不倫ラリ中でも、妻を愛していて離婚なんて考えていない夫は多い

不倫中の男性は本当にラリってますか?ってくらい女に入れ込んでいるときがあります。

 

奥さんが家庭でその姿を見ていると「もうこの人は家庭への愛は残ってない、離婚したいと思っているんだ」と感じるでしょう。

 

「もうお前のことは女に見れない」とハッキリ言われてしまう奥さんもいますから、なおさらですよね。

 

しかし、不倫ラリ中でお花畑の夫でも、心の中のある一部分はきちんと機能しているので、妻は大事な家族でありパートナーであり、離婚なんて考えていないという夫は多いです。

 

ただ、奥さんから見てそうは思えないだけです。

妻と女、両方とうまくやりたい

不倫夫の本音は、「妻と女、両方とうまくやりたい。」です。

 

妻は絶対キープしたいし離婚なんて面倒なこともゴメンだ、だけど女も手放したくない。

 

これが不倫夫のベースとなる考えです。男性の本能的部分ですね。。。

 

一方奥さんも相手女性も、同じ「女性」なので、男性と女性が1対になっている関係が当然だし、そうでないと落ち着きませんよね。

 

もし、別に愛する男性が出来てしまったら、今までの男は邪魔になる。

 

愛する男性以外とセックスもしたくなくなる。これは女性の本能的部分です。

 

ですから女性は、男性が「両手に花」を望むことが、理解しにくいと思います。

 

ですが、どうか夫は男性であってあなたとは違う性であることをちょっとだけ理解してみてください。

 

夫は女との関係を切りたくないけど、妻との関係も切りたくない。

 

妻への愛が残っているのに、女に入れ込んでしまう。

 

こういうことが起こるのです。

 

「もう妻には愛がないんだ」と思い込まないで

これは、不倫夫に二股かけられるのをは仕方ないから諦めたら?というわけではないですよ。

 

そうではなく、相手女性に入れ込んでしまっている夫の姿を見て「もう妻には愛がないんだ」と思い込まないで、ということです。

 

それに、不倫中の夫は奥さんに対して冷たい態度を取ったり暴言を吐いたりすることが多くなりますが、これも奥さんへの愛が残っているから、ということも考えられます。(罪悪感とか自己嫌悪感とか)

 

さらに。相手の女性の人柄によって、不倫夫は心理的に操作されます。

 

妻に対して本当は思っていないことを、不倫女性から操られて、口走ることだってあります。

 

「離婚するっていう話、ちゃんとしてくれた?」と女にせっつかれて勢いで「お前とは離婚を考えてる」とボソっと妻に言う夫。

 

これは本心ではなく不倫女に「妻には離婚話したから」という実績をつくるためです。

 

他にも本当は女と別れたいけど、今までついてきた嘘を「嘘だった」と言えず、女に別れ話ができない不倫夫。

 

家庭に帰りたい、子どもと遊びたいと思っているのに、女に対して「もう妻とは終わった、君と一緒になりたい」と言ってしまい。

 

女から「家を出て同棲しようよ、離婚手続きしてよ」と引っ張られてしまい、そのままズルズル状態の不倫夫もいます。

 

 

しなくていい離婚、もある

不倫とは、相手女性が間に入っている問題ですからね。

 

妻に対する気持ちがあったとしても、相手女性に対して「いい人と思われたい」「怖くて別れたいと言えない」「都合よくヤレる女を手放せない」という弱い心があるから、なかなか妻のところへ戻れないという人は本当に多いのです。

 

ということで、夫が不倫をしているからと言って、妻への愛がすっかり消えたかというと、そういう人の方が少ない。

 

むしろその逆が多いということ。

 

もちろん、そんな夫を許してあげてとは思いません。

 

どうするかはあなたの自由だと思います。

 

しかし……本当は奥さんへの愛があって、離婚するまでもないご夫婦が、奥さんの勘違いから離婚になってしまうケースもあるので……そういうご夫婦って惜しいなと思います。