夫の不倫、証拠がなければ何の対処もできない?

夫が不倫していることが分かった、なんとかやめさせたいけれど、まず証拠が必要!という情報もありますよね。

 

しかし事情があって証拠が取れない、というケースもあります。

 

今回は夫の不倫問題に証拠がなければ何の対処もできない?がテーマです。

証拠はあるに越したことはない

夫の不倫問題に気付いた、でも夫にはまだ言ってないという段階の妻は、これからどのように夫と話し合っていけばいいのか悩みますよね。

 

いろいろ情報探していくうちに、不倫問題に対処するには証拠は絶対必要!という情報も目にすると思います。

 

一方、夫と離婚するつもりがないのであれば、証拠はいらないという情報もあったりして、ますますどうしていいのか分からなくなってしまう。。。

 

証拠を取るのは夫のスマホをこそこそ見ないといけないし、ボイスレコーダーを鞄や車に仕込んだり、なんだか後ろめたい気分にもなるので嫌ですよね。

 

気持ちは分かるのですが、証拠が取れるのであれば、取っておいた方がいいです。

 

今の段階で離婚を考えていなくても、夫の不倫問題はこれからどのように展開していくか分からないですよね?

 

この問題は相手がいるために簡単に解決しないことも多いです。

 

夫に不倫問題を問い詰めた瞬間に、夫が逆ギレして、お前とはもう破綻してたんだ!俺は離婚する!と騒ぎ、家を飛び出して女と結託して強制的に離婚させられてしまう妻もいます。

 

これは極端で最悪のパターンではありますが、まさかうちの夫はそんなことしないだろう?と甘く考えすぎるのもよくありません

 

このような最悪なパターンであってもしっかりとした証拠が残っていれば、不貞行為をした夫から強制的に離婚をさせられることは阻止できます。

 

女に対し慰謝料請求もできるし、最悪離婚になったら夫に対しても慰謝料請求ができます。

 

夫の不倫に気付いたら、できればここまでのことを考えておくと、自分を守ることになると思います。

 

ご自身と子供さんの生活を守るためにも、出来る限り夫に問い詰める前に証拠を取っておく方がいいと思います。

 

もちろん自分でやるよりも調査会社に依頼した方が確実ですけど、お金がかかるので、余裕がない方は自分で出来る範囲でいいですから証拠をとっておけるようにしましょう。

 

不倫の証拠がなければ何もできないのか?

不倫の証拠は取っておいた方がいいのですが、調査会社に依頼する余裕もなく、しかも事情があって証拠がどうしても取れないという人もいると思います。

 

この時に証拠がないから何もできないのか?と言うと、それも違うと思います。

 

まず、夫に対し「あなた不倫してるんじゃない?」と聞いたとしても、大抵の人が言い逃れをします

 

俺はそんなことしない、何を根拠に?俺を疑うの?

 

このように言われてしまうと思います。

 

しかしこれは、証拠を提示したとしても言い逃れする人はします。

 

調査会社に依頼した写真(ラブホテルから手をつないで出てくる写真)を見せても

 

「これは同僚が取引先で倒れたから休憩してただけ、絶対不倫なんかじゃない!」

 

と、言い訳してた人いましたよ笑

 

このように、証拠があってもなくても、夫に不倫してる?と聞いても最初は認めないんですよ。

 

それで認めないと妻の方は、「詰んでしまった。。。」と思いますよね。

 

夫は、不倫をしていないと言う。

 

「もう疑わないで」と言われてしまったら、これ以上どうしようもないと思いますよね。

 

でも、夫はその時は口で否定していても、頭では「妻にバレてしまった」と、当然認識します

 

妻にバレた、がストッパーに

不倫夫は、妻にバレなければ、不倫くらいしても構わないと思っています。

 

そして自分はうまく妻に隠し通していると思っているので、絶対にバレていないと思い込んでいます。

 

妻にばれていない、と思っている時、夫は不倫をおそらく楽しんでいます。

 

妻にばれていなければ罪悪感を感じることもないし、出張だと嘘をついて好き勝手できますからね。

 

一方、夫が不倫をやめるときは、不倫行為を続けることが難しくなった時です。

 

妻が自分の不倫行為に苦しんでいること見て罪悪感を感じたり、今までは出張だと言えば信じてくれた妻が、信じてくれなくなったので嘘がつきづらくなったり。

 

そのように、不倫行為を続けるにあたって、デメリットが多くなってこないと不倫はやめられないです。

 

証拠がなくても夫に危機感を抱かせられる

このように夫が不倫をやめるときは夫が、妻にばれた、妻は怒っている、最悪離婚されるかもしれない、危機感を感じる時です。

 

たとえ口では「俺はやってない、勘違いだ!」と不倫を認めなかったとしても、本心では妻にバレて、妻を苦しめていることが分かっていますよね。

 

そうすることによって、今までのように不倫を謳歌することができなくなります。

 

夫自身が、不倫行為が楽しくない、デメリットが多い、リスクが高い。

 

それらに気づくことが、不倫解決への最初のステップです。

 

証拠はあるに越したことありませんが、夫の心は証拠がなくても動かすことできます

 

不倫に気づいている、そんなことされて妻はすごく辛い、やめてほしいと思っている。

 

気持ちは証拠がなくても伝えられるし、向き合える夫婦もいるのです。

 

ですから証拠がなくても何もできないわけじゃありません。

 

むしろ、証拠がないことを理由に夫と向き合うことを避けてしまうことの方が危険だと思います。

 

不倫に気づいたのに夫にそれを言わないまま、「いつか女と別れてくれる」と信じて待ち続ける奥さんもいますが

 

しかし上に述べたように、危機感も罪悪感もないまま、夫が不倫行為を自発的にやめることはほとんどないです。

 

夫に不倫のことを聞けば不機嫌になるだろうし、夫婦に波風が立ってしまうのが怖い。

 

という気持ちはわかりますが、何年も放置するよりは、勇気を出して、気づいているということを伝えるのも一つの手です。

 

ただし調査会社に依頼するときは内緒にしておく

補足ですが……証拠がなくとも夫に気づいたことを伝えて、夫の気持ちを変えて行くことは可能ではあります。

 

とはいえ一旦その前に、調査会社に依頼してしっかりした証拠をとるかどうかを考えておいた方がいいです。

 

もし調査会社に依頼するのであれば、夫の不倫に気づいたことは内緒にしておかないといけないです。

 

バレてることを伏せておき、不倫当事者を泳がせておいた方が、確実に証拠が取れるからです。