サレラリの意味と症状:サレラリから抜け出すとき浮気の解決が見えてくる

サレラリ 症状 意味

「サレラリ」という言葉がネット上やSNSで使われていますね。

 

サレラリとは何で、どのような症状になるのでしょうか?

 

サレラリとは

サレラリとは、浮気されたことによって、正常な判断力を失ってしまった状態の人をあらわす言葉として使われています。

 

浮気サレたことによって、ラリったかのようにおかしな思考に囚われてしまう現象。

 

どの奥さんも、一時期はそうなるし、むしろ心の回復過程の一段階のようにも思います。

 

サレラリの症状

サレラリ状態には色々な症状があるのですが、急性期と慢性期に勝手に分類してまとめてみました。

 

急性サレラリ期

浮気が発覚した日から2週間くらい。

 

ショックで何も考えられず、動悸、息切れ、不眠、食べられない、泣きながら笑う、笑いながら泣く、叫ぶ、などが現れます。

 

後から振り返ってみても、その当時の記憶がない……という人も多いです。

 

10キロ以上痩せる方、不眠から幻聴が現れる方、突発的に自傷行為をする人も。

 

家事ができない、子どもの世話ができない、仕事に行けない、会話ができないなど、その程度ならまだ軽症といえます。

 

急性のサレラリが現れるかどうか、そしてそれが強いか弱いかは個人差があって、全然ない人もいるし、救急搬送されて入院するほど強烈に現れる人もいます。

 

この時期のサレラリは、思考の混乱というより神経衰弱という感じですね。

 

慢性サレラリ期

浮気発覚から数週間経つと、病的におかしな感じから少しずつ立ち直ってきて、一応「思考」らしきものが戻ってきます。

 

ただし、その「思考」そのものが完全に狂っていて、急性期よりもやっかいなのが慢性のサレラリです……慢性期のサレラリの症状は

 

自分の生活すべてが「夫の動向調査」で埋まる

今日は夫はどこに行ったのだろう?仕事はいつ終わるのだろう?車はどこに停めた?飲み会は誰と行ったの?今週の土日は家にいるのか、あるいはゴルフ?釣り?

 

今までは夫がどこで何をしていようがあまり関心がなかったのに、夫の動向を探りまくって一日が終わってしまう。

 

車や携帯にGPSを付けて、GPS追跡画面をずっと見つめ続けている人もいます。

 

そうなるのは「また浮気しているのではないか?」という不安が原因。

 

動向を全て知っておけば安心できるから、そのときそのときの安心を求めて夫の動向調査がやめられない……。

 

「奥さん、まだ水面下の可能性がありますよ?」という探偵の策略にハマり、数百万円の探偵調査料を払い、夫の素行調査を続けている人もいます。

 

一種の強迫神経症の状態といえます。

 

浮気した夫を今まで以上に好きになり夫にすがりつく

浮気夫のことが、今までよりも素敵な男性に見えるようになってしまう現象。

 

今までよりも生活の中で夫を優先することが多くなり、夫に気に入られるような態度を取ったり。

 

何か言われたら、夫に気遣いしながら答え、夫の好きな料理を作り、夫の帰宅を寝ずに待つようにもなります。

 

夜の生活も今まで以上にするようになり、妻からも求めることが増え……

 

はたから見ると、浮気夫に奥さんがすがりついているような状態になっています。

 

これは、夫の実像ではなく「不倫女に盗られそう」という状況に焦っているために、実際以上に夫が価値ある存在に見えているだけです。

 

浮気した夫の言い分を鵜呑みにする

浮気しているのは明らかなのに

 

「もう女とは会ってないよ、安心して」

 

「ホテルには入ったけど、部下が貧血で倒れたから介抱してただけ」

 

「カバンに入ってたコンドームは、ドラッグストアでもらった試供品」

 

みたいなありえない夫の言い訳を鵜呑みにしてしまうことがあります。

 

「浮気したのはお前のせい」

「レスだったから、女は無料風俗みたいなもんだから」

「あの女のことを好きだと思ったことは無いよ」

 

こういう夫のウソも、心から信じてしまいます。

 

これは、真実を知るのが怖いために、夫の甘いウソに自分から積極的に騙されようとしている状態といえますね。

 

奥さんの心がまだ真実を受け止められるほど回復していないため、心を守るためにも必要な防衛本能なのかもしれません。

 

他人の意見に左右され振り回される、業者に頼りすぎ搾取される
  • あなたは妻なんだから、ドーンと構えていなさいよ
  • 男の浮気なんて、飽きたら戻ってくるわ
  • 浮気を問い詰めたらダメ!離婚になるわよ

