レスでもなく妻への態度も変わらないのに不倫する夫、その心の中は?

夫婦の夜の生活もある、家庭でもいつも通りなのに、夫が不倫していることに気づいた。

 

そんな夫に「どうしてっ?」って思いますよね。

 

今回は、レスでもなく妻への態度も変わらないのに不倫する夫、その心の中は?というテーマです。

レスでもなく妻への態度も変わらない不倫夫

夫とはレスではなくむしろ頻繁に夜の生活がある、夫婦仲は良い方だと思っていた。

 

でも、不倫をしている夫。(風俗に行っている夫。)

 

それなのに、家庭では普通の態度。妻にもいつも通りの接する。(逆に優しくなる人もいます)

 

離婚したいとか、お前のことが嫌いになったとか、そんなことを言われることもない。

 

このように、不倫中だというのに、レスでもなく夫婦仲も変わらず、家庭で奥さんや子どもに対しても態度が変わらない、という夫もいます。

 

女性から見ると、こういう人ってさっぱり意味不明ですよね。

 

いったい全体何を考えているのか、どういうつもりで不倫してるのか……

 

このタイプの不倫夫は以下のようなことが考えられます。

 

刺激・遊びの傾向が強く、不倫が悪いことと思っていない

不倫というよりも、刺激的な女性関係を楽しみたいだけ、いわゆる「遊び」という傾向が強いと思います。

 

男性はその性質上、遊びで女性と性行為できますからね。さらに、考え方として

 

  • 男が女遊びして何が悪いの?
  • 家族は養っているし家庭の責任は果たしているんだから、別に女作ったっていいじゃん?
  • 遊びなんだから、妻だってそんなに心配することないんだよ(なんで妻は、そんなに傷ついているんだろう?)

 

このような感覚です。

 

ですから、このタイプの不倫夫は、妻が傷ついて泣いたり怒ったりしているのに「どうしてそんなに泣くの?」と妻の気持ちを逆に不思議がります。

 

あるいは不倫がバレて怒られている立場だというのに、妻に対して「大丈夫だよ、安心して」みたいに、逆に慰めるようなことを言ったりします。

 

何が大丈夫なのか?

 

それは、自分は女とも遊ぶけど、妻のことは棄てないよ、といった自分目線での発言。

 

妻のことは大事に思っていて家庭も壊す気はないので、それを伝えれば妻も納得すると勝手に解釈していたりします。

 

そのため不倫行為への罪悪感もないです。

 

妻の心の傷も、かなり熱心に伝え続けないと伝わらないです。

 

もちろん、妻には当然許してもらえると思っています。

 

内心「バレてしまったこと」を悔やむだけで、不倫行為そのものにはあまり罪悪感はないです。

 

そのため「次は絶対妻バレしないように気をつけなきゃ」みたいにズレた反省をすることもあります。

 

離婚する気はほぼ無い

このタイプの不倫夫は、離婚する気はなく、家庭は家庭、遊びは遊びで割り切っていることが多いです。

 

切り離して考えていますから、遊びが本気になってしまったとか、離婚にまで発展して面倒なことになることは避けたいと思っています。

 

そもそもレジャー感覚なので、仕事と趣味、ごはんとデザート、みたいなイメージで家庭と外の不倫を分けています。

 

一方、奥さんの方が不倫に怒り狂って離婚を考え始めると、焦ってアタフタしますが、なぜ妻がそこまで思い詰めるのかが理解できない。

 

「なぜ?遊びなのに?本気じゃないって!」と、そうなってから初めて、ことの重大さに気づくのです。

 

相手女性への思い入れもほぼ無い(ヤレればいい)

このタイプの不倫夫が相手女性に選ぶのは、肉欲を満たしてくれる女性です。

 

出会いのきっかけも、それこそ出会いアプリ、飲み屋、ナンパ、風俗店など。

 

女性に対して恋愛感情といえるようなものはほとんどなく、会っても下半身で会話するだけ、しかもクルマの中で15分、みたいな関係の人もいます。

 

相手女性へ恋愛感情もないし、むしろ手軽に遊べるオモチャみたいに、軽視しています。

 

相手女性も、刺激目当てだったりお金やプレゼントや待遇目当てという人が多めです。

 

ただ、不倫女性の中には相当アタマが弱い人や愛に飢えた人がいて、完全に遊びの関係だと男から言われているのに恋愛感情でしがみついてくる人もいます。

 

不倫男性は嘘をつきまくるので、遊びの女に対しても「君だけを愛してる」「妻とは冷え切ってる」みたいな言葉を言いますから、それを信じている女もいます。

 

夫婦関係の良しあしより、性欲の強弱・嗜好

レスでもなく、家庭での態度も変わらず、でも不倫する夫。

 

奥さんとしては、夫が不倫したのであれば、夫婦関係に何か不満があるのだろうか?と夫婦仲の改善を考えますよね。

 

しかしこれらの不倫夫は夫婦仲が良かろうが、毎日夜の生活があろうが、不倫します。

 

夫婦仲の問題ではなく、性欲の強弱によると思います。

 

さらに、性欲と言っても色々ありますよね。

 

奥さんとの関係だけでは物足りず、別の女性としたい、新鮮なセックスをしたい、次々と相手を変えたいという嗜好だったり。

 

そうなるともう、結婚そのものに向いてないということになり、夫婦仲の改善とか妻とのセックスの充実とか、そういうのがすべて的外れな努力になってしまうわけです。

 

ただし、「現在の不倫関係」は比較的簡単に終わらせられます。

 

相手への思い入れも乏しいし妻バレして面倒だから、サクっと別れる、みたいなことも起こります。

 

「浮気性」夫との今後を考える

ただ、一度の不倫がバレて女と関係を切り、妻に謝り倒して仲直りしたとしても

 

根本的な部分はなかなか変えられないので、繰り返す人は繰り返すし、いくら夫婦で努力したとしても、やめない人もいます

 

実はこのタイプの人は、いわゆる「浮気性」というやつで、かなりやっかいなのです。。。

 

離婚危機にまではならないことが多いし、妻への愛もあるのですが、浮気はやめない。

 

奥さんが一番「浮気さえなければいい人なんです」と表現するのが、これらの夫たちです。

 

「浮気はビョーキみたいなもんだからさ、一度やる奴は二度目もやるよ」と、巷で言われる浮気男というのが、これらの夫たちです。。。

 

そうなると、奥さんの側は、この夫と今後どうしていくか、を考えながら対応していかないといけないと思います。

 

もちろん浮気性夫でも、妻との関係性のなかで本当に大事なものに気づいて改善したり。

 

浮気性になっているのは心の奥底に原因があることも多いですから、その部分を見つめることによって、浮気をしなくてもよくなるかもしれません。

 

ただ、その努力をするか否かは、夫本人の問題であって、妻がコントロールできないですよね。

 

奥さんができることは、ただご自身の心の傷を夫に伝えるとか、変わって欲しいと伝えるとか、変わらないのなら今後どうするのかを真剣に考えることではないでしょうか。