旦那の浮気発覚後、生理的に無理になった:健全な反応だから否定しないで

夫が不倫していたことに気づいた瞬間から、夫のことが生理的に無理になってしまった、という方がいらっしゃると思います。

 

旦那とキモい女が、影でコソコソしていたことを想像するとぞっとする。

 

家に夫がいるだけで、鳥肌が立つ。見るだけで本気で吐き気がする……

 

こんな状態になってしまったら、離婚するしかないのか?

 

不倫を許すとか赦さないとか、そのレベルではなくて、もう身体が受け付けない感じになっていて、まさにアレルギー状態になっている。

 

私がおかしいのだろうか?たかが浮気くらいでこんなになるなんて……

 

他の奥さんは浮気旦那を受け入れて修復を頑張っているし、「レス解消しました♪」とか言って喜んでいる人もいる。

 

旦那と再び夫婦生活をすることなんて考えられない!気持ち悪すぎる……涙……なぜ私だけ、旦那を見るとゾっとするんだろう??

 

むしろ健全、自分の反応に誇りを持って!

ご主人の浮気発覚から生理的に無理になった。

 

こういった反応が即出る方はむしろ、心の免疫力というか、自己防衛的な能力が高いのではないかと思います。

 

浮気されたショックから多くの奥さんはサレラリというおかしな心理状態になってしまいますが

 

サレラリになると、本当は夫のことを生理的無理でキモすぎると感じているのに、逆に「夫が好き、夫に抱かれたい、夫と近くにいたい」と無理やり感情を抑えて修復方向へと努力してしまうのですね。

 

一方、「旦那のことが生理的に無理」と、ご自身の本音をきちんと意識しているということは、いわゆるサレラリでおかしくなっているわけではなく、自分の本当の感情をしっかり意識し、受け止めているという証拠でもあるわけです。

 

そもそも女性にとって夫が他の女と性交しているという状況は、本能レベルで嫌悪感を持つべき出来事です。

 

不倫発覚をきっかけに夫を生理的に受け付けなくなるのは、あなたの本能的な防衛機能が働いていて、これ以上危険でヤバいものを自分の中に取り入れないように、心身が健全に働いているということ。

 

ですからおかしい現象ではないし、そのような働きをしているご自身の心の反応に誇りを持ってください!

 

決して自分がおかしいのでは?とか、夫を受け入れられない自分は心が狭いとか、浮気くらい許さないといけないのにいつまでも嫌悪感を持ってる自分が辛い、などなど、自分自身を追い込むようなことはやめてくださいね。。。

 

感覚(感情)と、実際の行動を分けて考えて

ただ、生理的に無理になったからといって、「離婚だ、別れよう、距離を置こう」と、物理的なことにつなげてしまうのは少し冷静になってからにしましょう。

 

生理的に無理というのは非常に感覚的(感情的)なものですよね。

 

それを元に、離婚や別居などの重大な決断をしては、後悔することになりがちです。

 

ですから感覚(感情)と、実際の行動を分けて考えられるように頑張ってみてください。

 

生理的に無理な男性と生活するのは確かにキツいですが……

 

気持ちは変わるし不倫の状況も変わります。

 

生理的に無理と感じるその原因が、「夫がまだ女と会っている」という状況にあるのなら、夫が不倫女と別れて夫の態度も変わり始めれば、徐々に軽くなっていきますからね……。

 

また、ご主人が不倫をやめてからかなり経つのに、「生理的に無理」が続いている場合。

 

心の中にある「嫌な感情」を出していくという作業が必要だと思います。

 

これは心理系カウンセリングが非常に有効です。

 

とにかく、思い出して語る。

 

語り、泣き、怒り、また語り、泣き、怒る。

 

それがどうして効果があるのか?というとまた奥深い話になってしまいますが……

 

話すというのは、思い出さないとできないし、思い出すとその時の気持ち悪い感情とかを再体験しますね。

 

それを繰り返すことで、(確かにそのときは辛いけど)、記憶にからんでいる嫌な感情を、あなたの心と身体から放出することになるのです。

 

その場にカウンセラーや友人など、共感してくれる人がいれば、より一層その感情の放出はスムーズに進みます。

 

が、そういう人がいないのであれば、ご自身だけでもできます。

 

辛かったあの時の気持ち。夫への怒り。気持ち悪いという嫌悪感……

 

それを思い出して、ブツブツ独り言を言うのもOKです。

 

日記やブログなどに書いて、発散するのも有効です(ブログはなるべく他の人から自由に見られないほうがいいですが)

 

あと、記憶にからまった辛い感情を、楽にできるセルフセラピーもありますから試してみてください。