

 

しかし……女性に慰謝料請求しても、すんなり別れてくれて、夫と円満夫婦に戻れるか?というと、残念ながらそれほど簡単なことではありません

 

むしろ、夫との関係が悪化して修復どころではなくなったり。

 

浮気相手の女からあり得ないほど失礼な態度を取られて打撃を受けたり。

 

慰謝料は払ったものの、浮気は終わらず水面下で継続しているだけだったり。。。

 

などなど、慰謝料請求イコール浮気問題の解決にはならないのです。

 

 

さらに、弁護士に相談して慰謝料請求!という運びになると、弁護士から「不貞の証拠はキチンとしたものがありますか?ないなら、当所と提携している探偵を紹介しますよ」とか言われ、やはり探偵調査契約を結ばされたりします。

 

あなたの希望は浮気の解決と夫婦関係の修復なのに、「女に慰謝料請求!そのために探偵調査!」という流れになっていきます。

 

しかし、肝心の夫婦関係修復については、弁護士はあまり相談にのってくれないでしょう。

 

なぜなら、弁護士は、離婚をすすめたいからです。

 

だって離婚案件手続きを受託しなければ、弁護士にはお金が入らないですからね。

 

離婚するつもりがなく、夫婦関係修復に向けてどうしたらいいのか?という人は、弁護士にとっては面倒なだけなので「浮気した夫なんか早めに見切りをつけて、有利な離婚をしましょう」と説得されがちです。

 

ネットの相談先、その収益の仕組みを知っておいて

あと、余談ではありますが「不貞問題に悩むあなたのために、無料で相談を受けてあげます!」っていうNPO法人もありますが、これも裏で探偵につながっているという話をよくききます。

 

寄付金で運営されているから、無料でも大丈夫だろうと思って相談したら、「ご主人、確実に浮気してますよ、当事務所で懇意の探偵を紹介します」と言われ高額の探偵を契約したという人を知っています。

 

結局その証拠を使って夫にどう働きかければいいのか、といった相談は、寄付金を追加で払わないと相談できない……そういう事例もあるようです。

 

(だったら最初から実は探偵なんですって言って欲しいものですが、そうするとお客さんが警戒して来ないのでしょう)

 

さらに「浮気が終わったと思ったら大間違い!ほぼ全員の浮気夫が、水面下で浮気を継続しているんですよ!」というメッセージで相談者を集め、妻の不安をあおり、「真実をみなければなりません、そのためには調査を!」と言って探偵へ紹介。

 

不貞に悩む人たちを探偵に紹介することで、探偵業者から紹介料をもらって稼いでいるネット事業者もいます。(アフィリエイターといいます)

 

結局これも、夫婦修復の相談には乗ってもらえないまま、個人情報だけ探偵に送られてしまうというオチになりがちです。

 

方向性が違うところに相談しても欲しいものは得られない

ですので何が言いたいかというと、夫の浮気問題を相談したくても、ある程度落ち着いて考えられるようになるまで、ちょっと待ったほうがいいということです。

 

相談するにしても、浮気問題を解決したい、離婚したくない!と思うなら、いきなり探偵とか弁護士に相談せず、夫婦修復カウンセラーみたいな人に、きちんと「相談料」を払って相談したほうがいいです。

 

(たしかに相談料は高いかもしれませんが、無料相談にひっぱられて相談して結局100万以上する探偵調査契約をするより安いですよね。)

 

しかも、証拠は取れたとしても、その使い方まで親切に教えてくれる探偵や弁護士さんは、本当に少ないですから。

 

冷静に考えられるようになってから、やっぱりきちんとした証拠が要るな、と思ったらおもむろに探偵業者に相談したらいいです。

 

弁護士に相談するなら、女に慰謝料請求するか、有利な条件で離婚をしたいと決めてからがいいと思います。

 

夫に浮気され心がズタボロのとき、誰かに支えてもらいたいと思うのは当然です。

 

ただ、方向性が全然違うところに相談しても、結局お金だけかかって本当に欲しいものが得られないです。

 

依存心をあおる相談先は避けよう

さらに、浮気問題を解決するには、夫から精神的に自立していた方が有利に運びます。

 

そのため、なるべく夫へ精神的依存をさせるような方法を指導する相談先は、やめた方がいいです。

 

たとえば「夫の浮気はあなたに責任がある。だからあなたが夫に愛される妻に生まれ変われば、夫が浮気をやめて、あなたを選んでくれますよ」という方法です。

 

こういう持論を持つ人に相談すると、「夫に愛される」ことが自分の幸せだと洗脳されてしまいますよね。

 

夫に愛される私は幸せ、夫に愛されない私は不幸。

 

それって、夫にどっぷりと精神的に依存するということですから、すごく危険な考えだと思います。

↓ こんな相談先は注意ということです ↓

 

そして、自分たちのメソッドに強引に従わせるような、依存心をあおる相談先も、やめた方がいいと思います。

 

 

あなたには、夫の浮気問題を乗り越える力が備わっているはずですから、それをつぶしてしまってはいけないと思います。

 

あなたの人生なのですから!自分で考えて、自分が納得できる方法を選んでいって欲しいです。