夫の不倫で二度と傷つけられないようにしておくべきこと

夫の不倫で二度と傷つけられないようにしておくべきこと

夫の不倫問題は、妻であるあなたの心を破壊しました。

 

たとえ夫が反省して不倫をやめたとしても、心の傷は簡単には消えるものではありません。

 

まして、夫が二度目、三度目の不倫をしたら、あなたの心は修復不可能なまでに壊されてしまいます。

 

一度でも不倫問題に苦しんだのであれば、二度と傷つけられないように、心を守って欲しいです。

 

女性関係については一生信じないというスタンスで良い

夫の不倫が終わったのであれば、夫を信じたいと思うのが当然だと思います。

 

しかし、一度不倫問題を起こした夫を信じすぎるのは危険です。

 

あなたの心を守るためには、女性問題については夫を信じないというスタンスでちょうどいいと思います。

 

夫のすべてを受け入れないわけではなく、女性に関係することは信じないということ。

 

家庭生活のことや金銭管理のこと、仕事のこと、夫の人格、人へのやさしさなどなど、夫にはいいところがありますよね?

 

そういったところは今まで通り信じて、頼って、愛していけばいいです。

 

一方、女性に関係することは信じない。

 

それでいいのです。

 

そうしないと、不倫の再発がもしあったとしても気づけない。そしてまたどこかで不倫が発覚したら?

 

そのときのあなたのダメージは計り知れません。

 

だから信じない。スマホチェックも動向チェックも、ある程度は必要だと思います。

 

そのくらいの権利は、傷つけられた妻にはあるはずです。

 

終わったと思っていた不倫、実は水面下で継続中

また、一定の割合で、水面下継続進行している不倫というものがあります。

 

妻が終わったと思っていた不倫なのに、実はこっそり会い続けてきた。

 

そんなケースは結構あるというのが現実です。

 

水面下継続不倫もありうるということを、意識しているかしていないかで、傷つき方がまったく違います。

 

不倫は終わったという夫の言葉を信じたいのはわかりますが、水面下継続の可能性も考えておいてください。

 

飲み会は不参加、出張の日はこまめにLINEする、女性のいる飲み屋には行かない。

 

こういった約束をしていても、不倫がバレないように夫と不倫女が用意周到になっていて、継続的に奥さんをだましていた、ということもよく聞く話しです。

 

二度目が起こったらどうするか考えておく

二度目の不倫問題が起こったときに、あなたはどうしますか?

 

一度目の不倫は許しても、二度目は許さずに別れることを決断しますか?あるいは一度目と同じく許しますか?一度目以上の制裁を加えますか?

 

その選択に正解というものはありません。

 

どうすると良いよ、という話ではなく、大事なのは妻であるあなたが二度目に傷つけられたときにどうするのかということを、あらかじめ自分の中で決めておいた方が良いということです。

 

何度も何度も傷つけられて、それでも我慢しつづける。それで本当に良いのか。

 

精神的DVともいえる浮気・不倫をコソコソ続けている夫と、これからずっと一緒にいることが本当に幸せかどうか。

 

「二度目は無い」あるいは「何度でも闘う」

 

どちらの方法を選ぶにしても、あなた自身が本心から「これでいい」という選択ができるように、日頃から準備しておいて欲しいのです。

 

そのためには、一度目の不倫があったときから、常にどういう選択をしていくのかが自分にとってベストなのかを考える癖をつけてください。

 

夫が○○したから傷ついた
夫に○○されたから幸せだ

 

こういった思考だと、いつまでたっても夫の言動に左右され続けることになります。

 

一方

私は○○したい
私は○○より▲▲のほうが幸せだ
次に○○になったら、私はこうしよう

 

このように、「私はどう感じるか、何をしたいか」をベースに未来を選択できるような癖をつけておくこと。

 

それができるようになると、夫が再度不倫問題を起こしたときでも、自分の心を守りながら自分にとって幸せになれる道を選択できるようになってきます。

 

妻の精神的自立が夫へ危機感を植え付けられる

不倫問題をきっかけに以前より深く結びついたご夫婦もたくさんいます。

 

それらのご夫婦は、ほとんどが妻側が不倫問題をきっかけに以前よりも精神的自立を成し遂げています。

 

「もう二度と傷つけられない。もし同じことが起こったら、私は決断する」

 

こういった妻の覚悟が夫に伝わり、「二度目の不倫を起こしたら、自分は妻に捨てられる。家庭を失う、すべてを失う」と、夫が危機感を感じるようになります。

 

不倫の繰り返しを防ぐためには、夫側が危機感を抱くことが必須なのです。

 

夫に危機感を植え付けることができるのは、妻であるあなただけです。

 

しかしあなたが精神的自立をせず、夫にすがりつき、「離婚はできないから浮気を繰り返されても我慢するしかない」という態度では、夫が危機感を持つことはありえないのです。

 

精神自立をするというのは実は難しく、最初は大変苦労すると思います。

 

しかし不倫問題をきっかけにして、夫と離婚しないで生きていくという一つだけの選択肢ではなく、自分の選択でどのような道も幸せに生きていくことができるんだと考えるようにしてみてください。

 

まとめ

夫の不倫で二度と傷つけられないようにしておくべきことは

  • 女性関係については一生信じないくらいがちょうど良い
  • スマホチェックも動向チェックも、ある程度は必要
  • 水面下継続の可能性も考えておく
  • 二度目に傷つけられたときにどうするのかということを、あらかじめ自分の中で決めておいた方が良い
  • 普段から「自分はどうしたいのか」と考える癖をつけておく(自分軸を養うこと)
  • 不倫の繰り返しを防ぐためには夫の危機感が必須
  • 妻が精神的自立をすることで夫が危機感を抱く