夫が浮気の最中なら妻の心の傷は治らない:加害者と同居していれば当然

旦那さんが浮気をしている間、奥さんは心に大きな傷をつけられますね。

 

夫の浮気がきっかけで、うつ病など心の病になる人も多いです。なかにはリストカットなど自分を傷つけてしまう人もいます。

 

心の傷は放置すると命にも影響しますから、早めに治療をして欲しいです。

 

夫の浮気を放置したままでは心の傷を治せない

一方、浮気問題を放置したままいくら心の傷を治そうと努力しても、なかなか良くならないです。

 

だって、加害者である夫が「浮気」という加害行為を続けていて、その人と一緒に生活しているのであれば、毎日新しい傷をつけられるわけですから、当然といえますよね。

 

戦争とか震災とか、犯罪被害に遭った人も心の傷(トラウマ)に苦しみますが、これらの人たちは、加害者がすでに去っているわけです。

 

ですから適切な治療を受けることで、心は回復していきます。

 

一方、夫の浮気によって心を傷つけられた奥さんは、夫が未だ浮気を続けているのなら、加害者と毎日一緒にいるということになりますよね。

 

そして毎日毎日、新しい傷をつけられる。

 

それだと、心の傷の治療をいくら頑張っても、また傷つけられ、治りかけたらまた傷つけられ……という繰り返しで、いっこうに良くならないのは当然です。

 

犯罪被害者が犯人に監禁されている間に、心のケアをしたってムダだというのは明らかですよね。。。それと同じなのです。

 

自分の心にだけ向き合っても?

夫の浮気で傷ついているのなら、その「加害行為」が終われば徐々に心の傷は回復していきます。

 

夫と向き合うのが怖いから、夫の浮気は見ないようにして、自分一人でできる心のケアを頑張っている方もいます。たとえば

 

  • 自分と向き合うセラピー
  • 人生が楽になる、自分を認め許すカウンセリング
  • アダルトチルドレン回復セミナー
  • 生まれてきた意味が分かる、波動探求セッション
  • 夫との関係性も劇的に変わる!自分を変えるワーク

 

スピ系にも非スピ系にも、「自分を探す、自分を認める、自分を変える」というテーマのものがたくさんあって、これらを受けることで心の傷が回復する人もいますね。

 

しかし、正直なところ、夫の浮気問題が原因で心が傷ついている人にとって、こういうものの効果は限定的だと思います。

 

傷ついた原因がはっきりしているわけですから、それが無くならない限り、傷は治らないし新たに傷が増えるだけです。

 

ですから、奥さんの心のケアは大事なのですが、「夫の浮気は放置状態」のまま取り組むことはお勧めしません。

 

浮気解決のための行動が心のケアになる

むしろ、浮気問題の解決のために、何らかの現実的な行動をしてみた方が、この場合は心のケアの一部になるのではないか?と思うときがあります。

 

夫に対して浮気をやめて欲しいことを伝えたり、証拠を集めたり、もし夫が浮気を続けるなら自分は夫とどうしていくかを真剣に考えたり。

 

そういった地に足をつけた対処が、ある種の自信や覚悟が芽生えてきて、それが心の回復に役立つこともあります

 

以前、離婚・家庭問題の相談員を行っていた頃は、夫の浮気問題で心がボロボロになっている奥さんには、まず心療内科での治療やカウンセリングなどを受けた方がいいと思って、よく勧めていました。

 

(そしてその経緯があってカウンセリングやセラピーを始めたのですが)

 

ただ、夫の浮気問題で傷ついている奥さんには、心のケアも大事ですが、先に夫の浮気をやめさせる取り組みをしないと、いつまでも堂々巡りになってしまう事例が多いのです。

 

だから、心が辛いとは思いますが、頑張って夫の浮気問題とたたかうこと、勇気を出して、夫と今後どうするかを考えていくことが大事だと最近強く思うのです。

 

夫の浮気でつけられた心の傷は、勇気を出して「夫の浮気問題を解決させようとする行動」をすることで、癒されていきます

 

それは、カウンセラーやセラピストに何らかの施術をしてもらって、誰かに治してもらうのではなく、自分の中から湧き出てくるものが、あなた自身を治すのです。

 

もちろん、傷が深すぎて気力も体力も底辺状態にいるときは、まず心の回復につとめるべきです。

 

思考停止させて何もせず、とにかく心身の回復に専念する時間も必要ですよね。。。

 

しかしある程度時間が経ったら、勇気を持って現実的対処をしてみてください。

 

それが、長い目で見たら心の傷の回復につながっていくし、これから先の道も開けてくるはずです。