真面目な夫が不倫相手にのめり込む時とその相手

普段は真面目で誠実な夫なのに、あることをきっかけに不倫にはまってしまうということがあります。

 

真面目な男性が不倫にハマるきっかけと、その相手の女性の傾向とは、どのようなものでしょうか。

 

今回は、真面目な夫が不倫相手にのめり込む時とその相手、がテーマです。

真面目、誠実な男性の不倫

普段は真面目で仕事熱心な夫。

 

これらの人は本来不倫をするタイプではないのですが、あるきっかけで不倫を始めることがあります。

 

ストレスが強い時、自信喪失時

それは、ストレスが強くのしかかっている時期。

 

そして男性としての自信を大きく失った時。

 

このような時に、普段真面目な男性は不倫に陥りやすくなります。

 

真面目系男性のストレスとして多いのは、やはり仕事です。

 

その中でも、人間関係の問題。

 

ありがちなケースで言えば、人事異動で慣れない部署に配属され、自信を失ったとか。

 

同期や後輩が自分より先に出世した、重大なミスをして、同僚や上司に多大な迷惑をかけた、など。

 

こういった問題が起こった時に、普段真面目な男性というのはストレスを発散できず、悩みを心の中に溜め込みやすいです。

 

真面目だからこそ弱音を吐けない、適当な息抜きができず深刻に考えすぎてしまう。

 

そんな状態になっている時、辛い現実から逃れることができる対象を無意識で探してしまうのです。

 

それが、女性関係であったということ。

 

人によっては、現実逃避の手段としてアルコールやギャンブルへ逃げる人もいますよね。

 

その感覚で、女性との恋愛関係に逃げた。それが真面目系男性が不倫を始めるきっかけです。

 

ストレスが強いほどのめり込みやすい傾向

さらに、ストレスレベルが強い時ほど、不倫行為にのめり込みやすいという傾向もあります。

 

現実が辛い、逃げたい!とストレスが強ければ、不倫の世界は、より一層癒しの場になるわけです。

 

ギャップが激しいために、不倫行為が本人の中では至福の時に感じられる。(錯覚ですが)

 

そのため相手の女性を神格化しやすく、「彼女は俺の運命の人。」「やっと出会った女だ」「彼女はすべてを受け入れてくれる!」「彼女なしでは生きていけない。」と、ありえないくらいハマる人もいます。

 

癒し、自信回復、ストレス発散が不倫の隠れた動機

遊び人の男性とは違って、普段は真面目な男性は意識して女性と不倫しようと思っていないです。

 

むしろ、不倫といった不法行為には嫌悪感を持っていたりします。

 

それなのに女性に手を出してしまうのは、それが強烈な「癒し」になるから。

 

本人としては女性と遊ぶつもりはなく、女性から癒され信頼され、男性としての自信を取り戻したい。

 

それが不倫行為への隠れた動機になっています。

 

また、ストレスの発散という意味で女性を利用する人もいます。

 

男性は性行為がストレス発散になりますから、妻とはできない種類の性行為を、相手の女性に乱暴に求めたりします。

 

ただ本人は、「こんなに激しく燃え上がるのは彼女を愛してるからだ!」と、無意識で合理化していますので、自分の暴力性には気づいてはいないです。

 

むしろ、(ストレスで)衰えていた男性機能が著しく回復するため、女性への「勘違い」が加速。

 

「俺がこんなになるっていうことは、彼女が本当に魅力的で自分にピッタリだからだ!」

 

単純で真面目なためか、ストレスで弱っていたときと、不倫中を比較して、すごく自信を取り戻せる気がして余計はまり込むのでしょう。

 

相手女性の傾向

このようなストレス現実逃避型、マジメ夫の不倫相手はどのような女性かと言うと、一見健気で、甘え上手、男性を立てて持ち上げる昭和の愛人タイプ。(あくまで表面的には、です。。。)

 

風俗や飲み屋の女性などを選ぶ人もいますが、やはり部下や元彼女など自分のことをよく分かってくれて慕ってくれる人を選ぶ人が多いようです。

 

彼らが求めているのは単なる性行為ではなく、癒し、男性としての自信回復、ストレス発散のわけですから、それらを満たしてくれる女性を無意識に選んでいるということです。

 

真面目男性が選んだ不倫相手が、同じようなモテない真面目系女性だった場合、この関係は長引く傾向があります。

 

女性側も「初めてこんなに愛してくれる人が現れた」(錯覚ですが)と、のめり込み。

 

男女ともに、根が真面目なので、一時的にでもお互い誠実に愛を育んでいるというテイになりやすいからです。

 

(もちろん不倫関係に違いはないので、お互いに求めていたものが本当の愛ではなく「自信のなさの埋め合わせ」に過ぎないということは露呈してきますが)