「旦那が浮気したら即離婚」その覚悟は持ち続け具体的行動は慎重に!

旦那さんの浮気が発覚して、即離婚を考える妻もいると思います。

 

一方、「浮気ぐらいですぐに離婚をするのは早まりすぎ!」「もっとよく考えて」という意見もあり、両方に一理ありますよね。

 

ただ、「旦那が浮気したら即離婚」という覚悟は、不倫問題解決のためにはとても有利になるので持ち続けて欲しいものです。

 

一方、具体的行動は慎重にしたほうがいいですよね。。。

 

即離婚!その精神は持ち続けて

夫の不倫が発覚して即離婚を決断できる奥さんはそれほど多くありません。

 

多くの女性にとって離婚はリスクもあるし、不安になりますからね。

 

そんな中で夫が不倫をするなら、すぐに離婚だ!と考えられるのであれば、その精神に自信を持っていいと思います。なぜなら

 

自尊心を保つため

不倫をするというのは、妻を欺き傷つけ、精神的に追い詰める加害行為ですよね。

 

妻に隠れてこそこそ別の女性と性行為をして、「バレなければいい」「バレても謝ればいい」という感覚で、家庭をないがしろにして遊んでいる。。。

 

夫がそのような人であったら、別れたいと思うのは当然です。

 

それはあなたの自尊心のために、自分をないがしろにする人間とは距離を置きたい思うことは大事だと思います。

 

  • 不倫をする夫でも別れられない
  • 不倫を繰り返されているのに、生活のためには一緒にいるしかない
  • 浮気ぐせがある夫、でもその夫に愛されたい
  • 私が我慢すれば家庭は円満でいられる
  • 私が愛され妻になれば夫の気持ちは戻ってくる
  • 不倫相手の女を叩きのめせば彼は帰ってくる(夫は悪くない)
  • なんとしてでも夫の愛を取り戻して、離婚は避けたい

 

 

このように感じる奥さんの気持ちも分からないでもないですし、離婚回避はできるかもしれませんが、こんな思いを持ち続けていたら妻の自尊心はいずれズタズタになります

 

不倫をされ、自分を裏切り、家庭を守る責任を放棄し、誓いを破る男と離れられない。

 

そんな状態になってしまうと、自分で自分を尊敬することができなくなりますよね。

 

自尊心を守るためにも、「自分を傷つける人間は許さない!」と、正しく怒ることはとても大事だと思います。

 

不倫をやめさせる交渉で有利

妻が離婚を覚悟すると不倫をやめる夫は多いです。

 

ですからあなたに、不倫をされたら即離婚だという覚悟はできているのであれば、夫に不倫をやめさせる交渉が非常に有利に運びます

 

そもそも夫が不倫をするのは、不倫をしても妻にバレたとしても、妻は結局は許してくれると甘く見ているからです。

 

なんとなく日本社会は、男性の不倫は許されるような風潮がありますよね。

 

不倫くらいで離婚になんかならない、とタカをくくってる男性は非常に多い。

 

自分の妻も許してくれると甘く見て不倫のリスクに気づいていないから不倫をするのです。

 

一方、自分の妻は不倫で本当に離婚を考えていると知ったことで不倫のリスクに心底気づき、やめる人もいます。

 

ですからもし離婚の覚悟ができているのであれば、それを切り札に、夫に「不倫をやめるか離婚かどちらかです」と伝えるのも良い方法だと思います。

 

実際に即離婚するのはやめよう

不倫をされたら即離婚をするという覚悟は是非大事にしてください。

 

一方、不倫に気づいたからといってすぐに離婚届を出してしまうのはやめたほうがいいです。

 

離婚の覚悟をしつつ、実際に離婚をするのは、あなたにとって有利な条件が整ってからです。

 

離婚を切り出す前に、不貞の証拠を取っておかないと夫にも不倫相手の女にも慰謝料の請求がしにくくなります。

 

さらに、夫婦で築いた財産も分割請求はできるように準備をしておく必要もあるでしょう。

 

離婚した後に経済的に困らないよう、生活のめどを立てる必要もあります。

 

子供がいるのであれば子供の養育にどのくらいの費用がかかり、離婚後にどのように工面するのか。

 

あげ始めればキリがありませんが、有利な離婚をするにはしっかりした計画性が必要になります。

 

ですから、即離婚するという心理的決断は胸に秘めておいて、具体的な行動は着実に時間をかけて行なってほしいです。

 

離婚準備を始めながら、夫と向き合う

離婚を視野に入れて準備をしながら、不倫をしている夫と向き合ってみましょう。

 

いっときの感情で離婚を決意しているかもしれませんが、夫を目の前にしてみると、今までの夫婦としての信頼、愛情などがまだ残っていると気付くかもしれません。

 

さらに離婚を切り札に夫と話し合ってみると、夫の方も離婚はしたくない、不倫がそこまで妻を傷つけるとは思っておらず軽はずみだったと、意識が変わってくることも大いに考えられます。

 

不倫発覚、即対処が一番効果がある

ちなみに、夫が不倫をやめるタイミングで一番多いのは、妻に不倫が発覚した直後です。

 

不倫がばれたときに妻が本気で離婚を考えていて、やめなければこの夫婦関係は終わると夫が心底気付いたら、夫も女と別れざるを得なくなります。

 

さらに、妻にばれた直後というのは、夫が一番動揺している時期です。

 

この時に、不倫をやめようという強い意志が働かないと、だんだん不倫を続けることに慣れてしまうのです。

 

さらにその頃、妻が「離婚はしたくない」といった素振りを見せてしまうと……パワーバランスが逆転してしまいます。

 

妻をナメ始め、不倫を正当化したり水面下でバレないように女との関係を続けることもあります。

 

ですから、不倫バレした直後というのは一番やめさせやすい時期。

 

その瞬間に妻が離婚の覚悟をしているのであれば、やめさせられる一番のチャンスなのです。

 

パワーバランスで優位に立ちつづけて

不倫をする男とは、即離婚する。

 

この決断は、夫とのパワーバランスで優位に立てます。

 

一方、不倫する夫であっても、離婚だけはできない。

 

この考え方は、夫とのパワーバランスで、完全に負けている状態。

 

パワーバランスで負けている妻は、不倫の対処に非常に苦労します。

 

夫が妻より心理的に優位に立っていたら、不倫はやめないからです。

 

「俺が不倫をやめなくたってお前は離婚は嫌なんだろう?だったら我慢するしかないんじゃないの?」というのが不倫夫の本音だからです。

 

離婚を決断できる妻は、不倫の対処もしやすいし、もし本当に離婚になったとしても、自立は早く進むと思います。

 

ですからその覚悟は是非大事にしてください。

 

「不倫なんかで離婚をするなんてどうかしてる。」「許してあげなよ、離婚するよりマシでしょ?」と、周りの人は言うかもしれません。

 

しかし、不倫する夫でも離婚できないという考え方の方が、ずっと危険なのです。