旦那の浮気を疑いスマホチェックしたことがバレたときの対処法

夫の不倫を疑って、スマホを勝手に見てしまい、それが旦那さんにバレたとき。

 

旦那はものすごい剣幕で怒ってきたら、どうしますか?

 

今回は、旦那の浮気を疑いスマホチェックしたことがバレたときの対処法、がテーマです。

旦那さんのスマホをチェックしていたらバレた

  • もしかして浮気をしているかもしれない
  • 最近、動向があやしい
  • 夫がスマホにかじりついている
  • よくわからない人からのLINEメッセージが多い
  • 夫が不倫をしているのは明らか、その人との関係はどのくらい進んでいるのか確認したい……!

 

疑心暗鬼で不安で、仕方なくご主人のスマホをこっそり見てしまった……そんな奥さんは多いと思います。

 

そしてそれが旦那にバレてしまうと、実際に浮気中の旦那さんほど、激怒しますよね。よくある夫の言い分とは

 

  • スマホを見るなんてひどい!俺にはプライバシーもないのか
  • スマホ見るような底辺の女とはもうやっていけない
  • そんな奴をもう信用できるわけない、もうやり直せない

 

こんな感じで徹底的に妻の人格まで否定し、結論「もうお前は信用できない」みたいな形へもっていきますね。

 

キレ方でわかる不倫がクロかシロか

ここまでキレるご主人は、浮気についてはおそらくクロです。

 

(一方、スマホを見られたことに不快感を示すものの、ここまでキレないのであれば、もしかしてシロかもしれません。)

 

やましいことがある夫ほど、スマホを妻にいじられることを恐れるのは当然ですからね……。

 

一方、一度不倫バレしていて、妻に謝り相手女性と「別れた」ということにし、実は水面下で続いているという夫の場合。

 

妻が見る可能性のあるスマホでは女とは連絡をとらず、別のツールを使って連絡しているということも考えられます。

 

「スマホ、いつ見たっていいよ」という形でリビングに置きっぱなしにしたり、わざわざ妻に確認させたりする。

 

しかし、女とやり取りするためのスマホは別契約してあって、会社のロッカーに保存しているという人もいましたし……

 

今どきは本当にいろいろな連絡ツールがあるので、スマホを見せてくれるからといって「不倫シロ」とは判断できない時代となりました

 

スマホチェックを責められたとき

本題に戻りますが……もしあなたがご主人の不倫を不安に思いスマホチェックをしたとき。

 

夫にそれがバレて夫がキレてきたとき、どう対応するか考えておきましょう。

 

不倫がクロのご主人ほど、スマホを見られたときに、上記のように「スマホを覗くなんて、人格的にダメ!」と糾弾して、妻の罪悪感を刺激してくると思います。

 

奥さんの方にも、スマホを見ることに後ろめたさや罪悪感があるので、そう言われると「確かに悪かった」と、夫に謝ってしまいその後何も言えなくなりますよね。

 

たしかにスマホを相手の許可なく見たのであれば、その行為自体はあまり良いとは言えないので、一旦は謝る方が良いと思います。

 

「スマホを勝手に見てしまったことは悪かったと思います」みたいな感じでしょうか。

 

ただし、そうしてしまったのはなぜなのか?と言えば、夫の言動が疑わしいからですよね。

 

ですから、その背景にあった気持ちも同時に伝えるといいです。

 

「だって、まだあの女性と連絡をとっているかもしれないと思って、不安になったから

 

「最近帰りも遅いし、私との時間もとってくれないから、別の女性がいるんじゃないかと心配になったから」みたいな感じです。

 

奥さんは、ご主人のスマホを見たくて見ているわけではないですよね。

 

安心したいから、不安を解消したいからですよね。

 

一方、夫の方はスマホを見られた瞬間に「妻に攻撃されている」「プライバシーを暴いて、自分を責めようとしている」と感じると思います。

 

ですから一旦は、「攻撃するためではなく、安心したいためだった」ということを、言葉ではっきり示しておく方がいいと思います。

 

不倫夫は攻撃することで自分を守る

奥さんがスマホを見た理由、心配だから、不安だから……それを聞いてもまだ妻を責めるのであれば?

 

それは、奥さんにバレたくない何かが、まだあるのでしょう。

 

知られたくない、これ以上近寄って欲しくない。自分を守りたい……!

 

それらが逆切れや威嚇といった形で現れてくるのです。

 

もうお前とは絶交!離婚しかない!

 

このような極端なことを言ってくる夫もいます。

 

そう言われてしまうと、スマホを見たことをひたすら謝ったり「もう絶対しない」と約束してしまったりしがちですよね。

 

しかし、そういうやり取りをしてしまうと、夫は「次からも妻を強く威嚇すれば黙らせられる」と、妙に学習してしまいます。

 

スマホを見たという些細な罪を大きくあげつらって、自分の不倫を隠すことを正当化する夫。

 

女性関係について何か問われたら「そういえばお前、俺のスマホをこそこそ見てたよな!最低な奴!」と話をすり替えて、それ以上追及させなくする夫。

 

不倫中の男性というのは、悪知恵も働くし、自分と相手女を守るためなら何でも言いますからね……。

 

必要以上に謝らない、罪の意識を感じないこと

スマホを見たという行為について一度謝ったら、それ以上謝る必要はありません。

 

そもそも、疑わせたのは夫の方です。

 

実際に不倫の最中だったらなおさら、相手女性とどういうやり取りをしているか気になるのは当たり前です。

 

ですからスマホを見たという些細な罪に、必要以上に罪悪感を持たなくていいです。

 

夫に心理的に優位に立たれてしまうと、不倫解決のためには非常に不利になりますから「スマホ見たのは悪かったけど、心配だったから。もう見られたくないのだったら、信じられる行動をして欲しいです」という意味のことを伝え、あとは毅然な態度がとれるように頑張ってください。