不倫する夫に言われた「お前のこと嫌いになった」は本心?

お前のことが嫌いになった、実はお前の○○が以前から気になっていた、結婚する前からお前の○○が大嫌いだったんだ!

 

「だから不倫した」

 

これらは不倫夫さんの常套句ですが、夫から「嫌いになった」と言われて傷つかない奥さんはいませんよね。。。

 

ただ、「嫌いになった」というのは本心かというと、一概に言えないです。

 

それは、不倫夫特有の心理が働いているからです。

 

お前のことが嫌いという不倫夫

不倫がバレたころ、あるいはその前後から、妻に対して「お前が嫌いになった」とか「君のことは、もう愛してない」みたいなことを言う夫がいます。

 

そう言われてしまうと、妻は、私のことが嫌いだから、夫は別の女性と不倫したんだ!と思いますよね。

 

そして、何とか夫の愛を取り戻したいと、さまざまな取り組みをはじめる人もいます。

 

家事を完璧に頑張って料理を習い、居心地の良い家庭を作ったり。

 

メイクや男性心理を学んだり、コミュニケーションのレッスンをしたり。

 

これ以上嫌われないように不倫については問い詰めず我慢したり……

 

しかしなかなか不倫はやめないし、いつまでも嫌いだと言われ続けてしまうこともあります。

 

それは、不倫夫が妻に言う「お前が嫌い、だから不倫した」というのは、本心ではなく、違う意味があるからです。

 

嫌い=今は近寄らないで

不倫中の夫が言う「お前が嫌い」その真意は、「今は近寄らないで欲しい、不倫について問い詰めないで欲しい」です。

 

妻に対して「お前が嫌いだ」と言ってそれ以上近寄らせないために。

 

近寄らせてしまえば、今隠していること(女の素性など、不倫最中のモロモロの秘密)がもっとバレるかもしれない。

 

それが怖いから、妻が一番傷つくであろう言葉を放って、近寄らせないようにしているのです。

 

ですから、本当に妻を嫌いになったかというと、そうではないです。

 

とにかく不倫については問い詰めないで、近寄らないで、黙ってこのままでいさせて、我慢し続けて……

 

それが「お前のことが嫌いになった」の隠れた意味ではないでしょうか?

 

(たまに本当に奥さんが嫌いになってしまっている人はいますが……複雑な事情が絡んでいるとか修羅場の真っ最中とかです)

 

理由は後付け

嫌いになった!と言い放つものの、必ず「どうして?」と聞かれるはずなので、あらかじめ夫は妻のささいな欠点をくっつけて嫌いだと言うと思います。

 

  • お前の料理がマズすぎる。だから嫌いになったんだ
  • お前がおふくろの悪口を言ってたとき、お前への愛が消えた
  • お前は俺のスマホを勝手に見た。そのとき、一気にお前のことを嫌いになった

 

みたいな。

不倫男性は恋愛ワードをよく使う

ちなみに……不倫男性はまがりなりにも恋愛中なので、脳内がメルヘンになってます。

 

ですから言葉の中に、「愛がどうの」とか「恋しい」とか「嫌い」とか「好き」とか、そういうワードがよく出てきます。

 

今まで夫はそんな言葉を使っていなかったのに、いきなり「お前に愛が無くなった」とか言い出したので「なんかおかしい!」と思ったら、やっぱり不倫してたことに気づいた、ということもあるくらいです。

 

嫌いというワードを真に受けないで

嫌いという恋愛ワードに、我々女性は敏感に反応してしまいますよね。

 

そしてその言葉を無条件に信じてしまい、「嫌われた!愛を取り戻さないと」「これ以上嫌われないように、ダメなところを直そう」と、筋違いの努力を始めてしまいます。

 

が、しかし。

 

不倫中の夫がよく使う「愛してない」「嫌い」「また好きになれるかわからない」みたいな言葉は、不倫脳だからこそ言える言葉です。

 

そして、そこに本意はないことが多いですので、真に受けすぎないように頑張ってください。

 

実際、不倫バレしたとたんに「お前が嫌いなんだよ!あっちいけよ!!」と怒鳴っていた不倫夫がいたのですが、奥さんが「嫌いだからって不倫していい理由になるか!ボケ!」と反逆。

 

その後、強制的に女と別れさせた途端に、「お前が嫌い」という態度が完全に消え、むしろゴロゴロ喉を鳴らしながら妻に許しを乞い始めた……というストーリーはよく聞くものです。。。

 

完全にバレて観念したり、奥さんが女と対決するレベルにまで修羅ったら、もう嫌いだとか愛が無くなったとかで妻を遠ざけられないですからね……

 

夫の本音を推察できるように

妻が本当に嫌いであっても不倫しない男性はたくさんいます。

 

妻のことをそれほど嫌っていないのに、不倫にハマっている男性だっています。

 

妻に「君だけだよ、愛してるよ」と毎晩ささやいているのに、愛人にも「妻のことはキライなんだ、愛してるのは君だけだよ」とささやいている不倫夫もいます。。。

 

このサイトでは何度も述べていますが、不倫夫の言葉に真実はほぼ無い、ということですね。

 

もちろん、妻に対するささいな不満はどのご主人だってあるでしょう。

 

しかしそれは、妻だって同じですよね?夫の嫌いな部分は数えきれないほどあるはずです。

 

だからって不倫するか?と言えば、それとこれとは問題が違うって普通に思いますよね。

 

しかし不倫中の夫から「お前が嫌いになったから、別の女性に気が向いた」と言われると、なぜか妙に納得して信じてしまうという不思議現象が起こってしまう。。。

 

ですからもし夫から「お前が嫌いだから……」みたいな発言があったら、何か隠してるな!?私を遠ざけようとしているな?と、夫の本音を推察できるようにしてください。