真面目な夫が浮気相手にのめり込む時と、浮気相手となる女の特徴

普段は真面目で誠実な夫なのに、あることをきっかけに不倫にはまってしまうということがあります。

 

真面目な男性が不倫にハマるきっかけと、その相手の女性の傾向とは、どのようなものでしょうか。

 

真面目、誠実な男性の浮気・不倫

浮気する男性、とイメージしてみると、大抵女好きだったりモテるタイプであったり、軽い人、口先だけどチャラい人、みたいに思われがちです。

 

しかし、日本で起こってる不倫事件の半数ぐらいが、普段は真面目と言われている夫がやらかしています。

 

まさかあの人が?嘘でしょ?

相当、浮気相手の女はいい女なんじゃないの。あの人が不倫するなんて!

ってことは、奥さん相当不細工かモンスター妻なのかしらね?

 

みたいに妻が陰口をたたかれ、ショックも、2倍・3倍になりやすいと思います。

 

両親に相談しても、友達に相談しても

 

  • まさかあの人に限って浮気なんて!あなたの勘違いじゃないの?
  • あなたが相当、あの人に辛くあたったんじゃない?
  • あの人が浮気に走るんだったら、何か別の理由があるのよ

 

と、結局は、夫本人の心の問題というよりも、夫を取り巻く環境や妻の対応に原因があるかのように言われて、相談すればするほど傷ついてしまう奥様もいます。

 

男性に相談すると「男は女性に言えないシモの事情があるからね……」

 

と、まるで夫が変態性欲を満たすために不倫に走ったかのような言われ方をしたり。

 

あるいは「普段は真面目な奴だしさ、給料持ってくるんだから、浮気ぐらい認めてやれよ?完璧な男なんていないんだぜ?」

 

と、夫の人格が優れているから全てを許してやらなければならないと、強要されてしまい

 

納得できないものの、真面目な夫だし仕方がないかな。。。と妻も思ってしまうかもしれません。

 

普段が真面目だからこそ、その不法行為には何か特別な理由があると思われがちです。

 

しかし結局は、それほど特別な事情があるというわけではなく、やはり夫本人の心の弱さが不倫事件を起こしているのです。

 

真面目ゆえの心の弱さ

真面目で育ってきた夫は小さい時から自分の感情を押さえつけ、自分を守って生きてきたという人が多いです。

 

固定観念が強く、「こうしなければならない」「○○はしてはいけない」みたいな、がんじがらめの生き方をしています。

 

男だったら弱音を吐くな、いつも気合を入れて頑張れ、負けるな

 

このように言われ続けて、ストレス発散できる場所がないまま、社会人になり家庭を持った。

 

会社でも家庭でも、優等生で真面目な男性でいなければいけないと、勝手に自分を縛るわけです。

 

それが行き詰ってしまうと、ある時ふと自然体でいられる女性に出くわすと

 

「この女性にだったらすべて打ち明けられる。自分のだらしないところを見せても、離れていかないだろう、安心できる。」

 

のように感じるのです。

 

ストレスが強い時、自信喪失時に浮気に走る夫

また、ありがちなのがストレスが強くのしかかっている時期。

 

そして男性としての自信を大きく失った時。

 

このような時に、普段真面目な男性は不倫に陥りやすくなります。

 

真面目系男性のストレスとして多いのは、やはり仕事です。

 

その中でも、人間関係の問題。

 

ありがちなケースで言えば、人事異動で慣れない部署に配属され、自信を失ったとか。

 

同期や後輩が自分より先に出世した、重大なミスをして、同僚や上司に多大な迷惑をかけた、など。

 

こういった問題が起こった時に、普段真面目な男性というのはストレスを発散できず、悩みを心の中に溜め込みやすいです。

 

真面目だからこそ弱音を吐けない、適当な息抜きができず深刻に考えすぎてしまう。

 

そんな状態になっている時、辛い現実から逃れることができる対象を無意識で探してしまうのです。

 

