不倫は夫が追う関係より不倫相手の女がしつこい関係の方が終わりにくい

不倫は夫が追う関係より不倫相手の女がしつこい関係の方が終わりにくい

夫が浮気をしていて、その相手のことを本気で追いかけているように見えるとき。

 

奥さんから見れば、本気だからこそ、女と別れることは難しいのではないか?と不安になると思います。

 

しかし現実は、浮気夫側が女を追いかけているような関係より、女の方が夫に執着してしつこく追いかけてくるような関係の方が別れにくいようです。

 

浮気夫が本気で女を追っているように見えるとき

浮気中の夫が、女にのめり込んでいるように見える時があると思います。

 

恋とか愛とか、そういう純粋な気持ちで女を想っているように見えるものですが、そうではないです。

 

男性は激しい性欲を、恋愛感情と勘違いします。

 

特に浮気を始めたての初期段階では、強い性欲をかきたてられているので、相手女性に本気で恋しているような錯覚をしています

 

ですから性欲MAXの時期には、浮気が奥さんにバレて別れなければならない状況になっても、なかなか別れられないでしょう。

 

ただ、性欲は必ず冷める時期が来るので、この頃に適切な働きかけがあれば、夫も正常な判断力が戻ってくるため、浮気をやめることもできるようになってきます。

 

男性側が性欲に突き動かされて女を追いかけているような関係のとき、女の方がむしろ冷めていて遊び感覚、ということもあります。

 

ちょっと刺激を感じたいとか、恋愛気分を楽しみたい、女として扱って欲しい、くらいの軽いノリで不倫をしている女。

 

そういう女の方が不倫関係に人生を賭けてはいないので、別れるべき状況になったら結構あっさり消えていく、ということもあります。

 

別れた後、浮気夫は未練でため息をついたり無気力になったりもしますが、女との関係が切れていれば、次第に元の状態に戻ってきます。

 

しつこく追いかけてくる不倫女

一方、女の方が既婚男性にのめり込み、絶対にこの不倫恋愛を成就してみせるわ!!という執念を持っている場合。

 

こういう女は、ひと昔前の「愛人」とは違って、日陰の女のまま耐え忍ぶことはありません。

 

絶対に奥さんと別れて私と結婚して!絶対に私は諦めないわ!みたいにハードに迫ってくるのです。

 

恐ろしいですが……そういう不倫女がいるという事実。

 

なぜ既婚男性などという障害だらけの男にそこまで執着するわけ?と不思議ですよね。

 

ただ、不倫女のなかには本当に略奪思考の強い人がいるので、こういう女が相手だと、非常にやっかいです。

 

別れさせる努力を何度しても、結局水面下で続いていたとか。

 

女の方が逆恨みをして、奥さんや子どもに攻撃をしかけてくるとか。とにかく執念で夫に食い下がってくるのです。

 

 

浮気夫は女からの誘いを断れない

ちなみに……相手の女が「絶対別れない」という考えの女だと、不倫男性なんて簡単にその波にのまれてしまいます。

 

男性側には相手女性の誘いをキリッと断る意思はないからです。

 

たとえ奥さんにバレて修羅った後であっても、相手女のしつこい秋波をかわし切れないのです。

 

弱くて優柔不断で、下半身を制御できないから浮気するわけですから。

 

別れなければならない状況になり、相手女への恋愛感情もないのに、女からしつこく誘われると、ふらふら~とまた会いにいく夫。

 

もう絶対に相手とは別れよう!妻をこれ以上傷つけてはいけない!と、心底決意したはずなのに、女からまた誘われると、ふらふら~っと……。

 

ですから夫が「あの女とは別れるから安心して」と言っても、本当に別れることができるかといえば、それもすべて、「女次第」ということになります。

 

不倫関係は、女の方からの別れが多いので、女が「もう、この不倫関係はやめないと、自分が損するだけだ」ということに気づかないと、どうしてもズルズル続いてしまうということ。

 

ですから夫側にだけ別れるよう言い続けても変わらないので、しつこい女に対しては奥さんが勇気を持って対峙すべきときもあると思います。

 

女がしつこく食い下がる理由

奥さんの方から女に働きかけるのは、リスクももちろんありますし、何をしてもダメでした、というケースも多いです。

 

しかし、くどいようですが、何もしなければ現状維持ですからね。。。

 

まず、女と対峙する前に知るべきなのは、「なぜ、その女は、夫との関係にしつこく食い下がってくるのか」ということです。

 

