浮気している旦那を泳がせるなら目的意識を持って泳がせるべき

旦那さんが浮気していることに気づいたとき、問い詰める勇気がなかったり証拠がなかったりすると、しばらく泳がせるという選択しか出来ないことがあります。

 

ただ、泳がせるというのは期間を決めておく必要があるでしょうし、妻の側もある程度「泳がせる目的」を定めた方がいいです。

浮気している旦那を泳がせる

夫の動向があやしい……浮気に違いない。妻が気づいても、さまざまな理由があって、泳がせるという選択をする人もいます。

 

そもそも夫の不倫に気づいて瞬間的にどうするかを決められる奥さんはいません。

 

ショックで硬直して何も考えられない人や、いきなり心身不調が出てしまってそれどころではなくなる人もいます。

 

そんなときは「泳がせる」という名目の「妻の休息」も大事です。

 

あなたの心が落ち着いて冷静にならないと、正しい対応はできませんからね。

 

泳がせる目的を持とう

徐々に心が落ち着いたら、浮気中のご主人を泳がせる目的を考えてみてください。

 

無目的でずっと泳がせ続けるのではなく、○○ができるようになるまで泳がせる、みたいな感じで目的と期間を定めるということです。

 

たとえば、夫の不倫発覚をきっかけに、離婚を視野に入れる人もいるかと思います。その場合は、泳がせるのは非常にメリットがあります。

 

不貞の証拠を確保できる

離婚を視野に入れている場合、夫の不貞の証拠があれば、別れる際に夫にも相手の女にも慰謝料請求がしやすくなります。

 

不貞の証拠は、夫と相手の女が「妻バレしてない」と思い込んでいるときの方が格段に撮りやすいです。

 

そのため、離婚を考えている奥さんは、浮気中の夫を意図的に泳がせて、その間に調査会社に依頼し、不貞の証拠を撮ることをお勧めします。

 

一方、感情的になって「あなた浮気してるでしょ!」と問い詰めてしまうと、当たり前ですが不倫カップルは警戒します。

 

警戒している不倫者たちの証拠を撮るのは、敏腕の探偵でも非常に難しいのです。

 

そうなると証拠撮りの日数もかかり、伴って調査費用もかかります。

 

ですから離婚を考えている人は、冷静になって戦略的に泳がせてください。

 

ちなみに、離婚をするかしないかをこの段階で決定している必要はないと思います。

 

ただ、「もしかしたら離婚も考えないといけないな……」と感じるのであれば、泳がせている間がチャンスだということです。

 

さらに、離婚の際に有利な条件での離婚や、高額の慰謝料を取りたいと思っているのであれば、裁判になっても使える証拠があるとベストです。

 

離婚準備時間の確保

離婚を考えているなら、夫を泳がせている間に離婚準備ができます。

 

養育費や慰謝料の計算、財産分与のために夫の財産をこっそり調べたり、ご自身の離婚後の生活設計など、離婚するには大変な準備が必要ですよね。

 

その間には夫が表面上「妻に不倫はバレてない」という状態の方が、水面下で準備しやすいです。

 

心の平安

不倫中の夫と、「妻が不倫を知っている」という前提で話し合いはじめると、夫婦仲は当然険悪になることが多くあります。

 

夫に「知っているのよ」と伝えることによって、多少なりとも夫の態度は変わります。

 

素直に不倫を認め、謝り、女と別れ、妻の傷に寄り添い、夫婦円満に戻る……というのは本当に稀なケースです。

 

多くは妻にバレたと分かった途端、逆ギレして妻を責めたり、不倫を正当化したり、妻に対して冷たい態度を取ったり……これでもか!というほど妻は傷つくことが多いです。

 

泳がせておけば、その間は表面上ではあるものの、夫婦間に波風は立ちません。

 

その間、直接的に傷つけられることがないので、心が平安でいられます。

 

不倫をやめさせ修復したい場合

一方、夫の浮気・不倫が発覚したとしても、絶対離婚までは考えられないという人の場合。

 

その場合こそ、夫の浮気を「泳がせる」ということに期間を定め、目的を持っていた方がいいです。

 

時機を見て確認することを前提に、泳がせつづけないでください。

 

夫の真実を見定める時間

夫が本当は不倫をする人であった。夫は妻を傷つけ、水面下でコソコソ別の女性と性行為をしている。

 

それはあなたにとって衝撃の事実でしょう。

 

もうこれ以上、真実を知りたくない!と思うかもしれません。

 

しかし、夫婦再構築を考えるならなおさら、夫の真実を知る必要があると思います。

 