それが、女性関係であったということ。

 

人によっては、現実逃避の手段としてアルコールやギャンブルへ逃げる人もいますよね。

 

その感覚で、女性との恋愛関係に逃げた。それが真面目系男性が不倫を始めるきっかけです。

 

ストレスが強いほどのめり込みやすい傾向

さらに、ストレスレベルが強い時ほど、浮気・不倫行為にのめり込みやすいという傾向もあります。

 

現実が辛い、逃げたい!とストレスが強ければ、不倫の世界は、より一層癒しの場になるわけです。

 

ギャップが激しいために、不倫行為が本人の中では至福の時に感じられる。(錯覚ですが)

 

そのため相手の女性を神格化しやすく、「彼女は俺の運命の人。」「やっと出会った女だ」「彼女はすべてを受け入れてくれる!」「彼女なしでは生きていけない。」と、ありえないくらいハマる人もいます。

 

癒し、自信回復、ストレス発散が不倫の隠れた動機

遊び人の男性とは違って、普段は真面目な男性は意識して女性と浮気しようと思っていないです。

 

むしろ、不倫といった不法行為には嫌悪感を持っていたりします。

 

それなのに女性に手を出してしまうのは、それが強烈な「癒し」になるから。

 

本人としては女性と遊ぶつもりはなく、女性から癒され信頼され、男性としての自信を取り戻したい。

 

それが不倫行為への隠れた動機になっています。

 

また、ストレスの発散という意味で女性を利用する人もいます。

 

男性は性行為がストレス発散になりますから、妻とはできない種類の性行為を、相手の女性に乱暴に求めたりします。

 

ただ本人は、「こんなに激しく燃え上がるのは彼女を愛してるからだ!」と、無意識で合理化していますので、自分の暴力性には気づいてはいないです。

 

むしろ、(ストレスで)衰えていた男性機能が著しく回復するため、女性への「勘違い」が加速。

 

「俺がこんなになるっていうことは、彼女が本当に魅力的で自分にピッタリだからだ!」

 

単純で真面目なためか、ストレスで弱っていたときと、不倫中を比較して、すごく自信を取り戻せる気がして余計はまり込むのでしょう。

 

浮気相手となる女性の傾向

このようなストレス現実逃避型、マジメ夫の不倫相手はどのような女性かと言うと、一見健気で、甘え上手、男性を立てて持ち上げる昭和の愛人タイプ。(あくまで表面的には、です。。。)

 

風俗や飲み屋の女性などを選ぶ人もいますが、やはり部下や元彼女など、自分のことをよく分かってくれて慕ってくれる人を選ぶ人が多いようです。

 

彼らが求めているのは単なる性行為ではなく、癒し、男性としての自信回復、ストレス発散のわけですから、それらを満たしてくれる女性を無意識に選んでいるということです。

 

真面目男性が選んだ浮気相手が、同じようなモテない真面目系女性だった場合、この関係は長引く傾向があります。

 

女性側も「初めてこんなに愛してくれる人が現れた」(錯覚ですが)と、のめり込み。

 

男女ともに、根が真面目なので、一時的にでもお互い誠実に愛を育んでいるというテイになりやすいからです。

 

(もちろん不倫関係に違いはないので、お互いに求めていたものが本当の愛ではなく「自信のなさの埋め合わせ」に過ぎないということは露呈してきますが……)

 

浮気相手の女性のことは無意識に下に見ている

真面目で倫理観の強い人なのに女性に入り込んでしまうと、相手の女性が非常に魅力的な人なのではないかと思いますよね。

 

しかし、実際は逆のことも多いです。

 

むしろ、「こんな人になぜ夫は入れ込んでいるのか?」思ってしまう女性……。

 

女性的魅力は非常に乏しい人や、暗い表情のダークな人。

 

キャバクラや風俗の従業員などなど。

 

これらの人たちの中で特に、自己肯定感が低い人自尊心の低い女性を選んで浮気をしているのです。

 

もちろん夫本人は無意識でそれらの人を選んでいますから、不倫の渦中ではその女性を特別な女性だと思い込んでいるわけです。

 

(関係が終わったあとに、「なぜあの女に夢中になっていたのか、さっぱりわからない」という人もいます)

 

そんなことがなぜおきるか?

