不倫夫が離婚話を出したり引っ込めたりするとき夫に起こっていること

旦那が以前から「お前とは離婚したい」と言ってくるようになり、驚いて固まっていたら、しばらくして離婚話を言わなくなった。

 

夫が不倫していることがわかり、問い詰めたら離婚だ!と言ったが、静観していたら離婚の話を引っ込めた……

 

訳が分からないですよね。

 

このように、不倫疑惑のあるご主人が、離婚話を切り出してきたり、引っ込めたりすることがあります。これはどういうことが起こっているのでしょう?

 

今回は、不倫夫が離婚話を出したり引っ込めたりするとき夫に起こっていること、というテーマです。

離婚話を突然する夫、背後には不倫女がいる

不倫がバレてから、頻繁に離婚を言い出した……ただそうこうしているうちに離婚のことについて言わなくなった。。。

 

もう大丈夫なのだろうか?と思っていたら、またいきなり「やっぱり離婚したい!ずっと考えてたんだ!」と言い出すこともあります。

 

突然妻に離婚を言い出す夫の多くは、背景に不倫相手の女がいます

 

夫本人は、女とはもう別れたとか、不倫なんてゼッタイしてないとか言いますが、嘘です。

 

男性にとって超大変な離婚を、妻が嫌になったから、なんていう理由で決心なんてしないです。

 

さらに、夫が離婚の言葉を出したということは、相手の女性との関係は深くなっているか、あるいは始まってすぐの「不倫ラリ期」で完全にイってしまっているか。

 

あるいは相手女性が非常に略奪思考が強く、「今すぐ奥さんと離婚して、私と将来を誓って!!」と言ってきているか。

 

そういう可能性がありますから、決して軽く受け止めてはいけないと思います。

 

離婚話が夫の口から出てきているというのは、少なくとも簡単に解決できる問題ではなくなっています。

 

離婚話を出したり引っ込めたりする夫

そして離婚話を出したり引っ込めたりしているとき、夫本人に何が起こっているかというと、これは色んなパターンがありますが……

 

不倫バレして罪悪感から逃げるために「離婚しよう」ととっさに言う人もいます。

 

こういう全く本心ではない人は除いて考えてみると、以下の2つのパターンがあります。

 

離婚の意思は乏しいが女に操られている

本当は離婚したくない、けど相手女から圧力を受けて、妻に離婚話をしなければならない状況に追い詰められているパターン。

 

この場合は、離婚は本心ではないですから、女に圧力をかけられていないときは黙っている(離婚話を引っ込めている)し、具体的な離婚の準備は全然していないです。

 

「あなた本当に離婚を考えてるの?」と聞いてみると、「うーん。。。考えてるよ」「うるさいな、その話はあとで」みたいにはぐらかす。

 

でもしばらくすると「おい!離婚届け持ってきたぞ!書いてくれ、今すぐだ」と表情を変えて迫ってきたりします。

 

こういうのは、ああ背景に女がいて操られてるな~というのが見え見えですよね。

 

夫本人は家庭への愛情も残っているけど、相手女性の感情に強く支配されている

 

女が感情的になっているとき、夫は妻に対して離婚話を強く言ってくる一方、女が大人しくなっているとき、妻に対しても離婚話を引っ込め静かにしている。

 

そういうことが起こっているのです。

 

本気で離婚を考え計画している

夫本人が、本当に離婚したいと考えているとき。

 

妻に離婚宣告した後、妻の態度を見ながら一旦離婚話は引っ込めて、その間に計画的に準備しているのかもしれません。

 

この状態になっていると夫は妙に強気で主導権を握っているかのような態度を取ります。

 

妻の欠点をあげつらい、それを離婚原因として威圧してくるわけですね。

 

  • 前から思ってたけどお前は家のこと何もできない、そんな女とやっていけない
  • 結婚する前から金の使い方が荒すぎる、家庭の主婦として信頼できない
  • お前の態度はモラハラ。性格が悪い。嫌いになった

 

このように、離婚宣言の原因を妻にして、高圧的に離婚を宣告する人もいます。

 

それは妻の戦意を喪失させ、自信を失わせ、なし崩しに離婚させようとする魂胆のこともあります。

 

もちろんこの間は、何としても自分の不倫は隠そうとします。

 

「その女とはもう別れた」「相手の女とのことと、お前との離婚は関係ない」と言い逃れて、有責配偶者になるのを避けようとします。

 

離婚したいのは妻の性格がヒドイから、性格の不一致だから!と主張するための伏線ですね。

 

そして背後でこっそり財産分与で自分が不利にならないように財産隠しをしたり、家を査定に出したり通帳を管理しはじめたり、預貯金額を自分の口座にうつしたりします。

 

……これらは、離婚話を引っ込めて妻の警戒を解いている間に、有利な離婚をするために準備をしているのかもしれないです。

 

まさか!うちの夫はそこまでひどいことしません!とお思いになるかもしれません。

 

しかし、離婚話が一度でも夫の口から出たのであれば、このくらいのことが起こりうるのが不倫の世界だということは知っておいた方がいいです。

 

勝手に離婚させられないように防衛意識を持つことが先決

奥さんは、夫から離婚話を持ち出されると、動揺して「私のいけなかったところは直すから考えなおして」とすがってしまいがちですよね。

 

混乱するし、不安にもなるから当然だと思います。

 

ただ、夫が言っている離婚理由は真実ではないので、その部分をいくら直すよう努力しても無駄だったりします。

 

これを直せば夫は気持ちを変えてくれるかも。。。不倫女よりも私が魅力的になれば離婚話を撤回して家庭に戻ってくるに違いない……

 

そう思って色々努力する人は多いですが、効果は乏しいです。

 

むしろ夫が妙な自信をつけ、すがる妻をナメることすらあります。

 

ですから離婚の話を出されたり引っ込められたり、そんな状態のときは、夫の気持ちとか夫婦やり直そうとか、そのレベルの話ではなくなっているので、まずは勝手に離婚させられないように防衛意識を持つことが先決だと思います。

 

望まない離婚を勝手にされないように、ご自分を守ってください。

 

離婚話をしなくなったからといって、夫が改心したと思ってはいけないです。

 

まだ女とつながっていれば、またいつ離婚を言ってくるかわからないです。その間に周到に準備している不倫夫もいますから、安心してはいけないです。

 

離婚をするかしないか、判断するのは、夫ではなくあなたでいて欲しいからです。

 

夫が離婚話を引っ込めている間、夫が離婚したい本当の理由をしっかりつかんでください。

 

証拠がとれそうならこの時に確実にしとめてください。

 

そして、夫の威圧に負けないでください。辛いですが、その状態になっているご主人は、一時的に「あなたの愛した人」ではなくなっているのです。