 

こういう昭和のおばさん的アドバイスを鵜呑みにして、見て見ぬ振りをするしかできずに時間だけ過ぎてしまい……。

 

本当は自分で何とかしたいのに、自分の考えが間違っているように感じて、人に従うことしかできない状態になります。

 

あるいは「浮気、無料相談」と検索して出てきた業者に電話をかけまくり、意見を聞きまくり、どの意見もが正しいと感じてしまうことも。

 

  • 証拠を取るなら今しかありませんよ、奥さん!(探偵調査料300万円です)
  • 〇〇式夫婦再構築カウンセリングを受けなさい。そうしないとご主人は水面下で女と不倫を続け、あなた方夫婦は破滅しますよ?(長期継続カウンセリング料150万円です)
  • 不倫女にギャフンと言わせれば不倫は解決です(不倫女にギャフンと言わせるプログラム150万円)
  • ご主人には何を言っても無駄です。女と別れさせる工作をしましょう(別れさせ工作は300万円です)
  • 女に慰謝料請求すれば、夫婦は元に戻ります(弁護士料50万円です)
  • あなたが愛される可愛い妻に変われば、夫は不倫をやめますよ(愛サレ妻マニュアル2万円)
  • 浮気されたのはレスが原因です!夫が夜にメロメロになる♪レス解消DVD (1本3万円)

このような業者の言葉に左右されて、探偵や工作業者に高額な探偵調査料を払ってしまったり夫婦修復業者に搾取されることがあります。

 

ただ時間が経つと……結局自分は何をしたいのか途中でわからなくなったり、周りの人に「あなた、ちょっとやりすぎよ」と言われて、また考えがブレて挫折。

 

占い師や霊能者に頼り、霊感占いとか除霊とか、不倫女との縁切りセッションで100万以上つぎ込んでいる人も……。

 

この時期に、「この壺を買えば、夫は不倫をやめます」という悪徳業者と出会ってしまうと、おそらく何割かの人が、買ってしまうと思われます。。。

 

こうなるのは、浮気されたことのショックにより自尊心が破壊されていて、自分の存在に価値が無く、自分はバカで役立たずだという心境になっているからです。

 

極端に自信がないため、自分の意思で正しい判断ができないし、誰かに助けてもらうことしか考えられない状態です。

 

浮気相手の女への異常な怒り

夫が浮気したのは、女に操られていたからだ!!と、浮気相手の女に異常な怒りを持ちます。

 

女を叩く活動を実際にする人もいます。

 

女の職場や実家に乗り込み、不倫の事実をバラしたり。

 

証拠写真を女の実家に送ったり……

 

夫と不倫女の密会場所まで尾行して、言葉通り叩きのめした人もいます。

 

そこに「夫の存在、夫の感情」は消えていて、あるのはとにかく女への怒り。

 

私の夫を奪った悪い女。私の夫をたぶらかした女狐め!

 

こうなるのは、夫に浮気されているという「悲しみ」を受け止められないからです。

 

悲しみを受け止め自分と向き合うことができる状態に回復していないので、悲しさが怒りに変わっているのです。

 

かつ、本来怒りを向けるべき我が夫をスルーして、女に対してだけ怒りを向ける理由は、夫への精神的な依存が残っているから。

 

「夫からは嫌われたくない、夫からはまだ愛されたい、何とか夫を取り戻したい」と思っているため、夫を直撃することができず

 

正常な判断ができないため、浮気は男性側が仕掛けることが多いという事実や、性行為は男性側が機能しないと成立しないということに思い至らないのです。

 

浮気されたのは自分のせいだと思い込む

浮気を問い詰めると夫からは「お前が〇〇だったから、浮気したんだ、お前だって悪いんだ……」などと言われ、それを信じてしまい

 

夫が浮気したのは、私に問題があったのだ、と思い込んでしまいます。

 

サレラリ期に一番多い現象です。

 

冷静に考えれば浮気夫が口走る「お前のせいで」は自己保身でしかないのに、それに気づくことができません。

 

誰かに相談すれば「あなたにも至らないところがあったんじゃない?」と言われ、ますます自分のせいで浮気されたという考えが固まってしまい

 

世間的にも男性の浮気は妻に魅力が無いから、と主張する人もいるので、そちらの意見を鵜呑みにしてしまいます。

 

こうなるのは、正常な判断ができず、自分の考えに自信を持てないから

 

また、浮気の原因が自分にあるのなら、その原因を改善させれば、浮気は終わるかもしれない……と、妻が希望を見出してしまうからです。

 

夫を取り戻すための女磨きに夢中になる

料理を完璧にこなそうとしたり。

 

メイク、ダイエット、ファッションなど、女としての自分磨きに没頭。

 

それが明らかに過度になっていて、女性としての自分を楽しむというレベルではなく、執念のような感じになっている人もいます。

 

こうなるのは女性としてのプライドが破壊されているから。

 

女としての自分はもう終わってしまっている、価値が無い、女と思われていないのではないか?

