真面目な夫の浮気、相手女性に負い目を感じて別れられないことがある

根が真面目な夫が浮気の世界に入ってしまうと、その真面目さが邪魔して、なかなか浮気をやめられない、ということが起こります。

 

テキトーなヤリモク男は、自分勝手に女と遊んで音信不通、とかを平気でしますけど、根が真面目な人はそれができない。

 

そのうえ、相手女性に負い目を感じやすいのです。

 

さらに不倫相手の女性が被害者意識の強い人だと、よけい別れにくい関係になってしまいます。

 

真面目な夫の浮気

真面目な男性でも、浮気にハマることはよくあります。

 

妻に対しても誠実で、仕事でも認められ、人格も優れている。

 

なのに……!ということも結構あるようです。

 

さらに、真面目なのだから、奥さんにバレたらきちんと反省して、すぐにやめるでしょ?と思われがちですが、真面目だからこその理由でなかなか浮気をやめられない、というケースも多いです。

 

なぜなら、真面目な男性は、一旦作ってしまった不倫関係についても真面目に考えてしまうからです。

 

浮気相手の女性への負い目

真面目な夫が浮気をやめられない一番の理由が、相手女性に対して負い目を感じてしまうからではないでしょうか。

 

本来不倫というのは、夫も悪いけど女だって既婚者と知っていて関係を結んだわけですから、どちらも平等に悪いですよね。

 

しかし真面目夫はなぜか、不倫という不法行為の責任を自分だけで背負うことがあります。

 

さらに相手女性が以下のような状態だとより一層「悪いことしたな……」と罪悪感を持ちます。

 

浮気相手女の妊娠、中絶、隠し子

一番ヤバいのが、相手女性が妊娠することです。

 

既婚者のままでは一緒に育てることは無理なので、途中で中絶させたり、「絶対産む」と言われて隠れて産ませたり。

 

いずれにせよ婚外子ができてしまうと、真面目夫は不倫女に対して強烈に負い目を感じることでしょう。

 

奥さんに隠れて、女に養育費みたいなお金を払っているケースもあります。

 

浮気女を長年待たせた、婚期を逃させた

相手女性が独身であり、結婚適齢期あたりから浮気を始めた場合。

 

その女性を手放したくないために「もう少ししたら妻と離婚するから、待ってくれ」と嘘をついて、長年待たせていることがあります。

 

3年とか5年とか待たせていると、女も年を取って婚期を逃しますよね。。。

 

婚期だけならまだしも、出産可能年齢を超えるまで待たせている人もいる。

 

そして女からも「いつになったら離婚するの?いつまで待てばいいの?」と言われるものの、奥さんに離婚を切り出す勇気もないままズルズルしてきてしまった、というタイプですね。

 

浮気相手女性の勝手な被害者意識

相手女性が、被害者意識が異常に強いタイプの場合、真面目系の夫はいわれのない罪悪感を負わされます。。。

 

  • 前はあんなに愛してくれたのに、もう冷めたの?
  • 奥さんのところへ帰るの?奥さんのこと愛してないって言ってたのに、嘘つきね!
  • 私は騙されてあなたと付き合ってしまったけど、セクハラの延長よね?
  • あなた既婚者で子どももいるくせに、独身の私をもてあそんで、飽きたら棄てるなんて勝手なことしないでね
  • 別れるって言うなら、私の親に相談してあなたに慰謝料請求するから!

 

不倫女も共謀して不倫しているわけですから、片方が加害者で自分は「騙された被害者」とするのは、あまりにも身勝手ですよね。

 

ただ、真面目な男性はこういうトンデモ論理でも、女から責められると普通に信じてしまうのです。

 

浮気相手女性からの圧力で豹変

真面目な夫がある日突然妻に対して狂暴になったり、冷たくなったりモラハラを始めたりすることがありますよね。

 

強烈に離婚を迫ってくるとか、家を飛び出してしまうとか、子どもに対しても無関心になり、家にお金を入れずに、とにかく「離婚してくれ、俺を自由にしてくれ」ばかり。

 

あの真面目だった夫が、浮気を始めてから人格崩壊してしまった……。

 

このようなとき、浮気夫の方は、相手女性の「被害者意識からの攻撃」を受けていることもあります。

 

罪悪感とか負い目というのは本当に辛い感情ですので、何とか逃れたいと思うわけです。

 

そこで、「自分は被害者だ!補償して!!」という状態の不倫女をなだめるため

 

今すぐ離婚してくれ!と奥さんに言って、「妻と離婚話をした」というアリバイを作るとか

 

「もう、お前のことは女として見れないから」と冷たく言い放つとか

 

こういうことを、奥さんの方にするのですね。。。

 

不倫男性の負い目を刺激すれば、結構カンタンに操れますから、不倫女は無意識で自分を被害者に設定して、男をコントロールしているのです。

 

妻への負い目もある

一方、奥さんへの負い目こそ感じるべきですよね?

 

もちろん奥さんへの負い目も感じていると思いますが、それよりも相手女性の被害者意識からの攻撃が辛すぎて、奥さんへの負い目を感じる余裕がないのです。

 

不倫女への負い目から楽になるために、強引に決着つけたい一心、というわけです。

 

真面目だからいつか目を覚ます、と楽観視しないで

真面目な夫が不倫女にはまって豹変しているとき、その女を本気で愛してしまったのだ、と思いがちですが

 

実際は、別のストーリーが背面にあるのです。

 

真面目だから真面目に女を愛しているかというとそうではなく、真面目ゆえに負い目を負わされて、関係を切れないままでいる

 

どうしようもなくなって、とりあえず甘えられる奥さんに対して負担を強いているだけです。

 

夫の方は自業自得ですけどね。。。

 

しかしこういう状態になっている不倫者は、本当に強引に妻と離婚して、女に対し責任を取るという形での再婚へと進んでいくこともあります。

 

ですから甘く見ず、放置せず、「真面目な人だからいつか目を覚ますはず」とは思わない方が良いと思います。