それは、この不倫関係によって、何かを得られているからです。

 

勘違いであることも多いですが、女は不倫によって得られるものがあると思っている。

 

だからしつこく食い下がってくるのです。

 

多くの不倫女が「不倫で得られていると思っているもの」は……

 

私は奥さんより愛されている、という優越感

「奥さんより私の方がずっと愛されている、女として一番、彼に求められているの」という優越感です。

 

ポイントは「奥さんよりも」という部分です。

 

比較対象である「奥さん」という女性がいて、その人よりも自分の方が愛されている!と感じられる。

 

だから、不倫という三角関係に自ら入り込んでくるわけです。

 

そして徐々に、「彼が奥さんと別れて私にプロポーズしてくれた」という結果を出したくなるのです。

 

成就できれば「妻より私の方が愛されているんだ!」と勝利宣言できますからね。

 

そのため、夫に対して「奥さんと別れて」「家庭に帰るっていうなら死ぬわ」みたいな圧力をかけていることも多いです。

 

こうなってしまうのも、浮気夫の方が女の不安定な心理を怖れて、また嘘をついてしまうのが一因です。

 

「妻がもう会うなっていうから会えないんだ、本当はキミを一番愛してるけど、もう俺たちは別れた方がいいんだよ」みたいな曖昧な別れ話をしたり。

 

「子どもが高校生になるまでは離婚はできないよ、それに君を待たせるのも悪いから、もうこの関係を終えよう」みたいに自分が悪者にならないような言い方をしたり。

 

こういう自己保身的な浮気夫の言葉を勝手に脳内で変換して「私は奥さんより愛されているのに、奥さんが彼を離さないから、私たちは結ばれない!」と思い込む。

 

自分が実は都合よく性玩具として扱われていただけで、しかも、もうすでに飽きられているということに気づかないので、いつまでも男性に食いついてくるのですね。

 

このタイプの不倫女はメンヘラ率が非常に高いのでハイリスクですが、浮気夫以外の誰かから「あなたが求めているものは、彼は与えてはくれない」と、はっきり知らされるべきだと思います。

 

つまり、その夫婦は離婚などしない、破たんなどしていないし、これからもずっと仲良し夫婦で居続ける。

 

不倫女と再婚するなんてありえないから、あなたはいつまで待っても希望どおりにはならないよ、ということをはっきり理解させないといけないということです。

 

彼からは愛されていない、奥さんと離婚するというのは嘘だった、いつまで待っていても成就は無理なんだ……。

 

そこに気づいて、彼からは何も得られないから、もうやめよう、と女が思わないといけないのです。

 

ただ、繰り返しますがこのタイプの女はメンヘラが多いので、こうなった瞬間に被害者ぶって「彼に騙された!セクハラだって言ってやる」とキレたり。

 

自宅まで押しかけてきて嫌がらせをしてきたり、といったやっかいな展開になることもあります。

 

実益(お金、待遇)

あと、しつこい不倫女の中には、浮気夫からお金や待遇などの「実益」が得られるのでその関係にしがみついている人もいます。

 

  • 愛人として月々のお手当てをもらっている女
  • 男にアパートを借りさせて、そこに住んでいる女
  • 浮気夫が経営者や役員で、女が社員、あるいは部下、(仕事上で優遇してもらったり特別手当をもらったりしている)

 

こういうのが代表的なパターンです。

 

女にとって浮気夫は金ヅルですから、もし別れることになったら生活に支障が出てしまう。

 

死活問題なので、しつこく食い下がってくるのは当然といえます。

 

これらも、女の方が「この男からは、もう実益を得られない」と諦めないと駄目ということです。

 

もうすでに恋愛感情などない場合であっても、お金とか待遇が女の方に流れているのであれば、女は食い下がってきます

 

ですから夫本人がしっかり別れを決意し、お金や待遇を与えなくなっているのか要確認です。

 

また、どうしても夫にそれができないなら、奥さんの方が管理して、実益が女に流れるのをせき止めないといけないと思います。

 

相手女の執念レベルが高い方が、解決が難しい

別れるか否かは、女次第……そう思うと奥さんとしては非常にむなしい気持ちになりますよね。

 

夫の意思で不倫女を遠ざけて欲しい。妻の価値に気づいて、自ら家庭に戻ってきて欲しい。

 

そう願うのもわかりますが、くっついている不倫女によっては、夫の意思だけでは別れられないということもあります。

 

夫の気持ちが女にどれだけ向いているか、よりも、相手女の執念レベルが高い方が、難しいと思います。