 

……不倫女には負けたくない!また夫に女と思われたい!

 

そういう劣等感と闘争心が、過度な自分磨きとして現れているわけです。

 

自分さえ女として価値ある存在に生まれ変われば、夫は女と会う必要がなくなるから、浮気をやめて戻ってくる!と、勘違いをしているのも一因といえます。

 

「夫婦修復」が人生の唯一の目標となる

不倫以前は、仕事や子育て、友人関係や趣味など、いろんな分野でやりがいを感じていたのに、サレラリ期は「夫婦修復すること」だけが人生唯一の目標に変わってしまいます。

 

夫との関係をよくするために仕事をやめたり。

 

子どもをほったらかしにして夫を構おうとしたり。

 

「夫婦修復 成功例」「夫婦修復 方法」と一日中ネット検索し、修復法を研究する毎日に。

 

こうなってしまうのは「夫婦修復できなければ、私は不幸になる」という思い込みに支配されているから。

 

視野が狭くなっているうえに、極度の自信喪失状態なので、夫に棄てられたら人生終わりだと結論づけています。

 

だから夫と修復する以外の道が考えられないし、そのためには何を犠牲にしても良い!と考えが偏ってしまいます

 

夫婦修復業者(カウンセラー、工作業者)に高額を搾取されるのも、これが一因かもしれません。

 

浮気事件を美化して無理やり納得する(合理化)
  • 浮気されたおかげで、本当の愛と赦しが何なのか理解できました
  • 浮気されたことがきっかけで、私はアダルトチルドレンだということに気づいたんです
  • 浮気されたのは、私を目覚めさせるための、宇宙の計らいだったんだと思います

 

理不尽な浮気事件を正面から受け止められないので、「この問題には、何か意味があるに違いない」と自分を無理に納得させて、楽になろうとする心理です。

 

浮気されたことをきっかけに、宗教やスピに行く人に多いです。

 

ただ結局のところ現実逃避の一種なので、今の不倫問題は放置されてしまいます。

 

サレラリ状態でいる期間はどのくらい続くか

サレラリ状態はどのくらい続くのかというと

 

それは本当に個人差があって、2週間くらいで終わる人もいれば、5年とか10年以上と長く続く人もいます。

 

浮気問題をきっかけにして、人生そのものが明らかにおかしな方向へイってしまう人もいます。

 

実際に見ているなかで多いな……と感じるのは、サレラリから思考が変化して、宗教や占い系、スピ系に目覚め(自称)そっち方向へ人生を転換していったケースです。

 

宗教団体やスピリチュアルセミナーにハマって散財している人。

 

占い師に傾倒して、自分自身も占い師になった人。

 

「浮気された経験のおかげで、私はアセンションできた」みたいな主張を始め、タイにある瞑想施設にイってしまった人とか。。。

 

それはそれでご本人は充実しているので結果的には「良かったね」なのですが。

 

そこまで長いことサレラリっていると、現実生活が成り立たなくなり、子どもは放置とか、夫婦はほとんど崩壊しているとか、安定した職業を捨ててしまったために経済困窮状態とか。

 

実生活で影響が出てくることもあります。。。

 

さらに、サレラリを長引かせているのが、一部の夫婦修復カウンセラーの介入です。

 

「あなたが夫から愛されるような素敵な女性に生まれ変われば、夫とは修復できる」といった指導をするカウンセラーがいるのですが、こういう人に傾倒してしまうとサレラリは長く続きます。

 

こういうのも宗教的洗脳と似ていますから「このカウンセラーに従っていれば夫婦修復できる」とご自身の思考を停止させてしまい、ますますサレラリが深まっていく……という展開になりがちです。

 

サレラリ真っただ中では「自分はサレラリ」と気づけない

また、サレラリ期の特徴の一つともいえるのですが、サレラリ真っ最中の方は、「自分はサレラリで思考がおかしくなっている」とは気づけません

 

表現が悪いですが……認知症の方は自分が認知症だと気づけないですし、酒に酔っぱらったときほど「酔ってない」と言いますよね?(私だけですかね)

 

