夫の不倫問題を乗り越えた妻たちの心がまえ

夫の不倫問題を乗り越えた妻たちの心がまえ

不倫問題にはいろんな対処法がありますよね。調査をして証拠を突きつけるとか、居心地のいい愛され妻を演じて夫取り戻すとか、相手の女に直接対応するなど。

 

ただ本当の意味で夫の不倫問題を乗り超えた妻たちには、行動面というより、内面的な部分で共通点があるように思います。

 

具体的行動より心理面が大事

不倫対処法は様々ありますがその根底にあるものによって効果が出たり出なかったりします。

 

不倫問題乗り越えて行く妻たちには、以下のような心理的共通点があるように思います。

 

自分は傷ついた、という正常な被害者意識

夫の不倫によって自分は傷ついたし、もうやめてほしいという、正常な被害者認識を持っています。

 

(被害者意識というと何となくマイナスなイメージですから、「権利意識」と考えた方がいいかも?と思います。)

 

 

自分はむやみに傷つけられる存在ではないし、不倫されて我慢しなければいけないような低い存在ではない。

 

ないがしろにされたくないし、いつまでもこの理不尽な関係を強要されるいわれはないという、健全な自尊心があります。

 

夫の不倫を自分の責任にしていない

夫が不倫をしたのは夫の心が弱かったからであり、妻である自分が悪いわけではないという、正しい知識を持っています。

 

自分が良い妻でなかったから、愛され妻の努力をしていなかったから夫が不倫した、といった情報に踊らされていません。

 

あるいは一時的に責任を感じるものの、「それはおかしい」と気づくことができます。

 

徐々に夫から精神的に自立した

不倫が発覚してすぐは、「捨てられたくない」「夫がいないと生きていけない」と、誰もが思うものです。

 

最初は夫に「不倫をやめてほしい、戻ってきて……」とすがっていたものの、徐々に夫からの精神的自立を進めていきます。そして

 

  • 不倫を続ける夫に愛される必要はあるのか?
  • 夫と離婚しないことだけが私の幸せなのか?
  • 不倫相手と天秤かけるような男にすがりついて、都合のいい妻のままで満足なのか?
  • 夫と自分がどのような関係でいたいのか?

 

などのことをを、自分の問題として考えることができています。

 

そして最終的に自分が夫とどうしていきたいのかを基準にして、自分の納得する方法で対処できるようになっていきます。

 

現実逃避をせず具体的な行動を起こす勇気がある

「夫がいつか不倫をやめてくれるだろう、愛され妻を頑張れば私の良さに気づいて、不倫女を棄てて戻ってくれるに違いない」

 

という現実逃避をせず、具体的な行動を起こす勇気を持ち始めます。

 

自分が黙っていては不倫の問題は解決しないということを受け入れ、勇気を出して、夫と向き合うことができるようになります。

 

自分の幸福、安心を夫に課さない

自分が幸せになれるか、安心した環境で過ごせるかを、夫に任せてしまってはいけない、と気づきます。

 

自分は自分で幸福になれる、自分の意思で安心することができる。

 

そう思うことにより、相手に振り回されることも少なくなり、自分軸で行動できるようになります。

 

自分を取り戻すことで解決力も戻ってくる

不倫が発覚した直後は誰もが混乱して、自分が悪かったなら直すから、なんでもいいから夫に戻ってきてほしい。

 

なんとか夫に不倫をやめさせる方法はないのか?と右往左往してしまいますよね。

 

これは当然なのですが、いつまでもその場にとどまらず、徐々に自分を取り戻していくことができた人は、問題を乗り越えていくことができたようです。

 

その結果が夫婦再建であったり、離婚であったり、仮面夫婦のような関係に落ち着いたり。

 

形としては様々だし、はたから見たらそれは幸せなのかそうでないのか、他人からは判断できないと思います。

 

しかし、妻が夫と自分の心に向き合うことによって、ある種の覚悟ができた場合。

 

それは結果がどのような形であれ、妻は心から納得し、穏やかで幸せを感じることができるのだと思います。

 

そしてまた夫婦の関係が違う展開を迎えた時に、自分の力でそれを対処する力が身についているはずです。

 

夫婦関係はいつだってどう変わるかが分からないですよね。

 

仮面夫婦から、お互いの努力によって円満になっていくことも考えられます。

 

一方、結局すれ違って離婚に発展するかもしれない。

 

あるいは一旦はやり直そうとしたのにやはりまた夫が不倫するかもしれません。

 

夫婦関係が一定でない中で、それでも幸せになるには、あなた自身が自分の幸せが何なのかを理解していないといけないし、勇気を出して自分の幸せをつかみとっていく力強さがないといけないです。

 

とはいえ根本にある心構えは、どんな時でも自分は自分の味方であること。

 

夫でも子供でもなく、自分です。

 

自分という人を自分自身でケアしてあげる、自分で自分を幸せにしてあげるという意識が大事だと思います。

 

時には振り回されたり、時には無力感で絶望することもあると思います。

 

でもそれもあなたの気持ちなので、とりあえずは否定せずに大事にしてあげてください。

 

これを繰り返すことによって、徐々に自分は自分のままでいいんだとか、価値のある存在なんだというように力強さが戻ってきます。

 

そうなってからは、自分の力を信じてほしいです。

 

たとえ最初は混乱していていたとしても自分を取り戻すことができてくれば、かならず解決力も戻ってきます。

 

問題は乗り越えられない人には起こらないって言いますよね?

 

あなたに降りかかっている問題は、必ず乗り越えることができるから起きた。

 

だから必ずあなたにはこの問題の解決力が備わっているのです。