夫の不倫行為は異常なことだという認識を持つべき

夫の不倫行為が発覚した時、妻は、「まさかうちの夫が!」と衝撃を受けると思います。

 

しかし、なかなか夫が不倫をやめなかったりすると、妻の心が変化して、なんとなく不倫問題がある生活が普通の状態になってしまうことがあります。

 

これって凄く危険ですよね?今回は夫の不倫行為は異常なことだという認識を持とう、がテーマです。

妻が感情的になる方が正常

夫の不倫行為が発覚した時の最初の衝撃は酷いものだと思います。

 

全身から力が抜けたり頭が真っ白になったり、涙が溢れたり怒りに気が狂いそうになったり。

 

実はその感情の方が当たり前であり、本来なら常に持っておくべき妻の正しい反応なのです。

 

しかし、不倫発覚からしばらく時間がネットで色んな情報を集めたり、サレ妻さんのブログや愛され妻カウンセラーのブログを読むと

  • 私が可愛い「愛され妻」じゃなかったから夫は不倫したんじゃないか?
  • 夫をかまってあげなかった、セックスを断ったこともある、それが原因なんだ
  • 離婚したくないなら、不倫した夫であっても許してニコニコして受け入れてあげるべきかも

というように、思考が変わっていくことがあります。

不倫されても仕方ない、と認識がおかしくなる

さらに夫が不倫行為を続けていて帰ってこない日があるとか、出張と偽って女と不倫旅行に行ってるのがバレバレであったり。

 

そんな状態であるのに、夫に対して何も言えない日が続く。

 

この状態が当たり前になると、「これって普通なのかな」と認識がおかしくなってきます。

 

さらに1、2回夫に不倫のことについて話し合った時に、夫が不倫を正当化するようなことを言われてそれを鵜呑みにしてしまうこともありますよね。

  • お前が夜の生活を断ったから俺は不倫した、だから仕方がない
  • 仕事で辛い思いしてる時にお前が支えてくれなかった
  • 子供ばかり気にかけて俺の事はほったらかしだったじゃないか
  • お前は俺のことわかってくれない、この家には俺の居場所がないと思ったんだ、だから不倫したんだ。しょうがないだろ?

このように言われることで、「確かに……そう言われれば、そうかもしれない。。。夫が不倫に走ったのも、仕方がないかも。私が悪かった、反省しないと……」

 

と思って、自分の責任にしてしまうことがあります。

 

そして、自分の態度を改めるということに必死になってしまう。

 

妻が努力すれば夫の不倫が終わるはず、でもまだ完璧な妻じゃない。だから夫の不倫は終わらない……

 

これを繰り返すことで、不倫を継続されることが仕方がないことのように思ってしまうのです。

不倫発覚時の記憶を薄れさせないように

不倫発覚時から時間が過ぎるごとに、だんだん夫婦の思考がゆがんできて、家庭内に不倫問題があることが普通の状態になってくることがあります。

 

ですから是非、不倫は異常なことであるということを再度思い出して欲しいです。

 

不倫が発覚した当時の最悪な感情を思い出すのは辛いと思いますが、妻は夫に不倫されて、気が狂うぐらい辛いのが当たり前です。

 

不倫は精神的な虐待であり、不法行為ですよね。

 

それが平然とされているのは異常事態であることを夫婦共に認識していないと、その不倫行為はずっと続くのです。

 

妻であるあなたが「この不倫はおかしい」という認識が薄れていくと、正しい対処もできなくなってきます

 

問題対処していくためには、妻が「嫌だ!やめて欲しい」と夫に訴え続けていく必要があるのですが、妻に嫌だという気持ちがなくなってしまえば?

 

「もうどうでもいいわ……」と仮面夫婦化したり、夫の不倫問題が公認の状態になったりする可能性があるわけです。

世の中の情報に影響されないで

テレビでは、女にモテるをアピールしたい男性芸能人が、「不倫したけど女房には謝ったら許してくれた」みたいなことを自慢げに語ってる番組もありますよね。

 

あのような番組を真に受けて、やはり男は不倫ぐらいするんだ、許してあげないと妻失格だな。。。というようにならないよう、注意してください。

 

女性癖の悪さをキャラにしている男性芸能人のただのネタです。(なぜか面白くない芸人に多い発言ですよね?)

 

一般的な常識では不倫は男女共に人を傷つける行為で、許されないし、傷つく方が正常なのです。

怒ったり泣いたりするのが健康な心を持つ妻

影でコソコソ不倫をされるなんて嫌だ、虫唾が走る、不倫してる夫と生活を継続するのは辛すぎる。

 

どうして私がこんな目に合わなきゃいけないのか?我慢しなければいけないのか?こんなことをされるような価値のない人間ではないはずだ!

 

そう思うのが当然です。泣いて怒るのが、健康な心を持っている証拠です。

妻の不快感が不倫解決のエネルギーになる

夫に不倫されるのは異常な行為だ、精神的虐待をされてる、他の女と二股かけられるなんて許されない!

 

このような妻の不快感があるからこそ、不倫を解決させようと思いますよね。

 

そういった不快感をしっかり持っておくことが大事です。

 

夫婦を再建したいのであれば尚更、妻も夫も「不倫は異常行為なんだ」と心の底から思わないとだめだと思います。

 

不倫が渦中であれば、夫の側は快楽刺激で頭がお花畑なので、自分から不快感を感じることはないでしょう。

 

一方、妻の方まで不快感を除去してしまったら、一体誰がこの不倫問題を解決させようと動き出すでしょうか?

 

不倫されて辛い気持ちを持ち続けるのはしんどいと思います。

 

しかしその気持ちが不倫解決のエネルギーになると思って、強い味方にしてください。

 

嫌な気持ちはなるべく早く消してしまいたいと思いますが、問題はそこにあるのに嫌な気持ちだけを消してしまったらいけないです。

 

嫌な気持ちを感じたくないために「不倫は仕方がない」と正当化してしまうのは、一時的には楽になりますが、後から大きなツケを払わされることになるからです。