慰謝料請求にも誓約書にも屈しない不倫女がいる事実

世の中には、訳の分からない人がいます。ニュースを見ていると、嘘でしょ?というレベルのストーカー行為や迷惑行為をする人が出てきますが……

 

その人たちに似た種類に「不倫女性」という人たちがいます。

 

この人たちには、嘘でしょ?というレベルで訳の分からない人がいます。

 

もしあなたのご主人がこのタイプの女と浮気していると、かなり厄介だと思います。

 

慰謝料請求にも誓約書にも屈しない不倫女がいる

夫の浮気問題に向き合っている奥さんの中には、浮気相手の女性と連絡を取ったことがある人も多いです。

 

慰謝料請求をしたり、接触しない旨の誓約書を書かせたり、いろいろと努力をされていると思います。

 

一方、そこまでの状態になっているのに、まだ夫に連絡をしてくる、訳のわからない女もいます。

 

慰謝料請求に堂々と対抗

証拠をつかんで浮気相手の女性に慰謝料請求をした際に、奥さんの主張に対し堂々と対抗してくる女がいます。

 

その言い草は、以下のようなものです。

 

  • 好きになっただけです、どうしてお金を払う必要があるのですか?
  • 不倫なんかじゃありません(ラブホ出入りの証拠があるのにシラを切る)
  • セクハラされてただけです、私の方が被害者です!
  • 奥さんとは別れたって言ってましたけど?(嘘)
  • 独身だと聞いていました(嘘)
  • 家庭に居場所がないからしばらく一緒にいました。でも、助けてあげたのは私の方です。慰謝料なんて払わされるの、おかしいです。

 

このように、慰謝料請求されること自体に異議を唱える不倫女性。

 

これもほんの一例にすぎず、実際はもっと耳を疑うようなことを堂々としゃべる女は多いようです。

 

「奥さんがモラハラ妻です」と慰謝料減額請求

奥さんが持っている証拠が強く、もう言い逃れができないとあきらめた不倫女性のなかには、即支払いに応じず弁護士に依頼して何とか支払いを逃れようとする人もいます。

 

依頼された弁護士は依頼人の利益を守らないといけないので、何とか妻側に対抗できる方法はないかを考えるわけですが、そのときによく使われるのが慰謝料の減額請求。

 

夫が妻から日常的に暴力・暴言を受けていたため、女性と関係する頃には夫婦関係は破たんしていた、と主張することによって、不貞慰謝料を少なくしようという手口です。

 

弁護士からそういうった内容の「慰謝料請求に対する反論書」みたいなのが届いて、まるで事実とは違う内容が書かれていることもあります。

 

そんな嘘をでっちあげて弁護士に伝え、(それを嘘だと見抜きながらも仕事を受ける弁護士もいる)

 

そして堂々と「奥さんがモラハラ妻だったから、彼は私の所へ来たのよ、もう夫婦として終わってたんだから慰謝料は少なくていいはず!」と反論する女の神経。

 

脳の腐敗がかなり進行していないと、そんなことできないですよね?

 

慰謝料支払い後、堂々と夫に接触

慰謝料は一応払った、でもその後、堂々と夫に接触してくる女もかなりいます。

 

その人たちの頭の中は

 

  • 慰謝料払ったからもういいよね?(今までの罪はチャラだよね?)
  • 奥さん、お金が欲しかったんだね
  • 不倫を認めたし、慰謝料払ったんだから、これで奥さんも認めてくれるよね(私たちが会うことを)

 

慰謝料請求の意味がわかっておらず、「お金払ったからいいでしょ?」的な認識で、懲りずに夫に接触してくる不倫女性。。。

 

悪いことをしたから慰謝した、もう二度としてはいけないんだ、という認識はないわけです。

 

もちろん、共謀している浮気夫も悪いのですが。

 

その際に涙の謝罪をし、「もう会いません、慰謝料払います、誓約書書きます」と素直に応じたのに、口だけで謝り誓約書にサインだけしておけば、とりあえず奥さんを黙らせられるから、という演技であることもあります。

 

慰謝料請求・誓約書の反応に期待しないこと

慰謝料請求をしたり、接触しない旨の誓約書を書かせたりするのは本当に勇気が要りますよね。

 

決意するまでにも時間がかかるし、弁護士に依頼するならそれ相応の費用もかかります。

 

だからこそ、奥さんとしてはその後の展開に期待するのが当然だと思います。

 

しかし、慰謝料請求の段階で女が驚くべき抵抗をしてきて動揺させられたり。

 

払った後に堂々と夫に連絡してきて呆れたり。

 

弁護士からいわれのない「モラハラ妻」の反撃を受けて、被害者だというのにまるで加害者であるかのような言われ方をして、打撃を受ける奥さんはたくさんいます。

 

さらに、浮気夫も女寄りだと慰謝料請求したことを責めてくることもある。

 

「女房が迷惑かけたね」みたいに謝って、陰で女に慰謝料代を渡しているバカ夫もいますからね……。

 

そのため慰謝料請求や誓約書を書かせようと考えているなら、期待通りの展開になることは少ないことを知っておいてください。

 

ご自身の心を守るために、浮気相手の女はまともではない可能性を、常に考えておいてください。