旦那の浮気で実家に帰るときは目的を持ち期間限定で帰ること

夫の不倫がなかなかおさまらず、もう実家に帰って頭を冷やさせたい……

 

もうあの夫とは一緒にいられない、ひとまず実家に帰ろうかと思う。。。

 

浮気・不倫問題の最中、実家に帰ろうかどうか考える奥さんは多いと思います。

 

ただ、実家に帰ることによってメリットもあるし、デメリットもあります。

 

また、目的を持たずただ実家に帰っても、なかなか問題が解決しないということも考えられます。

 

今回は、旦那の浮気で実家に帰るときは目的を持ち期間限定で帰ること、というテーマです。

夫が浮気して実家に帰ろうか迷うとき

不倫する夫と、一緒に住み続けるのって本当に苦痛ですよね。

 

別の女とやってる男と同居しつづけるなんて、普通に考えてありえない……拷問のような生活になると思います。

 

ですから不倫中の夫とは別で暮らしたい、なら実家に帰ろうか、と思うのは当然だし、やむを得ないと思います。

 

ただ「嫌だから!」と勢いで実家に帰ってしまうと、あとあと面倒なことになるかもしれないので、目的を持った方がいいです。

 

不倫された妻の実家へ帰る目的は「反省して不倫をやめさせる」と「夫と距離を置き自分を取り戻すため」だと思います。

 

この目的が叶うかどうかをきちんと検証してから、実行にうつすことをお勧めします。

 

反省して不倫をやめさせる目的

「実家帰るから!帰ってきて欲しかったら不倫をやめてよね!」という形で実家に帰るケースを考えてみましょう。

 

昔のドラマを見ていると、正妻が夫の愛人問題に苦しんだとき「実家に帰らせてもらいます」といって帰っていき、夫があわてて妻を迎えにいくというシーンがよくありますよね。。。

 

しかしあれは昔の話で、かつドラマですから、実際はそんなにうまくいかないことの方が多いのではないでしょうか。

 

実家に帰ることで反省できる夫かどうか?

妻が実家に帰ることで、不倫を反省することができる夫でしょうか?

 

妻と別居をすることが寂しいとか、家事を負担してくれる人がいないとすごく困るとか、「妻がいないこと」を不便に思う夫でしょうか?

 

それがないと、妻の不在がむしろ自由に不倫できてしまう時間となってしまい、逆効果のこともあります。

 

最近は家事も楽だし、食事は外食やコンビニ、総菜を買ってくれば問題ない、という現代の夫にとって、妻の不在は昔ほど不便ではなくなってしまいましたしね……。

 

実家の親族にバレたらヤバいと思わせられるか?

妻が実家に帰れば、夫の不倫問題は妻の実家の親族に明るみにでる可能性大ですよね。

 

夫からすると、妻の実家の親族に、自分の不倫がバレるのは結構痛いものです。

 

妻の親族に自分の悪事がバレるのが怖ければ、早い段階で妻を説得しようと思うはずです。

 

一方、「妻は実家の親族に、自分の不倫を言わないだろう」と夫が考えていたり。

 

あるいは、夫に対して強く出られる親族がいないといった力関係だと……夫にとって「妻の実家の人たちにバレること」が怖くないわけですから、あまり効果的ではないです。

 

実家に帰られると強烈に困る何か事情はあるか?

自営業など、妻が実家に帰ることで、周り人たちに不審に思われたら困るとか、そういう事情がありますか?