それと同じく、サレラリ真っただ中のときは、自分を客観的に見ることはできないのです。

 

多くの奥さんは、「今思えばあのときはおかしかった……」と思い出すことによって、自分が当時サレラリだったと気づきます。

 

サレラリから抜け出すには

そもそもサレラリから抜け出すとはどういうことかというと、「自分を取り戻す」ということだと思います。

 

自分は何を考え、自分は何を幸せと感じ、自分は夫とどういう関係になりたいのか。

 

他人がどう言おうが、その意見の真偽を自分の感覚で判断できるようになったとき。

 

自分がこれでいいんだと思える人生を、再度歩き始められるようになったときが「サレラリから抜け出したとき」になります。

 

ですからもともと「自分」というのが弱く、夫への依存心が強いとか他人の意見に振り回されて生きてきた方だと、サレラリは長く続くでしょう。

 

(そもそもサレラリなのかは関係なく、いつでも他人に振り回されているだけなのかもしれません。)

 

一方、もともと「自分」というものを持っていたけど、夫の浮気で一時的にサレラリになり自分を見失っていた方の場合。

 

そこから抜け出すことができれば、当然もとのように「自分軸」で歩み始められます。

 

そのためにはやはり、「自分は何を感じ、どう考えるか、自分にとって幸せとは何か」を探し続けることです。

 

サレラリ中は、それができないので苦しいですよね。

 

でも、できないながらも探し続けることが大事です。

 

「一瞬でサレラリから抜け出せる、自分軸育成の薬」があれば、迷わず飲むでしょう。

 

ただ、そんな薬は無いし、むしろ悩みながら時間をかけて自分に向き合わないと、サレラリから抜け出して自分軸を作ることはできないと思います。

 

わからない、ブレる……わからない、ブレる……やっぱりわからない……誰か助けて……。

 

この状態でぐるぐるグルグル、繰り返す日々が続くかもしれません。

 

ただ、ぐるぐるグルグルしているとき、あなたの心は回復しているし、思考力も精神力も作られているのです。

 

逃げずにご自身の心に向き合うことが、結果的に早くサレラリから抜け出せるし、一回りしっかりした自分軸を養うのではないでしょうか。

 

そしてサレラリから抜け出すと、夫が何をしようが何を言おうが、あるいは他人がどう言おうが、振り回されないようになってきます。

 

自分の感覚を察知し、嫌なことはせず、したいことをする

もしあなたが、まだサレラリが残っているかも……と思うのなら、まずは自分自身の感覚を感じるところから始めてみてください。

 

毎日していることのうち、本当はしたくないことや、考えるとモヤッとすることは何なのか。

 

それに気づくことから始めてください。

 

(感覚的なものですから意識しないと気づけないかもしれないです。)

 

イラっとする、モヤっとする、悲しくなる……

 

そういう気持ちになる行為に気づいて、勇気をもってやめていきましょう

 

そして本当はしたいのに、「〇〇になると困るから」という理由で我慢していることがあるのなら、ガマンをやめて、したいことをしましょう

 

そのように、簡単なことからでもいいので、自分の感覚(感情)に気づけるように。

 

そしてその感覚や感情を、ご自身で大事に受け止めてあげるように頑張ってください。

 

些細なことですが……これの繰り返しが、サレラリを抜け出すためのレッスンになるし、精神的な自立の土台になっていくからです。

 

サレラリが覚めたら、浮気問題の解決は近い

そして紆余曲折のすえ、みごとサレラリから抜け出したら。

 

そこから浮気問題解決の本番だと思います。

 

サレラリから卒業して、思考力が回復し。辛い「ぐるぐる思考」を乗り越えて、一回り成長した自分軸を身につけたら。

 

もう浮気問題の解決は近づいているのです。

 

ここで言う「解決」とは、夫が浮気をやめるとか、不倫女にギャフンと言わせるとか、夫婦がラブラブになるとか。

 

そういう現象レベルではない、というのは前述のとおりです。

 

そんな「他人がどうこう」に関係なく、あなたが心から「これでいい」と思う生き方ができるようになることが、浮気問題の解決だと思います。

 

そのとき、夫が浮気をやめて家庭に帰ってきているかもしれないですし、夫は浮気をやめられないクズなんだと見切りをつけ、同じレベルのクズ女にお譲りし、新しい道を幸せに歩んでいるかもしれません。

 

現象はどうであれ、心から「これでいい」と思える日常を過ごせるようになったら

 

「ああ~あのとき私、サレラリだったな~」と、過去のご自身を笑って思い出せるようになることでしょう。