離婚の決意が不倫夫を変える:「離婚したくない」は不倫夫を甘やかす

夫の浮気をやめさせる方法はないだろうか?と悩む奥さんは、「夫が不倫をやめる方法を端的に教えて!」と思いますよね。

 

そもそも夫が絶対不倫をやめる方法、みたいな魔法系の方法はありません。

 

妻の離婚の覚悟から夫が変化する

ただし、夫が不倫をやめた、という状況のご夫婦の話を聞いていると、奥さんが「不倫する夫とはもう離婚してもかまわない」と覚悟ができたとき、夫が不倫をやめて妻の元に帰ってくる、ということが多いです。

 

なぜなのかは、それも個々の状況によってさまざまではありますが、やはり不倫する夫でも多くは妻と離婚してまで不倫を続けたいわけではなく、「家庭もキープ、不倫女との恋愛ごっこもキープ」という環境を手放したくないだけ。

 

そのような甘えた感覚をぶち壊すのが、「もう、不倫をやめないなら離婚です」という妻の覚悟なのだと思います。

 

(すでに不倫女との関係がかなり深まってしまい、もう妻とは離婚をしようと決意している不倫夫の場合はまた別の対応が必要になってきます)

 

妻の離婚したくない気持ちは夫を甘えさせる

不倫する夫に対し、奥さんが「不倫されていても離婚だけはできない」と思っていると、その夫婦間は、対等な関係ではなくなりますよね。

 

不倫している側の夫が優位に立ち、不倫されている奥さんの方が心理的に劣位になってしまう。

 

奥さんが「離婚されるのではないか、女のところに行ってしまうのではないか?」と怖れていれば、夫は奥さんのその不安を敏感に感じ取り、「このまま女と続けていても大丈夫だな」と甘えるわけです。

 

一方、奥さんが腹をくくって不倫され続けるくらいなら離婚して新しい人生を歩むわ、と覚悟したら。

 

私が棄てられるのではなく、私が不倫夫を棄てるのだ!と決意したら?

 

その瞬間に夫との関係は完全に対等に戻ります。

 

この「心理的に対等な立場に戻る」というのが不倫問題解決のためにすごく重要だと思います。

 

心理的対等でないと不倫をやめさせられない

対等な立ち位置でないと、不倫をやめさせることはできないです。

 

いくら何百回夫と話し合っても、何百回証拠を突き付けて不倫を問い詰めても、奥さんが「この夫とは離れられないの」という気持ちがあるなら、夫の心には何も影響を与えられないのです。。。

 

だって、奥さんは何をされても、どれだけ虐げられても、離婚はできないと決め込んでいるわけですから、離婚されるおそれがないので、ご主人は不倫をやめる理由もないわけです。

 

不安がる奥さんをナメ、離婚したくないと願う奥さんの気持ちに甘えるのです。

 

離婚したくないから夫を追いかけ続ける奥さん、妻に離婚されるおそれがないからいつまでも不倫をやめない夫。

 

その無限ループの中でぐるぐる状態になっているご夫婦は多いと思います。

 

離婚できない、が妻のメンタルを壊していく

また、不倫されたショックでいつまでも苦しんでいる人は多いですが、その中でも特にフラッシュバックが強い方、3年以上長い間不倫された苦しみから逃れられない奥さんにも、「夫とは何があっても離婚はできない」という強固な思い込みがあったりします。

 

多分、離婚に対してすごくネガティブな思いがあるからなのでしょうが……

 

もちろんしたくない離婚はしなくていいし、まずはできる限りの対処をすべきだと思います。

 

ただ、心の隅に「離婚」という選択肢を入れておくと、各段に心も回復します。

 

なぜなら、不倫された苦しみは、加害者(この場合は夫)から離れることができれば、次第に薄れていくのは当然だからです。

 

離婚を避けたいなら「離婚だけはしたくない!」を手放す

離婚を避けるために離婚を決意する。。。何だか矛盾していますが、意外と重要なテーマではないかな?と思います。

 

離婚を避けたいなら、「離婚だけはしたくない!絶対離婚はしないわ!」という考えを手放した方がいいです。

 

その方が傷ついた心も回復しやすいし、何よりも奥さんの自尊心が戻ってきますからね。

 

「自分はいつまでも虐げられる女ではない、不倫をやめない夫にいつまでもすがりついている女ではない」と覚悟することは、自分を尊重して自分を愛する考えだと思います。

 

もう二度と傷つけられないように自分で自分を守ろう、と立ち上がることで、本来のあなたが戻ってくる。

 

そしてそんな覚悟を決めた奥さんの前で、不倫していた夫も何かを感じ、変化が起きてきます。

 

離婚が現実味を帯びてきたためビビって不倫をやめる夫は多いですから……。

 

もちろん、それでも不倫から足を洗えない夫もいますので、そのときはそのときで再度、自分を大事にしながら一番良い道を考えられたらいいのでは、と思います。