離婚の決意が浮気夫を変える:「離婚したくない」は浮気夫を甘やかす

夫の浮気をやめさせる方法はないだろうか?と悩む奥さんは、「夫が浮気をやめる方法を端的に教えて!」と思いますよね。

 

そもそも、夫が絶対浮気をやめる方法、みたいな魔法系の方法はありません。

 

妻の離婚の覚悟から夫が変化する

ただし、夫が浮気をやめた、という状況のご夫婦の話を聞いていると、奥さんが「浮気する夫とはもう離婚してもかまわない」と覚悟ができたとき、夫が浮気をやめて妻の元に帰ってくる、ということが多いです。

 

なぜなのかは、それも個々の状況によってさまざまではありますが、やはり浮気する夫でも多くは妻と離婚してまで浮気を続けたいわけではなく、「家庭もキープ、不倫女との恋愛ごっこもキープ」という環境を手放したくないだけ。

 

そのような甘えた感覚をぶち壊すのが、「もう、浮気をやめないなら離婚です」という妻の覚悟なのだと思います。

 

(すでに不倫女との関係がかなり深まってしまい、もう妻とは離婚をしようと決意している不倫夫の場合は、また別の対応が必要になってきます)

 

妻の離婚したくない気持ちは夫を甘えさせる

浮気する夫に対し、奥さんが「浮気されていても離婚だけはできない」と思っていると、その夫婦間は、対等な関係ではなくなりますよね。

 

浮気している側の夫が優位に立ち、されている奥さんの方が心理的に劣位になってしまう。

 

奥さんが「離婚されるのではないか、女のところに行ってしまうのではないか?」と怖れていれば、夫は奥さんのその不安を敏感に感じ取り、「このまま女と続けていても大丈夫だな」と甘えるわけです。

 

一方、奥さんが腹をくくって、「浮気され続けるくらいなら離婚して新しい人生を歩むわ」と覚悟したら。

 

私が棄てられるのではなく、私が浮気夫を棄てるのだ!と決意したら?

 

その瞬間に、夫との関係は完全に対等に戻ります。

 

この「心理的に対等な立場に戻る」というのが浮気問題解決のためにすごく重要だと思います。

 

心理的対等でないと浮気をやめさせられない

対等な立ち位置でないと、浮気をやめさせることはできないです。

 

いくら何百回夫と話し合っても、何百回証拠を突き付けて浮気を問い詰めても、奥さんが「この夫とは離れられないの」という気持ちがあるなら、夫の心には何も影響を与えられないのです。。。

 

だって、奥さんは何をされても、どれだけ虐げられても、離婚はできないと決め込んでいるわけですから、離婚されるおそれがないので、ご主人は浮気をやめる理由もないわけです。

 

不安がる奥さんをナメ、離婚したくないと願う奥さんの気持ちに甘えるのです。

 

離婚したくないから夫を追いかけ続ける奥さん、妻に離婚されるおそれがないからいつまでも浮気をやめない夫。

 

その無限ループの中で、ぐるぐる状態になっているご夫婦は多いと思います。

 

離婚できない、が妻のメンタルを壊していく

また、浮気されたショックでいつまでも苦しんでいる人は多いですが、その中でも特にフラッシュバックが強い方、3年以上長い間浮気された苦しみから逃れられない奥さんにも、「夫とは何があっても離婚はできない」という強固な思い込みがあったりします。

 

多分、離婚に対してすごくネガティブな思いがあるからなのでしょうが……

 

もちろん、したくない離婚はしなくていいし、まずはできる限りの対処をすべきだと思います。

 

ただ、心の隅に「離婚」という選択肢を入れておくと、各段に心も回復します。

 

なぜなら、浮気された苦しみは、加害者(この場合は夫)から離れることができれば、次第に薄れていくのは当然だからです。

 

浮気中の夫に「離婚したくないから浮気をやめて」とは言わないこと

ご主人がなかなか浮気をやめないと「私は離婚したくないの。だから、浮気はやめてほしいわ」と言いたくなりますよね。

 

ただ、浮気している夫には、なるべく「離婚したくない、だから浮気をやめて」と言わない方が良いと思います。

 

離婚はしたくないという奥さんの本音は言わないで

夫が浮気をしていたとしても、ご主人とすぐ別れようなどと決断できないですよね。

 

長年連れ添った夫だったり子供もいたり経済的な不安があったり、いろんな事情があって夫とは離婚したくないと思うのが当然です。

 

だから何としても夫に浮気をやめてほしい、そして前のように円満な夫婦を続けたい。

 

そんな時に妻としては、離婚したくないのだから浮気はやめて、という形で夫に伝えがちだと思います。

 

私たち夫婦は浮気という問題があっても離婚はしないわよね?という確認の意味も含めて、夫と話し合いたいと思いますよね。

 

