浮気した夫との夫婦修復ができるか否か、その判断はいつするの?

ご主人の浮気問題が発生したとき。「別れるべきか……やり直せるのか?」を考えますよね。

 

ただ、多くの奥さんは、夫が浮気したとしても、すぐに離婚を選ぶことなどできないと思います。

 

それは経済的な問題とか、お子さんの養育の問題、その他色んな事情があるし、「不倫者たちの思う壺になってたまるか」というプライドもあると思います。

 

ですから浮気の発覚時には、とりあえず夫とは離婚せず、夫婦関係修復の方向を目指す、というのが一般的でしょう。

 

一方、「とりあえず修復」という状況から時間が経つうちに、奥さんの方が本格的に

 

「この夫と、本当に夫婦として続けていくべきか否か」を、真剣に考えて判断しないといけない時期が来ると思います。

 

本格的に、修復を目指すかどうかを、いつ判断するか?を考えてみましょう。

 

浮気相手の女と別れる前は夫婦修復より先にやることがある

ご主人の浮気が発覚した瞬間に、「絶対に夫とは修復するわ!」と決意して、夫婦仲を改善させる取り組みを頑張り始める奥さんがいます。

 

ただ、妻が修復の努力をしても、夫が浮気をやめるかどうかはわからないです。

 

女と別れていない状況の中、奥さんだけが夫婦関係の改善に執念を燃やしてしまうと、それがむしろ浮気の悪化につながることもあるくらいです。

 

ご主人にとって奥さんが「浮気をしている夫でも絶対に別れない!絶対に夫婦仲が良くなるように頑張るわ!」という態度であれば、ご主人の側は、浮気をやめようとは思わないからです。

 

逆説的ですよね?

 

妻が夫婦修復の努力をすればするほど、夫の浮気は悪化するというパラドックス。

 

ですから夫が女と別れていない間には、修復できるかどうかを考えるのは後回しにして、まず女との関係を切らせる働きかけを頑張りましょう。

 

簡単ではありませんが、そもそも女と繋がっている状態であれば、夫婦修復なんて不可能なわけですから、離婚を避けたいのであればやるしかないのでは?と思います。

 

夫が浮気の渦中なら「夫婦仲の修復」より先にやるべきことがある
夫が浮気している最中のとき、あるいは浮気疑惑があるとき。 奥さんとしては、何とかして夫婦をやり直したいと思い、夫婦修復カウンセリングを受けることも...

浮気夫の本性を全部見る前に修復一本に絞らないで

夫に浮気をやめさせる働きかけをしている最中、あるいは女と別れてしばらくの間。

 

この時期は、夫の本性を見定める時期だと思います。

 

この時期は辛いですが、しっかりご主人を観察し、「本性」がはっきりするまで、修復一本に絞らない方がいいです。

 

今まで信じてきたご主人が、実は浮気ができるような男であった。

 

妻である私に、大嘘をつきまくってきた。

 

他にも隠していることがあるかもしれないし、知らなかった一面がどんどん現れてくる、ということがよくありますからね。

 

夫が言っていたアレもコレも嘘だった。

 

アレもしてたみたいだし、コレも平気でやる男だった……

 

そういうことが頻出するのが、浮気履歴のある夫です。

 

それを知らないで今まで夫婦をしてきたということは、むしろご主人の本性とは違った表面的な一面を、「夫」と思ってきたということですよね。

 

となると、本格的に修復を目指すのであれば、今まで「夫」だと思ってきた一面的な夫の、もっと深い、本性の部分をしっかり見てから、その人とやり直せるのかどうかを判断しないといけないように思います。

 

そうしないと、またどこかで同じような裏切りに遭って、もっと傷つけられるかもしれませんからね……。

 

ただでさえ知りたくもなかった夫の浮気を知って、それ以上にもっと疑うように夫を観察しなければいけないとなると、とても辛いことでしょう。

 

ただ、あなたの本当の意味での幸せを考えると、ここは避けて通れないのではないでしょうか。

 