 

それは、自分のすべてを開けっぴろげに出すことができる人。

 

自分がどれだけ弱く醜くだらしがなくても、そんな自分であっても相手にしてくれるほど、レベルの低い女性。

 

そのような人であれば、本心では正直大事な存在ではないので、自分をさらけ出すことができるわけです。

 

それが真面目一本で生きてきた男性にとって、心の癒し、自己開放感、ついでに性欲の満足も得られる。

 

そのため、この女性との関係は自分になくてはならない!と感じてしまうのです。

 

家庭(妻)や会社は大事なので「自分」をさらけ出せない

ちなみに……真面目夫にとって、家庭は非常に大事な存在です。

 

壊してはいけないし、妻に嫌われるわけにはいかない。

 

子供にとっても立派な父親でなければいけない、家計を支えなければいけない。

 

男性として非常に義務感があるのは素晴らしいですが、一方、過度の緊張で本人はストレスを感じています。

 

真面目、優等生夫は、ストレスを上手に発散できないのです。

 

本来なら飲み明かしたりカラオケに行ったり、多少会社をサボってみたり、妻に愚痴を言ったり妻の前でだらしない姿を見せ、子供にもそれほど良い父親でもなく家でゴロゴロし。

 

それが一般的な男性であると思うのですが、真面目夫は、自分でそれが出来ないように自分を縛り付けているわけです。

 

家庭や会社は本人にとって価値が高いものであるからこそ、失いたくないために、嫌われたくないために、頑張りすぎるのでしょう。

 

一方、浮気相手の女は、無意識にでありますが失っても構わない存在とみなしている

 

だから頑張らずに過ごせるし、だらしないところを見せたり、女性を性的に乱暴に扱ってもいいといった、妙な開放感を得られる。

 

それが病みつきになっているのでしょう。

 

真面目な夫の浮気、相手女性に負い目を感じて別れられないことがある

根が真面目な夫が浮気の世界に入ってしまうと、その真面目さが邪魔して、なかなか浮気をやめられない、ということが起こります。

 

テキトーなヤリモク男は、自分勝手に女と遊んで音信不通、とかを平気でしますけど、根が真面目な人はそれができない。

 

そのうえ、相手女性に負い目を感じやすいのです。

 

さらに不倫相手の女性が被害者意識の強い人だと、よけい別れにくい関係になってしまいます。

 

真面目なのだから、奥さんにバレたらきちんと反省して、すぐにやめるでしょ?と思われがちですが、真面目だからこその理由でなかなか浮気をやめられない、というケースも多いです。

 

なぜなら、真面目な男性は、一旦作ってしまった不倫関係についても真面目に考えてしまうからです。

 

浮気相手の女性への負い目

真面目な夫が浮気をやめられない一番の理由が、相手女性に対して負い目を感じてしまうからではないでしょうか。

 

本来不倫というのは、夫も悪いけど女だって既婚者と知っていて関係を結んだわけですから、どちらも平等に悪いですよね。

 

しかし真面目夫はなぜか、不倫という不法行為の責任を自分だけで背負うことがあります。

 

さらに相手女性が以下のような状態だとより一層「悪いことしたな……」と罪悪感を持ちます。

 

浮気相手女の妊娠、中絶、隠し子

一番ヤバいのが、相手女性が妊娠することです。

 

既婚者のままでは一緒に育てることは無理なので、途中で中絶させたり、「絶対産む」と言われて隠れて産ませたり。

 

いずれにせよ婚外子ができてしまうと、真面目夫は不倫女に対して強烈に負い目を感じることでしょう。

 

奥さんに隠れて、女に養育費みたいなお金を払っているケースもあります。

 