しかし話し合いの時には、離婚をしたくないというあなたの本音を夫には伝えない方がいいと思います。

 

浮気夫も離婚する気はなく、両方の女性と上手くやりたいのが本音

多くの夫は浮気をしていても、妻とは離婚する気はないです。

 

要するに両方の女性と上手くやりたい。妻とは離婚せずに、このまま安定した家庭を継続して、不倫女とは刺激的な関係を継続したい。

 

それが不倫男性の本音です。

 

妻が自分から離れていかないなら浮気はやめない

妻と不倫女と両方をうまくやりたいと思っている浮気夫。

 

そんなときに、「妻から離婚はしたくないの、だから浮気をやめて……ねえ、お願い」と言われたら。

 

もちろん浮気はやめてほしい気持ちも伝わりますが、それよりも、妻もやっぱり離婚がこわいんだな。。。と夫は思うことでしょう。

 

  • 妻は浮気は嫌がってるが、もし止めないとしても離婚はできないんだな。
  • またバレたら、ごめんねと謝れば妻は我慢するだろうな。だって、離婚したくないみたいだから。
  • もし妻が浮気についてごちゃごちゃ言ってきたら、「うるさいな!そんなだったら俺は離婚したっていいんだぜ?」といえば、妻は黙るだろうな。

 

ご主人はこのように解釈するかもしれませんね。

 

浮気中の男は、非常に都合のいい解釈をします。

 

そして罪悪感も薄れていたり、不倫女の影響で自制心も失っているのです。

 

そんな状態ですから、浮気を続けるデメリットがなければ、自分の意思できっぱりと不倫関係を止めることなどできないのです。

 

妻に離婚されるかも?という危機感が浮気の抑止力に

浮気夫といえども本気で妻と離婚して、女と一緒になるほどまで考えている人は少ないです。

 

その理由は、離婚というのは男性にとって非常にデメリットが多く、社会的信用も家庭も失い、経済的な損失も大きいから。

 

ですから本音としては、離婚などという面倒臭いことはしたくないのです。

 

一方、浮気をやめなければ妻からは離婚されるかもしれない、と思うとそれが浮気を継続する抑止力になり得ます

 

「このままあなたが浮気を続けるなら、私は離婚するかもしれませんよ」

 

と、妻が言ってきたらどうしよう?と、内心ビクビクしながら浮気を続けているのです。

 

ですから浮気をやめてほしいと伝える時に、あなたは離婚したくないという本音をわざわざ夫に伝える必要はないです。

 

もちろん、今あなたが離婚を決意していなくてもいいのです。

 

夫に浮気をやめてほしいと伝える時にだけ

 

「私は浮気をやめてほしいと思っている。さもなくば。。。」と最終的には離婚をするかもしれないということを匂わせて伝えた方が効果があります。

 

離婚への不安が強いときは無理しないで

あなたの中でもし本当に離婚になったらどうしようという不安があるときは、無理して離婚を匂わせる必要ないです。

 

あなたの心の覚悟決まった時に、徐々にそういったことを匂わせて交渉すればいいと思います。

 

実際本当に離婚になったらどうしようと動揺したまま、ハッタリで交渉しようとしても、言動に不安が現れてしまいますよね。

 

結局夫からは、「強気な事言ってるけど、本当は離婚なんかできないくせに?」と本心を見透かされて、むしろナメられてしまいます。

 

本当に不倫問題の交渉は夫婦といえども心理戦ですからね。

 

心理的強さを持っている方が勝ち、弱みをにぎられているほうが我慢を強いられる。(あくまで心理的に、です)

 

そのためまだ離婚は絶対嫌だとあなたが感じているのであれば、離婚というワードは封印して、とにかく浮気はやめてほしいと伝え続けることを優先しましょう。

 

離婚を避けたいなら「離婚だけはしたくない!」を手放す

離婚を避けるために離婚を決意する。。。何だか矛盾していますが、意外と重要なテーマではないかな?と思います。

 

離婚を避けたいなら、「離婚だけはしたくない!絶対離婚はしないわ!」という考えを手放した方がいいです。

 

その方が傷ついた心も回復しやすいし、何よりも奥さんの自尊心が戻ってきますからね。

 

「自分はいつまでも虐げられる女ではない、浮気をやめない夫にいつまでもすがりついている女ではない」と覚悟することは、自分を尊重して自分を愛する考えだと思います。

 

もう二度と傷つけられないように自分で自分を守ろう、と立ち上がることで、本来のあなたが戻ってくる。

 

そして、そんな覚悟を決めた奥さんの前で、浮気していた夫も何かを感じ、変化が起きてきます。

 

離婚が現実味を帯びてきたため、ビビって浮気をやめる夫は多いですから……。

 

もちろん、それでも浮気から足を洗えない夫もいますので、そのときはそのときで再度、自分を大事にしながら一番良い道を考えられたらいいのでは、と思います。