旦那の浮気・不倫問題、最強の武器は女の勘【勘を鈍らせないで!】

最近旦那が怪しい。何かある……!!

 

なぜ?と言われても説明できないけど、夫に別の女性がいるような気がする……。

 

このようにはっきりした理由はないけど、旦那さんが浮気していることを「女の勘」で見抜く人がいます。

 

もしそういった経験があるなら、女の勘はぜひ大事にしてください。

 

女の勘で不倫を見抜く妻たち

理由は不明ですが、太古の昔から女の勘は当たりますよね?

 

特に、恋人や夫など、自分にとってとても大事な人のことは、アンテナの感度も高いです。

 

夫の不倫に気づいた奥さんたち、そのきっかけは、やはり「女の勘」。

 

  • 帰ってきた夫の「ただいま」の声のトーンで、浮気したのがはっきり分かった
  • 携帯を閉じるときのしぐさで、怪しいと思った
  • 洗濯物のなかにうずまっている夫の下着が、何だか「意図的に隠されている」ような形をしていたので浮気パンツチェッカー(?)で調べたらクロと出た
  • 「明日から出張だから」と言う夫の首の動きでピンときた

 

女性なら誰もが、これらの「勘」がどのような感覚か、わかりますよね。

 

(男性にはわからないらしいですよ。)

 

そして、理由はわかりませんが、こういった女性の勘、特に、悪いことを予感するタイプの勘は、かなりの確立で当たるのです。

 

勘を働かせるのは女性の生存本能

女性の勘が鋭いのは、生存本能の一部なのでしょう。

 

子どもを産み育てるには、危険を察知し、生き延びるために体力とは違った能力が必要。

 

勘の鋭さはそのために備わっているもので、「第六感」と表現する人もいますよね。

 

「夫が別の女性と関係を結んでいる」というのは女性にとって危機的状況です。

 

愛する人に裏切られ、生活の安定を奪われるかもしれない不安に突き落とされ、女性としての自信も尊厳も破壊されてしまう不倫……

 

そんな環境にいるとしたら、おそらく多くの女性が生存本能である「勘」を働かせるので、不倫・浮気行為に気づくのだと思います。

 

一方男性は……妻の不倫に気づかない人が多いと言われています(もちろん人によりますが)

 

誰かに「お前のかみさん浮気してるぞ」と言われて探偵に調査してもらって初めて妻の不倫に気づいたという男性がいますが、女性ではあまり聞かない話です。

 

不倫問題があるなら最強の武器は女の勘

女性には生まれ持って「勘」という説明しづらい能力が備わっています。

 

特に、結婚・出産・家庭での安定は女性にとって大事なものです。

 

ですからもし、それを脅かす夫の不倫問題があるのなら、女の勘はとことん使いこなしてください。

 

勘を研ぎ澄ますようにしていてください。

 

一度でも不倫をしたことのある夫であったり、独身時代から女性癖の悪い人であればなおさらです。

 

  • 不倫しているのか、終わったのか
  • 終わったと言いながら水面下で続いていないか?
  • 女とはいつどこで会っているのか
  • 夫は、相手の女性にどういう気持ちでいるのか?

 

などなど。妻が勘を研ぎ澄まして夫を観察してみれば、ある程度把握できるはずです。

 

妻の勘を最強の武器として使っていた奥さんは、夫の不倫問題を早めに解決されています

 

なぜなら、不倫の発覚が早くなるから。

 

不倫問題は早めに対処する方が泥沼化を防げるし、解決も楽なのです。

 

不倫解決に一番大事な「女の勘」を鈍らせるものとは?

しかし、現代社会のなかで暮らしていると、女の勘を鈍らせるいろいろな邪魔者がいますので注意して欲しいです。

 

女の勘を鈍らせるものとは……

 

夫を信じすぎ

夫を信じすぎると、勘は鈍ります。

 

「まさかうちの夫はそんな人じゃないから大丈夫」と、夫のことを過大評価。

 

夫にそれとなく聞いてみたら「あの女性は仕事の関係者、絶対不倫なんてありえないよ」と言われたので、その言葉に安心して信じ込む。

 

これだと真実に気づくのが遅くなりますよね。

 

本当はあなたの勘はしっかり働いていて「夫が怪しい」「何か変だ」と感じているのに、それを一生懸命「夫を信じなければ」という信念で打ち消してしまっている状態です。

 

世間や他人の意見や「常識」

夫の浮気に気づいたとき、誰かに相談したら

 

  • あなたの夫に限ってそれは無いわよ
  • 怪しくたって、ドーンと構えているのがいい奥さんよ
  • 放っておいた方がいいわ、騒ぐと悪化するから
  • どうして愛する夫を疑うの?疑うから、そうなっちゃうんだから、疑わないほうがいいよ!

 

みたいな意見を言われて、せっかく発動した女の勘を封じ込めてしまう人もいますね。

 

何度も勘は働くのに、その都度他人の意見や一般常識みたいなので打ち消してしまう……。

 

何度も封じ込めをしているうちに、勘そのものが働かなくなっていき、ついに何も気づけない妻になってしまうということです。

 

不安からの現実逃避(見て見ぬふり)

夫の怪しい言動に気づいたのに、その後夫と向き合うと関係が壊れてしまうのが怖すぎて、自分で自分の勘を封じ込める人もいます。

 

「何かの間違いに違いない」「うちの人に限ってありえない」と、自分の不安から目を背け、現実逃避して見て見ぬふりを続けてしまうのです。

 

これも同じく、続けているとせっかくの勘も働かなくなります。

 

不倫行為のあきらかな物的証拠が出ているのにもかかわらず目を背け続ける奥さんもいますが……問題を先送りしているだけの状態です。

 

「最良の道」をすすむために、女の勘は働いている

「勘」とは、おそらく誰もが持っている自己防衛機能なんだと思います。

 

女性の場合はとくに敏感に発達している能力。

 

ですから封じ込めてはいけないです。

 

細かいことに気づいてしまうことに腹が立ったり、夫を疑ってばかりの生活にも疲れますよね。

 

「もう勘なんか要らない、気づかずにいられたら楽なのに!」と思うときもあるかもしれません。

 

ただ、不倫問題だったら、やはり早く気づけて早く対処できた方が、結果的にはいいですよね。

 

その一瞬が辛くても、長い目で見て「最良の道」をすすむために、女の勘は働いている。

 

あなたとお子さんを守るために、遺伝的に引き継がれてきた大事な機能なのです。

 

ですから女の勘を「猜疑心」とか「嫉妬心」みたいに、悪くとらえないでください。

 

勘を打ち消さず、勘に正直に生きていく方が、本当の意味での幸せに近づくのだと思います。