浮気中、妻への態度が豹変する不倫夫の方が実は人の心があるかも?という話

浮気を始めてから、態度が豹変した不倫夫に苦しんでいる奥さんは多いですよね。

 

  • もうお前とはやっていけない
  • 顔も見たくない、話したくない
  • お前はいつも、俺を否定してくる。もう我慢したくない
  • 本当は結婚するのは嫌だった。昔からお前のことは好きじゃなかった

 

こういう類のことを言い、自室に消えたり、家にかえって来なくなったり。

 

ことあるごとに「チッ」と舌打ちして奥さんを遠ざけたり……。

 

こういう仕打ちをされると本当に絶望しますよね。

 

  • もうダメだ……この人は完全に変わってしまった。
  • この人とは、もうやっていける自信がない。
  • これほどまでに嫌われてしまったのなら、もう何を言っても無駄な気がする。。。

 

そう思うのも当然です。

 

事実、こういう夫の態度に心が折れて、本当に修復不可能な状態になっていくご夫婦もいます。

 

ただ、浮気夫の中には「浮気しているというのに家庭での態度がまったく変わらない人」という人たちもいまして

 

実は、このタイプの人の方が悪質度が高いこともあります。

 

むしろ、人としての心があるからこそ、不倫中は家庭での態度が変わるのかもしれません。

 

不倫男性は、奥さんの前ではそうなってしまうのも仕方がないな……という心理状態になっていますからね。。。

 

ですから、態度が豹変したからといって、ご主人が完全に冷たいひどい人に変化したというわけではないと思います。

 

さらに不倫が終われば、豹変した夫も、また元に戻ってくるということも考えられるのです。

 

妻への態度が変わる=悪いことをしている自覚がある

まず、不倫を始めた頃、あるいは不倫がバレたころに、家庭での態度が豹変するという夫の場合。

 

それはご主人が「悪いことをしている」という自覚があり、それに伴ってうしろめたさとか奥さんにバレたらヤバいな、という不安など、人として当然の心理が働いているということです。

 

(だったらやるなよ!と思いますけど……)

 

一方、家での態度が全然変わらない人というのは、悪いことをしている自覚すらないとか、奥さんにバレたらどうしようと不安にすらならない人かもしれません。

 

  • 「男は浮気くらいしたって平気さ」
  • 「どうせバレたって妻にはウソをつき続ければいいし~♪」
  • 「別に妻が泣こうがわめこうが、どうだっていい」

 

こう思っていれば不倫の渦中であっても、家庭での態度はあまり変わらないです。

 

板挟み状態に疲れ、ストレスでイライラしている

また、不倫女と会って、家庭に帰り奥さんと生活する。

 

そしてどちらに対してもイイ顔をして、どちらの女性にも嘘をつき、どちらの女性に対しても「君の方がずっと好き」という態度を取り続ける。

 

そんな生活は、普通の男性ならすぐに続かなくなるのです。

 

(だったらやるなよ!と思いますけど……)

 

相当器用な男性でない限り、二股状態がキツくなってきます。

 

そうなると次第に奥さんに対して冷たい態度を取り、二股の状態から解放されようとするのですね。。。

 

特に女が嫉妬心の強い女で、「奥さんには優しくしないで!」とか「奥さんと仲良くするなんて……私のことは遊びってことでしょ?」みたいにプレッシャーをかけるタイプだと

 

不倫男性は徐々に疲れ、ストレスでイライラしてきます。

 

そして甘えることができる家庭で、そのストレスを発散するわけですね。

 

一方、態度が変わらないタイプの人の場合。

 

上記と同じく、奥さんに対しても罪悪感が無く。

 

不倫女から圧力を受けていてもそれに動じることもなく。

 

二人の女性に対して嘘をつくことへの心理的負担も少ない。

 

だから飄々と、平気でいられるのかもしれませんよね。

 

ということで、不倫を始めてから奥さんへの態度が豹変するのも、一応「人の心があるからこそ」と言うこともできます。

 

問題は、豹変した夫の態度に奥さんの方が参ってしまい、本当に嫌われたと勘違いして逃げるように離婚を選んだり、不倫夫に対して適切な対処が取れなくなることです。

 

不倫して豹変するのは、不倫中だからこそなのであって、不倫をやめれば元に戻ることも多いですから、振り回されすぎないように頑張ってください。

 

豹変状態から元に戻る条件

態度の豹変状態から元に戻るときとは、いくつか条件があるのですが、それは

 

嘘をつく必要がなくなってから

不倫女と本当に別れていて、奥さんに対してもう隠していることがなくなったとき。

 

夫は奥さんに近寄られてもウソをつかなくて済むし、下手なことを言って隠していることがバレる心配もなくなるので、豹変した態度も元に戻ってきます。

 

一方、「不倫はもうやめた」という発言をしているというのに、態度が不倫中と変わらない場合は、まだ終わっていない(水面下で継続中)可能性が高いでしょう。

 

「女とも別れたけど、お前とももうやっていけない」「お前が嫌いだという気持ちはこれからも変わらない」みたいなことを言うのは、まだ女がいて、それを知られたくないからかもしれません。

 

「責められる」という不安がなくなってから

奥さんから不倫について責められるに違いない!と思って恐怖を感じている夫は

 

不倫中とおなじように奥さんに冷たく当たって遠ざけたり威嚇したりして、何とか責められないように防衛的になります。

 

女と別れたけど、妻には許してもらえないに違いない

 

また責められる、怒られる、何されるかわからない……

 

そういう恐怖が強いとき、不倫経験のある男性は自分を守るために、防御の威嚇を続けるのですね。。。

 

これ以上妻を傷つけてはいけないと理屈ではわかっていても、責められる恐怖から逃れたくて、妻に気づかうことなどできない状態になっているのです。

 

そのため不倫を終えてからしばらくして、奥さんの怒りや悲しみが少しずつ癒えてきて、夫に対して責める機会が減ってくると。

 

夫の方も警戒を解き、徐々に元に戻ってくると思います。

 

態度の豹変に振り回されすぎないように!

不倫して豹変する夫、それは一応人の心があるからかもしれません。

 

理解しにくいことですし我慢しすぎる必要もないのですが、少なくとも態度が豹変したのは奥さんのことを本気で嫌いになったわけではないということを知っておくべきだと思います。

 

さらに、豹変後の態度がずっと続くとは限らないこと。

 

女と切れて隠すことが減れば、元に戻る可能性もあることなど、不倫者独特の心を知っておくと、振り回されることも減ってくるのではないでしょうか。