夫の不倫相手が結婚を焦る略奪女「早くして!」に対抗する妻の態度とは

夫が不倫をし始めてから、いきなり態度が大きく変わったり、突然離婚を言い出したり、今までどれほど夫婦仲に問題があったのかを力説し始めたり。

 

「早く離婚してくれ!」「俺には時間がないんだ!」「お前とはもう、1分でも一緒にいたくない!」など。

 

とにかく「急激に奥さんへの当たりがキツくなる」というケースがあります。

 

その場合、不倫夫が女から、ある圧力を受けていることが多いのですが、それは「早く決断して!」というタイプの圧力です。

 

略奪系不倫女の「早くして!」が夫を追い詰める

女の「早くして!」という動機が何なのかは、女によってさまざまではありますが、「早く奥さんと離婚して、私と再婚して!」という動機がいちばん多いです。

 

  • 早く奥さんとの関係を切って!
  • 早く私だけを愛するって誓って!
  • 早く「プロポーズ」して!
  • いつまで待たせるの?周りの友達はみんな結婚したのに、私だけいつまでも不倫恋愛のまま!
  • 早くみんなに「プロポーズされたの」って報告したいのよ!
  • 早く奥さんに勝ったって勝利宣言したいの!!

 

早く!早く!早く!!!いつまで?いつまで?いつまで?

 

このように、略奪婚を狙っているタイプの不倫女は、夫に圧力をかけるのですね。

 

それを受けて不倫夫は奥さんに対し

 

  • 早く別居しよう
  • 早く離婚の手続きをしよう
  • いつまで待たせるんだ?俺には時間がないんだ
  • いつまでも俺を縛るな!自由にさせてくれ
  • ずっと前からお前とは無理って思ってた。もう限界なんだ

 

こういうことを言うのです。

 

ただ、これらの発言の真意は

 

「早く女の機嫌を取らないと、ヤバいことになるかもしれない。」

 

という類の焦りだと思います。

 

こういうことを奥さんに言う際、理由がないと話が通らないので、「もうお前の顔を一秒でも見ていられない」のように、奥さんを毛嫌いしていて、もう限界!のような発言をする人もいます。

 

しかしそれはほとんどの場合、無理やり取ってつけた理由であって、本心ではありません

 

ただ、こういう態度を急に取ってくる夫に対し、傷つかない奥さんはいませんよね。

 

傷つき動揺し、そんなに嫌われていたんだ……と絶望し。

 

これ以上嫌われたくないから黙るしかなく。

 

「悪いところは全部治すから、考えなおして」と夫にすがりついたりすることもあるでしょう。

 

女の影響だと妻が気づけるか?が起点となる

ただ、この段階でご主人が不倫をしていることを知っているのなら、原因は絶対に女の圧力があるからだということに気づいてください

 

また、いきなりご主人が離婚宣告してくるなど急な態度の変化があるなら、「うちの人は浮気はしてないはず」と結論づけず、まずは女の存在を疑うべきだと思います。

 

奥さんが大嫌いになったから、離婚を急いでいるのではありません。

 

女がいるから、さらにその女が「早くしろ!」と急き立てているから、そうなっているのです。

 

まずそこに気づけるかどうか、が一つの起点になります。

 

気づけないままだと、奥さんがこれ以上夫に嫌われないためにと、無駄な自分磨きを始めてしまい、問題からずれていきます。

 

夫婦修復カウンセラーの「離婚回避プログラム」とかに申し込んでしまうと

 

「奥さん、あなたの態度のせいで夫は離婚したがっているんですよ?治すべきはあなたです!」と言われますからね。

 

そんな助言に従ってせっせと妻としての態度を改めても、そもそも原因がそこには無いのですから、無駄なのです。

 

ですから夫の急激な変化は、「早くして系の略奪女」に圧力を受けているかも?と気づくこと。

 

そして、「早くして系の略奪女」に対抗するためには、奥さんが夫の態度に、いかにして振り回されないでいるか、がポイントになると思います。

 

早くして系の略奪不倫女は、待てない

早くして!いつまで待たせるの?早く!早く!と、既婚不倫男性に詰め寄る女。

 

それはなぜかというと、そういう女には「待つ力」が無いからです。

 

待てないから、早くしろ早くしろ!と、愛しているはずの既婚男性に詰め寄るのです。

 

そもそも不倫とわかっていて交際を始めたのなら、成就などできるわけないのは明白ですよね?

 

百歩ゆずって成就の可能性があったとしても、その前には克服すべき問題が山ほどあるわけですから、数年から十数年の時間がかかるのは当然です。

 

しかしこのタイプの不倫女は、とにかく目の前のことしか見えないし、都合の悪い展開になることに耐えられません。

 

そして思い通りに行かない理由をすべて人のせいにして、人に解決させようとするわけですね。

 

その圧力が、まずは不倫夫に行きます。

 

早く離婚を決めてきてよ!と。

 

本来、不倫夫の方は、都合よく妻以外の女とやれればいいという程度で不倫を始めています。

 

しかし女の方が驚くほど強烈に略奪婚に執着し始めてから、そのときになってはじめて

 

「えーっ……どちらかに決めないといけないの?どうしよう」となるのですね……。

 

ここでサクっと不倫女から手を引ける男性もいますが、女に捕獲されてしまう人もいます。

 

そうなると、女の言いなりになり「早く奥さんに〇〇って言ってきて!いつまでも奥さんと〇〇していないで!早く奥さんより私の方に〇〇をしてちょうだい!」という圧力に振り回されていきます。

 

待てない女は、待てないからこそ不倫夫を振り回すのです。

 

そして、女に振り回されている夫に「早く離婚してくれ!」と圧力を受け、奥さんの方もそれに振り回されてしまうことがあります。

 

しかしそうなってしまったら、不倫女に夫経由で振り回されることになりますよね。

 

ですから奥さんの方は、待てない不倫女の操作に、とにかく振り回されず、動かないこと。

 

すごく辛いですが、待てない不倫女の執念が根負けするまで、奥さんが待てるかどうか?です。

 

不倫夫の「早く!早く!」に動じない

こうなっている時期は、奥さんとしても辛いでしょうし、不倫者たちを別れさせるという行動も起こしづらいと思います。

 

待てない不倫女にとって、今まさにこの時期は「決戦の時期」と思っているわけですから、奥さんが無計画に女に立ち向かっていけば、不毛な闘争劇が幕開けするだけですよね。

 

ですからこうなっているときは、奥さんの「待つ」「動じない」も大事な戦略だと思います。

 

夫から「離婚だ!お前が嫌いだ!消えろ!」と言われるなか、動じず待つ、というのは本当に苦しいと思います。

 

夫への愛と、ご自身への信頼がなければできませんよね。

 

ただ、闘いは、攻撃以外にもさまざまなものがあります。

 

相手の弱点を突くというのが闘いの基本だと思うのですが、こういうケースの場合、不倫者たちの弱点は「待てない」です

 

となると、奥さんの武器は「待つ、動じない」です。

 

そのためには不倫者たちの心に何が起こっているのかを知ることが大事です。

 

そして、ある程度の展望というか、不倫解決のための流れ(戦略)みたいなものを知っておくといいのではないかと思います。

 

その方が、奥さんの心が折れることなく「待つ、動じない」ができますからね。