不倫を繰り返しやすい男性の性格的特徴

世の中には不倫を繰り返す男性がいます。

 

不倫を繰り返すのは妻が至らないからとかではなく、本人に不倫を繰り返す特徴があるからです。

 

今回は不倫を繰り返しやすい男性の性格的特徴、がテーマです。

不倫を繰り返す男性の性格的特徴

不倫を繰り返しやすい人は以下のような特徴があります。

想像力が極端に乏しい

これをしたらどうなるか、これを言ったらあの人はどう思うか、こんな簡単なことも想像することができない。目に見えないこと(人の感情、未来に起こり得ること)がまったく想像できない。

罪悪感、倫理観が乏しい

一般的に人を傷つける行為がどういうことであって、それをすることによって人が傷つくという意識が欠けている。

人が傷ついてもどうでもいいし、したいことをそのままそのままして誰かに迷惑をかけても悪いと思わない。

他人は利用するためにある思っている

自分以外の他人は、自分の役に立つために存在していると本気で思っている。

妻は家政婦、不倫相手の女は性処理の道具。後輩は使いパシリ、上司は隠れ蓑。

お金を持っている人からはお金を取ろうとし、労働力を持っている人から労働力を搾取しようとする。性的魅力ある人からは、性的搾取をする。

短絡的、感情的

理屈で動くのではなくその時の気分感情で動く。感情の起伏が激しくすぐ怒ったり、すぐ落ち込んだりする。

思うようにいかなければ駄々をこねたり、身近にいる甘えられる人に八つ当たりする。癇癪を起こして突発的にわけのわからない行為をすることもある。

長期的で安定した人間関係を築くことができない

妻や女に限らず、周りの人と安定した関係を続けることができない。

友人がコロコロ入れ替わるとか、上司や同僚との喧嘩が多い。親友と呼べる人もいない。一人でいることも多い。

他人から簡単に褒められたい

簡単な方法で賞賛されたいと願っている。根拠もないのに、自分だけは特別だという妙な自信がある。

人からは特別丁重に扱われないと気が済まない。何も努力をしないのに、人よりも褒められたり賞賛されないと不機嫌になる。

他人の感情に無頓着

自分以外の他人がどのような気持ちでいるか、全く興味がない。相手が傷つこうが、落ち込んでいようが、どうでも良い。時には自分の子どもの気持ちにさえ無頓着だったりする。

自分の感情にだけは神経質

「俺の気持ちを理解しろ」「俺がどう思うかを考えて動け」「俺は今そんな気分じゃない」など、自分の感情には神経質。

多動的衝動的

思い立ったらすぐ動く。行動的だと言われることがあるものの、計画性もなく、面倒くさくなったらすぐやめる。

浪費家であったり借金が多かったり、転職を繰り返したりする。言いたいことをそのまま言ってトラブルになることもある。(アスペルガー症候群のケースも)

責任感が乏しい

自分に与えられた役割を果たすことができない。責任を負わされる環境からは常に逃げている。

少しでも負担を感じると、しらばっくれたり開き直ったり、責任を他人に負わせる。

ほら吹き、異常に口達者

自分の能力以上の実績をアピールしたり出来もしない約束をしたりする。

不倫相手の女にもキミだけだとかいつか絶対結婚しよう、など口だけペラペラと簡単に夢みたいなことを言うことができる。

自分の考えは絶対的で、他人の価値観は認められない

自分の考えが絶対だと思い込んでいる。「男は浮気ぐらいする、女は黙ってろ、俺の金は俺が使う。それの何が悪いんだ?俺の意志ひとつでいつだってお前とは離婚できる」などなど。

自分の考えが絶対だと思い込んでいる。他の考えがあることに気づけない、違う価値観を持つ人を理解できない。

逃避癖、浮遊癖

一つの所ひとつの人間関係安定した場所にいられない。

引っ越しを繰り返したりバックパッカーであったり転職を繰り返したり。

女性関係では、親密になればなるほど逃げようとする。縛られるのが嫌なので、夫になることや父親になることへの恐怖心がある人もいる。

本人が気づいて何とかしようとしない限り治らない

不倫を繰り返す人にはこのような性格的特徴があります。

 

この中のいくつかを合わせ持っている人もいますし、一つの傾向が非常に重いという人もいます。

 

やっかいなのは、結婚するまでは普通の人に見えることです。むしろ魅力的で人気がある人も多いです。

 

このような人と一旦夫婦になってしまうと、不倫問題だけではなく借金の問題モラハラの問題なども起こりやすいため大変だと思います。

 

ただ、性格というのは本人が気づいて直そうとしない限り治すことができないです。

 

あなたの夫がこういうタイプで、なんとか自分の力で治してあげたいと思うのはよくわかります。

 

すでに、かなり努力されてる方も多いはずですよね。

 

ですが、これらの人の性格を改善させるというのは難しいです。

 

自己愛性人格障害とか回避性人格障害、境界性人格障害のように、障害の状態になってる人もいるくらいです。

 

これらの人は心療内科に通ったりカウンセリングを続けても、なかなか改善しないのが現状です。

 

(そもそも自分に問題があるということに気づくことができないので専門家を訪ねることもないのですが)

夫を治そうとするより自分の人生を歩もう

もし夫がこのような状態だったら、その人とどのように今後付き合っていくか、あなたの人生のために考えてください。

 

心の距離を置いてもいいですし実際に物理的に離れることも大事かもしれません。

 

不倫を繰り返すタイプは、妻を振り回します。

 

妻を都合よく利用して不倫相手の女も都合よく利用し、周りの女性達はその男を中心に大変な苦労をさせられます。

 

「この人を愛しているから離れられない。」

 

そう感じるかもしれませんが、あなたを振り回し利用する男性とずっと一緒にいるあなたのためにいいのか?

 

このような夫に利用され振り回されるだけの人生ではなく、あなたはあなたの幸せをつかむ選択をしてもいいのです。

 

当然、離れずに夫と共にいつまでも歩む、という選択をするのも自由です。

 

しかし、心から納得して夫に沿い続けるのと、無意識に振り回されているだけでは大きな違いがあると思います。

まとめ

不倫を繰り返す男性には、いくつかの性格的特徴がある。

  • こういう人と夫婦になってしまうと、不倫だけではなく借金、モラハラの問題なども起こりやすい
  • 性格というのは本人が気づいて直そうとしない限り治すことができない
  • その人とどのように今後付き合っていくか、あなたの人生のために考えて
  • 心から納得して夫に沿い続けるのならそれもあなたの人生
  • 無意識に振り回されているだけだとずっと辛いまま