不倫洗脳により「俺はモテる」と勘違いした浮気夫は強気で妻に開き直る

浮気をしている最中の浮気夫は、不倫女との限られた狭い世界の中で「自分はモテる男だ」と勘違いしています。

 

芸人でもいましたよね……不倫がバレて「俺、モテちゃって」と笑っていた奴。

 

モテているわけではないのに、やっていることは人として底辺なのに、不倫の独特の閉鎖性のせいで洗脳され、自分勝手な勘違いをする不倫者たち。

 

そしてその勘違いは、奥さんへの開き直りや暴言として現れることがあります。

 

強気で開き直る浮気夫

  • 俺の居場所はここじゃない
  • 俺を自由にしてくれ
  • お前は俺に〇〇してくれなかったじゃないか、そんなの愛じゃない
  • 俺をもっと大事にしてくれる人がいる
  • お前はわかってない
  • 俺がこうなった(浮気した)のはお前のせい
  • そんなに俺を悪くいうなら離婚でいいよ、離婚してやる
  • 俺を解放しろ、お前と俺はもう釣り合わない ……etc

 

強気で自信たっぷりな態度で、堂々と言い放つ夫。

 

そんな姿を目の前にすると、浮気されたショックでダメージを受けている奥さんは、夫が上で自分が下の立場のように感じると思います。

 

  • 夫から棄てられたくない
  • 夫の心を取り戻したい
  • 私が悪かったのかも、改善すれば元に戻れるかも

 

そのように感じるのは、ある一定期間は仕方がないです。

 

ただ、心が回復してきて少し冷静に考えられるようになったら、以下のことを考えてみてください。

 

女から偽りの誉め言葉で身の丈が見えなくなっている

夫はなぜ、そんなに強気なのか。

 

それは、不倫の共犯者である女が近くにいて、その女から偽りの誉め言葉をたくさん言われているからです。

 

不倫者たちはお互いの汚い部分や地味な部分を見せ合っていないので、いくらでも言葉で持ち上げあうことができますよね。

 

  • あなたは最高な人よ
  • あなたはもっとできる人のはずだわ
  • こんなことはじめて

 

不倫者たちは本当に、「歯、浮きません?」くらいの誉め言葉を、ひょうひょうと言い合っているのです。

 

普通の脳がある成人男女なら、自分がどの程度の人間なのか、身の丈がわかっています。

 

一方、不倫者はその閉鎖的な関係のなかで、身の丈が見えなくなっているので、お互いを騎士と姫だと都合よく勘違いしているのです。

 

さらに不倫女の「奥さんへの嫉妬心」が高まってくると、浮気夫に対して奥さんをおとしめるようなことを吹き込むのです。

 

  • あなたの奥さんはあなたを大事にしていないわ(私だったらもっと〇〇してあげられるのに)
  • 奥さん、あなたに〇〇って言うなんて、本当にひどいわ(私はそんなこと言わない)
  • あなたはもっと力があるのに、それを抑えているのは奥さんよね
  • どうしてあんな奥さんと一緒になったの?あなたならもっと……
  • 愛のない家庭に帰るのって、地獄よね
  • 奥さんにお金だけ盗られている生活、もううんざりじゃない?

 

こう言われると、不倫男性は身の丈が見えなくなっているので、「俺はもっと大事にされてもいいはずだ」「俺はもっと〇〇されるべき存在だ」と、傲慢になっていく。

 

そんななか、不倫女の嫉妬心から出た奥さんへの悪口を聞くと、「そうだ!確かにそうだ」と妙に納得。

 

徐々に、結婚生活の方が間違っていて、不倫女との関係の方が本来の自分の居場所なのではないか?と思い込んでいくようになります。

 

カルト洗脳に似た構造

これは、宗教やカルト集団の洗脳とすごく似ているのです。

 

宗教やカルト集団に取り込まれてしまった人は、現実の生活で大事にすべき人を遠ざけますよね。

 

そして「本来の俺を見つけた!」「私のことを一番わかってくれる人たちなの!」と聞く耳を持たず。

 

開き直って「お母さんは私のことをいつも〇〇って言うじゃない」「私のことわかってくれてないじゃん」みたいな青臭いことを言い、家から飛び出してカルト集団へとのめり込んでいく。。。

 

洗脳集団内では何が起こっているかというと、それも不倫者たちとほぼ同じようなことです。

 

閉鎖的な空間にとじこめ、「キミはもっと能力がある、本来の君はそんな人間じゃないんだ」みたいに根拠なく持ち上げ

 

「この場所ならもっと輝けるんだよ」と、その集団の中で地位や権力を与えていくわけです。

 

そうすると、「ここが自分の居場所だ、自分を一番わかってくれる人たちだ」と洗脳されていき、ますます現実世界にいる大事な人たちが「自分をわかってくれない奴ら」に見えていきます

 

不倫者たちはやっていることが後ろめたいので、現実世界で大事にすべき人たちからコソコソ隠れないといけないですよね。

 

だから男女ともに、「君しかいない」という閉鎖的な状態に追い込まれて行きます。

 

その環境の中で、根拠なくお互いを褒め合い、夢だけを語り。

 

永遠の愛・純粋な思いやり・みたいなトークをくりかえすうちに、カルト洗脳とおなじようになっていくのです。

 

そんな状態の夫が、奥さんに強気で開き直っている、ということです。

 

不倫洗脳に陥っている夫に引っ張られないで

これをそのまま、奥さんが鵜呑みにしてしまってはいけないのはわかりますよね。

 

夫は洗脳状態のなか、身の丈が見えていないし、現実世界では誰が本当に大事な人なのか、守るべきものは何なのか、分からなくなっている

 

その人の発言をまともに受けていたら、奥さんも洗脳状態へ引っ張られていることになります。

 

そしてそれは、不倫女の洗脳に夫婦ごと引っぱられているのと同じことになりますよね。

 

ですから強気で開き直る夫は、本心から、正気で言っているのではないということを理解しておいてください。

 

今までずっと支えあってきたのに、浮気を始めてから開き直ってないがしろにされると、とても辛いと思います。

 

ただ、不倫中の男性は洗脳と似たような状態になっていて、身の丈以上に強気になっているだけです。

 

現実で大事にすべき人の価値が、一時的に分からなくなっているだけです。