浮気女を長年待たせた、婚期を逃させた

相手女性が独身であり、結婚適齢期あたりから浮気を始めた場合。

 

その女性を手放したくないために「もう少ししたら妻と離婚するから、待ってくれ」と嘘をついて、長年待たせていることがあります。

 

3年とか5年とか待たせていると、女も年を取って婚期を逃しますよね。。。

 

婚期だけならまだしも、出産可能年齢を超えるまで待たせている人もいる。

 

そして女からも「いつになったら離婚するの?いつまで待てばいいの?」と言われるものの、奥さんに離婚を切り出す勇気もないままズルズルしてきてしまった、というタイプですね。

 

浮気相手女性の勝手な被害者意識

相手女性が、被害者意識が異常に強いタイプの場合、真面目系の夫はいわれのない罪悪感を負わされます。。。

 

  • 前はあんなに愛してくれたのに、もう冷めたの?
  • 奥さんのところへ帰るの?奥さんのこと愛してないって言ってたのに、嘘つきね!
  • 私は騙されてあなたと付き合ってしまったけど、セクハラの延長よね?
  • あなた既婚者で子どももいるくせに、独身の私をもてあそんで、飽きたら棄てるなんて勝手なことしないでね
  • 別れるって言うなら、私の親に相談してあなたに慰謝料請求するから!

 

不倫女も共謀して不倫しているわけですから、片方が加害者で自分は「騙された被害者」とするのは、あまりにも身勝手ですよね。

 

ただ、真面目な男性はこういうトンデモ論理でも、女から責められると普通に信じてしまうのです。

 

浮気相手女性からの圧力で豹変する根が真面目な浮気夫

真面目な夫がある日突然妻に対して狂暴になったり、冷たくなったりモラハラを始めたりすることがありますよね。

 

強烈に離婚を迫ってくるとか、家を飛び出してしまうとか、子どもに対しても無関心になり、家にお金を入れずに、とにかく「離婚してくれ、俺を自由にしてくれ」ばかり。

 

あの真面目だった夫が、浮気を始めてから人格崩壊してしまった……。

 

このようなとき、浮気夫の方は、相手女性の「被害者意識からの攻撃」を受けていることもあります。

 

罪悪感とか負い目というのは本当に辛い感情ですので、何とか逃れたいと思うわけです。

 

そこで、「自分は被害者だ!補償して!!」という状態の不倫女をなだめるため

 

今すぐ離婚してくれ!と奥さんに言って、「妻と離婚話をした」というアリバイを作るとか

 

「もう、お前のことは女として見れないから」と冷たく言い放つとか

 

こういうことを、奥さんの方にするのですね。。。

 

不倫男性の負い目を刺激すれば、結構カンタンに操れますから、不倫女は無意識で自分を被害者に設定して、男をコントロールしているのです。

 

一方、奥さんへの負い目こそ感じるべきですよね?

 

もちろん奥さんへの負い目も感じていると思いますが、それよりも相手女性の被害者意識からの攻撃が辛すぎて、奥さんへの負い目を感じる余裕がないのです。

 

不倫女への負い目から楽になるために、強引に決着つけたい一心、というわけです。

 

真面目だからいつか目を覚ます、と楽観視しないで

真面目な夫が不倫女にはまって豹変しているとき、その女を本気で愛してしまったのだ、と思いがちですが

 

実際は、別のストーリーが背面にあるのです。

 

真面目だから真面目に女を愛しているかというとそうではなく、真面目ゆえに負い目を負わされて、関係を切れないままでいる

 

どうしようもなくなって、とりあえず甘えられる奥さんに対して負担を強いているだけです。

 

夫の方は自業自得ですけどね。。。

 

しかしこういう状態になっている不倫者は、本当に強引に妻と離婚して、女に対し責任を取るという形での再婚へと進んでいくこともあります。

 

ですから甘く見ず、放置せず、「真面目な人だからいつか目を覚ますはず」とは思わない方が良いと思います。