とても辛いとは思いますが、泳がせている間に、夫がどういうウソをついているのか、どのような言い訳をして女と会っているのか。

 

真実の姿を見る時間と定めてください。

 

再発防止のために行動パターンを把握

真実の姿を見定めること以上に、再発防止のために行動パターンを把握しましょう。

 

不倫する夫は、その人独特の「決まったパターン」で不倫に陥り、決まったパターンで女と会い、決まったパターンの言い訳を妻に言う傾向があります。

 

不倫を始めるきっかけが、非常にストレスが多い時期であるとか。決算期や年末の忙しい時期に風俗通い癖が出やすいとか。4月の新年度、新しい出会いがある時機に不倫を始めやすいとか……。

 

また、女と会うときのパターンも結構決まっていたりします。

 

出張と偽って大抵月末にお泊りする、平日の夜残業と偽って午前様、などです。

 

このパターンを把握しておくと、相手の女がどういう女なのかわかることもあります。

 

(会社の同僚や部下だと、平日夜とか出張と偽るお泊りが多いし、ダブル不倫の主婦の場合は平日に有休を利用して会っていたりします)

 

泳がせている間の方が、夫は無防備ですから行動パターンを把握できると思います。

 

しっかり記録しておくと、泳がせ期間が終わった後も役立ちます。

 

相手の女と別れたのか、まだ水面下で継続中なのかを見極めたり。

 

あるいは一度目の不倫が終わっても、機会があれば再発するかもしれませんが、そのときに行動パターンを把握している妻であれば、見抜けるようになれるからです。

 

証拠を取る(できる限りでOK)

泳がせ期間にできる限りの不貞の証拠をとっておきましょう。

 

離婚を前提としていなくても、証拠があると、いざというときに助かります。

 

調査会社へ依頼する余裕がなければ、自分でできる範囲でいいです。

 

泳がせ続けるデメリット

不倫をやめさせ夫婦再建したい人こそ、泳がせ続けてはいけないと述べてきました。

 

なぜなら泳がせ続けることにはデメリットが多いからです。

 

「俺の不倫はバレない」と自信をつける

泳がせている間、夫は「俺は不倫をしていても、妻には気づかれない。うまくやれる」という自信をつけてしまいます。

 

たとえその不倫関係が何らかの事情があって自然に終わったとしても、「俺の不倫はバレない」という妙な自信をつけた夫は、また別の機会がめぐってきたら再発させるかもしれませんよね。

 

一度でも不倫を体験した男性は、妻バレせずに乗り切ったとき、不倫が甘い思い出となってしまいます。

 

「バレなければ浮気くらいいい」と思っているから不倫ができてしまうのに、妻がガマンし続けていれば、ずっとその感覚のままです。

 

不倫関係が深まる(女の妊娠、略奪思考)

泳がせている間に、不倫女との関係性は深まる可能性があります。

 

最初は軽い遊び程度だった関係でも、徐々に女へ入れ込んでいくこともあります。

 

女の方も、最初は健気な日陰の女でいたとしても、年数が経つと結婚適齢期を過ぎ始めて「奥さんと別れて!私と結婚してよ!」となる可能性だってあります。

 

さらに、不倫は性行為ですから、女が妊娠する可能性だってゼロではない、というかむしろ多いのです。

 

「しょせん不倫だから、いつか女に飽きて妻に戻る」というのは昔の話です。

 

最近の不倫は、相手の女の方が略奪思考が強いですから、妻がのんびりしている間に不倫者たちは着々と離婚・再婚の計画を立てているかもしれないです。

 

今はその状態でなくても、泳がせ期間が長くなればなるほど、リスクは上がっていくのです。

 

泳がせている間の辛さから現実逃避しないで

夫の浮気に気づいたのに、泳がせるしかないときは辛いと思います。

 

離婚になるんじゃないか?捨てられるのかも?という不安、どうしたらいいのかわからない絶望感。

 

そんなとき、「夫を黙って待っていれば、必ず妻の良さに気づいて戻ってくる」という甘い意見を耳にすると、どうしてもそちらを信じてしまいますよね。

 

もう少し泳がせてもいいかな……妻なんだからドーンと構えてあげた方がいい……。

 

しかし、その思考は危険な現実逃避だと思います。

 

夫と向き合うのが怖いから泳がせる、夫婦ゲンカしたくないから不倫について黙っておく。

 

これは一時的には楽でいられますが、その夫婦が今後どうなっていくかは本当にわからないです。

 

そのため、泳がせるのであれば、期間を決めて目的を持つことが大事です。

 

そして夫婦やり直したい方であればなおさら、いつか泳がせるのをやめ、夫と向き合う必要があると思います。