サイト運営者紹介

サイト運営者

おくだ まきこ
夫の不倫問題専門トラウマセラピスト・心理カウンセラー
使用技法:認知行動療法、認知処理療法、持続エクスポージャー法、ヒプノセラピー、NLPタッピングセラピーなど

メッセージ

私は現在愛知県にて、夫の不倫問題で受けたトラウマをケアするセラピー・カウンセリングを行っています。

最初は抑うつ気分や不安障害の悩む方々のセラピーを行っておりましたが、30代~40代くらいの女性のクライアント様のなかに、夫の浮気問題を契機に心を病んでしまった方が多くいることに気づきました。

そのため今は、夫の不倫問題で受けたトラウマをケアするセラピーに特化して取り組むようになりました。

夫の浮気問題は、妻の心を殺すほどの威力を持っていることを日々痛感します。たとえば……

夫の浮気を放置したために女が妊娠。強制的に離婚を言い渡され、ほぼ無一文の状態で放り出され、悲観してうつ病に。
夫を取り戻すために「愛され妻」を演じ続け、心に負担がかかりすぎパニック障害を発症。
浮気女と水面下で続いているのを見て見ぬふりをし、「いつか夫は戻ってくる」と信じつづけたものの8年経っても別れず、そんな状態に疲れ切ってうつ状態に。
浮気が始まったころから夫の人格が変わったようになり、暴言・暴力・モラハラ三昧。それでも3年耐えたが、もう心が限界になり自殺未遂。

長年「愛され妻」を頑張って夫の浮気が終わることを期待していたが、夫が女と共に家を出ていった。

その際に、妻が子供のために貯金してきたお金を全部持って行ってしまった。

その後離婚届けを勝手に出され家も売られてしまったので、生活保護を受けながら子どもと市営住宅に移ったが、直後に子どもが不登校に。

この展開でとうとう本人も心が折れ、うつ病を発症。

このように、心が病んでしまった方には、専門家による心理療法(セラピー)が必要になります。

こんな状態になってしまう前に、何とかご自身のできる範囲で夫の不倫問題に対処してもらい、心の傷が広がらないようにして欲しいと思いこのサイトを立ち上げました。

夫の不倫問題で、妻は本当に大きな傷をつけられますよね……。

その後に間違った対処法にハマってしまうことで、心の傷は「病」といえるまで深くなることがあるのです。

まだ心の傷が広がっていないのであれば、正しく対処すれば病んでしまうこともありませんし、夫の不倫問題も解決できるかもしれません。

夫の不倫問題を対処するにあたって一番大事なのは、あなた自身がどうしたいのかを正直に感じること。

本心で夫と向き合うこと、そしてそのときにあなた自身がきちんと納得した方法で夫と今後どうするかを決めていくことです。

誰もあなたの人生を選択できないのですから、自分の人生を自分で決めていく力をつけながら、不倫問題に対処していく必要があると思っています。

夫の愛を取り戻す!よりも、自分の人生を自分で選択する!

自分を取り戻すことで、夫の不倫問題は解決に向かっていきます。

水面下不倫を見抜く力も、二度目三度目の不倫問題が起こることを本当の意味で「防ぐ」のも、妻が「自分を取り戻す」ということに派生して、自然にできるようになっていきます。

最初はボロボロになっていた女性が、徐々に自分を取り戻し、今まですがっていた夫との関係を対等な目線で見られたとき、あっけなく夫が家庭に戻ってきたという事例。

夫にさんざん不倫を繰り返され、虐げられてきたためにうつ病になっていた女性が、「私はいつまでもこんな扱いを受ける女ではない」と健全な自尊心を取り戻し、その後有利な条件で離婚、自由で快適な生活を力強く歩みはじめたという事例。

こういった方を身近で見ていると、不倫問題の解決力は本当はどの奥さんも持っているのだと実感します。

しかし、まだ自分を取り戻しておらず、夫にすがったり、弁護士や探偵に解決してもらおうと誰かに依存しているときは、どうしてもうまく現実が回らない。

「どうしたら夫は戻ってくる?」「夫から離婚されたら生きていけない、誰か何とかして……」

このループにはまって抜け出せないと、次第に心が病み、自分を取り戻すどころかどんどん自分を見失っていきます。

最初は誰もが混乱して自分を見失いますよね。

しかしその後に「自分を取り戻す努力」を始めた方々は、解決力を身につけられます。

さらに、自分にとって最良の道、幸せの道を、遠慮なく歩めるようになっていきます。

その道に夫がいればそれも良いし、夫がいなくても変わりなく幸せな道を歩いていける。

夫の不倫問題をきっかけに、自分で自分を幸せにしてあげられる思考が身に付くのです。ここまでくれば、その方の人生にもう怖いものはありませんよね。