夫の不倫に気づいたのに、言わなかったらどうなっていくの?

夫の不倫に気づいたのに、言わなかったらどうなっていくの?

夫が不倫していることに気づいた。でも、気づいたことを夫に伝えたら、関係が険悪になってしまうのではないかと恐れて言えなかった。

 

そのままうやむやにしていたら、何となく不倫が終わったような気がする……。

 

そのような形で旦那さんとの関係を続けている人もいると思います。

 

ただ、夫の不倫に気づいたことを言わないままでいいのかどうか、不安になることもあるのではないでしょうか?

 

夫から自発的に不倫をやめてくれることを期待する妻

夫の不倫に気づいても黙っているという奥様の心には、「旦那さんが自分で気づいて不倫をやめてくれるように……」という期待があると思います。

 

一時の気の迷いで不倫相手の関係を持ったが、「やっぱり妻が一番だ。妻を愛してるから別れたい。」そう言って妻の元に帰ってきてほしい。

 

その気持ちはよくわかりますし、当然ですよね。

 

その間にも、夫の不倫に気づいた妻は、夫が不倫に走った理由は自分自身にあると結論づけます。

 

そのため、もっと夫に愛されるためのを活動を必死で頑張る人もいますね。

 

自分が、良い妻・愛される妻になれば、夫は不倫相手と別れて家庭に帰ってくる(はず)。

 

こうやって、不倫されて傷ついた心をに蓋をしたまま、愛され妻を頑張り、不倫をやめてもらうまで待つ。

 

このような状態になっている妻が非常に多いと思います。

 

夫は、自分から不倫相手に別れを告げることはできない

ただし、夫が自分の意思で不倫相手に別れを申し入れて、不倫をやめ家庭に帰ることはほとんどありません

 

自分の意思で不倫をやめることができるほど勇気のある人は、そもそも不倫という現実逃避的な行動をしないのです。

 

不倫をしてしまう男性の多くは、簡単な方法で人に認められたい、誰にでもいい格好をしたい、争いごとからは逃げていたい、自分中心思考で他人の感情に共感できない、といった心の弱さを持っています。

 

このような心の弱さが不倫を引き起こしているのです

 

そして一旦始まった不倫相手にも、その場限りの甘い言葉をささやき始めます。

 

「妻とは別れるつもりだ」「いつか一緒になろうね」「君は僕の最後の女だ」などなど。

 

不倫相手にもいいことを言い、妻には嘘をつき、表面上家庭円満を演じて、不倫相手の女の所に行けば「君が一番だ」とささやく。

 

そのような、あっちこっちにフラフラ、甘い言葉を言うだけ言って、面倒なことからは逃げてばかりなのが、不倫恋愛です。(もちろん相手の女もそうです)

 

こんなことをしている人が、奥様が何も言わない状態であるのに、きっぱりと不倫相手と別れて、自分の意思で家庭に戻ってくるということができるでしょうか?

 

やはり多くのケースでは、不倫夫は何らかの圧力をかけられないかぎり、不倫をやめられないというのが現実です。

 

夫が不倫をやめるときとは

不倫をする男性は以上のように自分の意思を持たず、欲望のままに動いているということをお伝えしました。

 

そのような男性が不倫をやめるのは、大胆に分類すると以下の2つがきっかけです。

 

一つは相手の女性から別れを告げられるとき(あるいは事情があって会うことができなくなったとき)要するに夫の意思と関係ない別れ。

 

もう一つは、妻にばれてしまって、妻の悲しみや辛さに気づいたり不倫行為には大変なリスクがあるということを身を持って知った時です。

 

不倫をする夫が家庭に戻ってくるのは、もうその不倫を続けることができないといった障害が起こる時だけです。

 

夫の人間性を期待して、夫が自分を愛し家庭への良さを再確認して戻ってきてほしいと期待するのはよくわかります。

 

しかし妻が何も言わないまま、放置するままでは不倫は解決していかないケースが多いです。

 

相手の女の気持ちが冷めたとか、転勤などで会えなくなったといった、夫の意思とは関係ないところで終わる場合もあります。

 

しかしそれって、ほとんど偶然、運任せの終結です。

 

この形で不倫が終わったとしても、夫の「不倫する思考回路」が治らない限り、機会があればまた問題は再発します。

 

もちろん夫の不倫に気付いた時に、夫にやめてほしいと伝えるのはすごく怖いと思います。

 

しかし妻が黙っているだけでは不倫関係はずっと水面下で続くかもしれません。

 

そして放置してる間に女性が妊娠するリスクも生まれてきます。

 

さらに相手の女性が焦って結婚を迫ってきて、断りきれない夫が妻の側に「離婚してくれ」と迫ってくることだってあり得るのです。

 

どうしても不倫に気づいたことを伝えるか伝えないか躊躇してしまうと思うのですが、放置するとこういったリスクがあることを意識しておいてください。

 

そして夫の動向をしっかり把握して、もし不倫がまだ継続しているようであれば、証拠を取っておくなど、具体的な対策をした方がいいです。

 

そして勇気を持って不倫について話し合っていくことが大事だと思います。

 

不倫に気づいているのに伝えられないままだと妻の心も壊れていく

また、不倫に気づいたのに黙っていることのデメリットがもう一つあります。

 

それは、夫の不倫問題に気づいたというのに、知らないふりをして我慢し続けるという行為が、妻の心を蝕んでいくことです。

 

不倫という精神的な虐待を受けているというのに、その行為そのものがなかったかのように振る舞うというのは、通常では考えられないくらい心には負担になるものです。

 

自分では気づかないままにどんどん心が辛い気持ちも感じなくなる。

 

夫のことなんかどうでもよくなったり、夫への愛情が冷めていくことも考えられます。

 

そして自分の気持ちに気付かないように振る舞うことによって、人生そのものの喜びや希望のようなものも感じなくなってしまいます。

 

夫の不倫に気づきながら、言わないままでいる。それは表面上夫との関係に波風は立たないし傷つくこともありません。

 

ですが、放置した先のデメリットの重さを考えると、気づいたのであれば、タイミングを見つけて夫と向き合うことをおすすめします。

 

まとめ

夫の不倫に気づいたのに、言わなかったらどうなっていくの?

  • 表面上夫婦間に波風は立たないし、自分の心も傷つくことはないが
  • 夫が自分の意思で不倫相手に別れを申し入れて、不倫をやめ家庭に帰ることはほとんどない
  • 夫が不倫をやめるのは、事情があって会うことができなくなったときと、妻の悲しみに気づいたり不倫行為には大変なリスクがあるということを身を持って知ったとき
  • 水面下で不倫が進行し、相手の女が妊娠したり離婚を迫られたりといった重いリスクがある
  • 不倫に気づいているのに伝えず我慢したままだと妻の心も壊れていく
  • 気づいたのであれば、タイミングを見つけて夫と向き合った方が良い