 

もしそうなら、妻が実家に帰ることが反省を促す材料になると思います。

 

ないのなら、同じく妻の不在が夫の反省材料にはなりづらいです。

 

夫と距離を置き自分を取り戻す目的

不倫夫と一緒に暮らすのは本当に辛いと思います。

 

夫の顔色を見ながら、「今日は女と会うんだろうか」と想像するのも嫌ですよね。

 

不倫発覚と同時に心を病んでしまう奥さんもいるくらいです。

 

眠れない、食事もとれない、家事もできない、子どものことも構ってやれない、体重が10キロ近く減る……

 

こんな状態になっているなら、夫と距離を置いて、自分の心身のケアをしたほうがいいです。

 

距離を置けば、心が安定しますしだんだん自分を取り戻すことができますからね。

 

ですから自分の心と身体を回復させるため、という目的であれば、実家に帰るのも良い方法だと思います。

 

実家に帰るリスクを把握して期間限定で帰ること

夫が不倫中に、妻はいくつかの目的を持って実家に帰るかもしれませんが、やはりリスクがあります。

 

リスクをある程度把握しつつ、できるだけ期間限定で帰る方が良いと思います。

 

妻は勝手に出て行ったという身勝手な言い分

もし夫と今後離婚に向けて話し合う可能性がある場合。

 

あるいは、夫が女と結託してあなたに離婚を宣告しようと考えている場合。

 

妻が長期間実家に帰っていると、夫側から「妻は勝手に出て行ってしまった、俺は何もしていないのに妻が家庭を壊している」みたいに身勝手な解釈をすることがあります。

 

(法的にはそれほど影響はないようですが)

 

とはいえ、不倫夫は都合が悪くなると、不倫の原因も夫婦破たんの原因も「妻が悪い」と言い出す傾向があります。

 

夫の行動が把握できなくなる

不倫夫が女といつどのように会っているのか、別れる気があるのかないのか。

 

実家に帰っていると、夫の行動の把握ができなくなります。

 

不倫をなかなかやめないのなら、夫の不貞の証拠を取る活動もする必要があるのですが、別居していると行動把握がしにくいです。

 

そうなると、調査会社に依頼するにしても効率が悪くなり、通常より費用が高くかかることもありますよね。

 

不倫問題を解決するにあたって、「夫の真実の姿が見えない」というのはとても不利であるのは事実です。

 

昔と違ってそれほどダメージがないので反省しない夫が多い

上にも述べましたが、現代人の夫は昔より妻が実家に帰ることへのダメージが少ないです。

 

そのため、なかなか反省につながらないし、不倫をやめようとまでは思わないです。

 

「迎えに来て謝ってよね!」という妻の期待は裏切られることが多いです。

 

長くなると夫婦関係の破たんとみなされることもある

実家に帰って夫と別で生活していると、多くの妻がホッとしますよね。

 

「もうこのままでいいかも」とも思いやすいです。。。

 

一方夫の方も、同じく「もうこれでいいじゃん」みたいになりやすいです。

 

そしてその状態が長くなると、夫の不倫相手の女が「奥さんと別居しているなら早く正式に別れて私と結婚して!」と迫ってくることもあります。

 

不貞している夫から離婚を迫る場合は、「長い間夫婦関係は破たんしていた、不倫とは関係なく、夫婦は終わっていた」と証明しないといけなくなるわけですが、妻が実家に帰って長期間別居していれば、「破たんしていた」というのも認められやすくなります。

 

実際はずっと不倫していたのに、「妻が実家に勝手に帰ってしまった、そのあとに別の女性と関係を持ったんだから不倫じゃない」と、自分たちの不貞を正当化しようとする不倫カップルも多いです。

 

戦略としての実家帰りはアリ

以上のように、実家に帰るには目的を持つ方が良いです。

 

とはいえ、「夫に反省させ、不倫をやめさせ、迎えに来させたい」という目的だと、なかなか思う通りにはいかないかもしれません。

 

ですから実家帰省は心を落ち着かせ自分を取り戻すために、そして期間限定で帰ることをお勧めします。

 

あるいは、戦略として実家に帰るというのはアリかもしれません。

 

たとえば、実家に帰るといいつつ自宅で待機して行動を把握するとか、実家に帰り実父に相談し、夫を呼び出して話し合ってもらう、などです。

 

いずれにせよ無計画、かつ勝手に帰ってしまうのは不利になるかもしれないので、きちんと目的を持ち期間を区切った方が良いと思います。