夫の本性を知らないまま、その人に貴重な人生を託すのは、どれだけご自身を痛めつける行為なのか。

 

夫の本性を知ることは、ご自分を愛し大切にするための行為であって、罪悪感を持つ必要はないと思います。

 

本性を知ってから、修復を目指すか、あるいは距離を置くか。考え始めても遅くないです。

 

浮気終結の後、修復する価値のある夫の状態とは

夫が女と別れ、水面下での継続も無いことを確認し、そしてご主人の本性をしっかり見極めてから、いざ本格的に修復ができるかどうかを考えていく時期に入るわけです。

 

ただ、夫婦修復は、夫婦二人で、協力して行わないといけませんよね。

 

そうなると、奥さんの準備ができていても、夫の側に修復の準備ができていないと難しいです。

 

ご主人の側に以下のような修復の準備ができてから、です。

 

夫本人に修復したいという意思があること

当たり前ですが……夫本人が、奥さんと夫婦としてやり直したいという意思がないと、うまくいかないです。

 

この段階で「彼女とは別れたけど、お前とも終わったんだ」みたいに言うのなら、まだ女と別れておらず、水面下の可能性もあります。

 

一方、そこまでは言わなくて、奥さんと向き合う気がなさそうだとか。

 

浮気についても夫婦としての問題すべてに向き合わずに逃げてばかりのとき。

 

それはまだ、やり直す意思は乏しいです。

 

浮気への罪悪感があり、反省の様子が見られる

浮気をしたことに罪悪感があり、反省の様子が見られないと、修復できる段階ではないのでは?と思います。

 

(謝罪の言葉はなくても、悪かったと思っている感じがするなら、斟酌も可)

 

男性の中には、浮気や女遊びくらい、全然悪いことではないと本気で思っている人がいます。

 

もしご主人がこのタイプの人であれば、夫婦修復の努力をいくら頑張っても、「女性関係」というジャンルでは完全に価値観が違うわけですから、どこかでまた裏切られる可能性がありますよね。

 

ですから奥さんが夫との修復を本格的に始めるときには、夫本人が「浮気は悪いことだ」と本気で認識していて、かつ「奥さんを傷つけて申し訳ない……」と思っていないといけないです。

 

夫婦修復が完了したと言えるのはいつか?

上記のように夫の側にも修復の準備ができ、ご夫婦でやり直しを始めたとしても、「修復が完了した」といえるのはいったいいつなのでしょうね?

 

その答えはそれぞれのご夫婦が出せばいいと思うのですが……

 

浮気からの夫婦修復に「完了する時期」があるとしたら、それはどちらかがお亡くなりになったときではないでしょうか?(個人的な意見ですが)

 

いずれにしても、お二人が高齢になって、「ああ、いろいろあったけど、私たちずっと夫婦でいたね……」と縁側に座ってお茶をすする瞬間くらいが、修復の完了時期ではないでしょうか。

 

それくらい、長くかかるものだし、はっきりと「修復完了しました!!」と感じられるものではないと思います。

 

夫婦修復完了の区切りがあると思っていると、どうしても毎日がトレーニングみたいになって息苦しくなりますよね?

 

また、夫婦修復カウンセラーとかに相談しまくって、カウンセラーから「お宅のご夫婦は修復できていますよ」と言ってもらうために、何十万円も何百万円もつぎこんでいらっしゃる奥さんがいますが……

 

誰かから見て「あなた方夫婦は修復できています」と認めてもらわないといけないようなものでもないです。

 

まとめますが

 

奥さんが本格的に修復を決意するのは、夫が女と別れてから、夫の本性を知ってから、夫が修復の準備ができてから。

 

そして、修復は長くかかるものだし、「修復完了日」もないし、誰かから「あなたたちは夫婦修復できました」と認めてもらうようなものでもないということを踏まえ、長い目でじっくり、焦らず進むといいのでは?と思います。