不倫している夫と話し合わずに不倫問題は解決するの?話し合うと離婚になる?

不倫している夫と話し合わずに、不倫問題は解決させることはできるのだろうか?と考える奥さんは多いですよね。

 

話し合うのって本当に勇気が要りますし、相手があることですから絶対に思い通りに行くとは限らないですから、怖いですよね……。

 

さらに、夫婦修復カウンセラーの一部の人も

 

「夫が浮気をしていても、問い詰めたり話し合いをしない方がいい。関係が悪化するだけだから。最悪離婚になってしまう人もいるから、気を付けなさい」

 

という内容を発信していますから、不倫問題について夫と話し合うのはむしろ良くなくて、話し合わない方が解決するのではないか?と思う奥さんもいると思います。

 

「解決」をどう解釈するか?

ただ、結論を述べますと、「不倫問題の解決」という意味が

 

「離婚しないこと」あるいは「仮面夫婦や夫のATM化を含め、とりあえず表面的には波風が立っていない夫婦関係になること」であれば、可能かと思います。

 

一方、奥さんが求める不倫問題の解決が

 

不倫の無い夫婦関係になることだったり、夫婦として愛し合い慈しみあう関係になること、と定義するならば、話し合い抜きで解決させるのは非常に難しいと思います。

 

不倫している夫と、話し合うのが怖い。不倫をやめて欲しい、何で不倫なんてしてるの?私のことどう思っているの?これからどうするつもりなの?

 

聞きたいことはいっぱいあるのに、話し合うことがどうしても怖い……

 

不倫について話をし始めたら、夫は逆ギレして「離婚だ」と言い出すかもしれない。

 

問い詰めてしまったら、夫からもっと嫌われるかもしれない。

 

何か言われたら泣くことしかできない……

 

だから、何とか夫との話し合いを避けていたい。

 

でも、不倫はやめて欲しい。離婚になったら本当に困るし……。

 

だから、できれば夫が自分の意思で不倫女との関係を終えて、家庭に帰ってきて欲しい。

 

そのためには、妻である私は何をしたらいいんだろう?と、考えたあげくに行きつくところは

 

  • 妻としての役割をもっとカンペキにこなそう!良妻賢母になろう
  • メイクや夜のテクを磨いて、女として再度愛されるように頑張ろう
  • 夫を立てて、褒めて、感謝しよう
  • 料理を頑張って、胃袋をつかもう!
  • 引き寄せの法則を使って、「ラブラブ夫婦」をイメージしよう。そうすれば思考は実現するから、また新婚当時の夫婦に戻れるかも

 

このような、「夫と話し合う方法」以外の方法で何とか解決させようと頑張り始める人がいますね。

 

それはそれで、メンタルケア的な効果はあるかと思いますが……

 

この方法だと、夫が不倫をやめるかどうかは、正直なところ「運しだい」「相手の女次第」になることでしょう。

 

話し合いをすれば離婚になるかも?話し合おうとすれば、夫から嫌われてもっとないがしろにされるかも?

 

そのように不安に思うかもしれませんが、むしろ現実的な対処をしないでいる方が、そのリスクは高くなります

 

夫がどんどん不倫にのめり込んだり。

 

女が「奥さん何も言ってこないということは、本当に夫婦破たんしているのね!だったら早く離婚して私と再婚してよ」と迫ってきたり。

 

自由に不倫しているうちに女が妊娠して、奥さんに離婚を迫らざるを得ない状態になったり。

 

そういうことが起こるリスクと比べると、奥さんが夫との話し合いをしたことによって離婚になるリスクの方がずっと低いですからね。。。

 

話し合い抜きで終わる不倫もあるが再発可能性大

奥さんが夫に不倫をやめさせる働きかけをせずに、(夫と話しあうこともしないうちに)夫の不倫が終わった、という事例も実際あります。

 

それは、相手の女がフェイドアウトしたというしたというケース。

 

不倫は女性側が別れを決めることが多いので、要するにご主人が女にフラれれば、不倫は終わります。

 

あと、物理的に離れざるを得ない事情が起きたとか。(引っ越し、転勤、女の家庭状況の変化、など)お互い飽きたとか。

 

そういう不倫の終焉というのもあるのですが、それって本当に、不倫が終わるか否かを運に任せるということになりますよね?

 

そして、女の選択に任せるということですよね。。。

 

そうなると、たとえそのときの女とは別れたとしても、またご主人に新たな不倫のチャンスがやってきたら、簡単に再発させるのではないかな?と思います。

 

ですから、どこかで奥さんが夫と話し合うことを避け続けていると、奥さんの求める夫婦関係にはなりにくいと思えます。

 

話し合いに適さないタイミングもある

ただし、話し合うにしても、適したタイミングがあります。

 

話し合いに向かない時期に、いくら奥さんが「話し合って、向き合って」と言っても、上手くいかないです。

 

それは、夫本人が完全に女に入れ込んでいて、絶対に女を手放したくないと思っているときなどですね。

 

不倫渦中の男性は一時的に、奥さんとの関係よりも、女との性行為に執着している時期があります。

 

ですからこの時期に奥さんが「夫とは本音で話し合いたい」「正直に、誠実に向き合ってほしい」と願っても難しいのです。

 

この時期はまず、女と別れさせるという働きかけと割り切って、夫と話合いをするつもりの方がいいです。

 

気持ちを通い合わせようというのではなく、別れさせるための働きかけと割り切って、話す

 

話す、というより、「伝える」とか「不倫は許さないことを通告する」みたいなイメージでしょうか。

 

奥さんが期待する「話し合い」ではなく、不倫渦中だったらもう少し事務的で、一方通行的になると思います。

 

でも……そんなのは本当の意味での話し合いではないのでは?と思いますよね。

 

しかし、そのようにしないと、奥さんのメンタルがやられてしまいます。

 

  • 夫は分かってくれると思っていたのに、全然わかってくれない。
  • 別れると誓ったのに、水面下で続いていた……
  • 私の傷ついた気持ちを理解してくれると思っていたのに、理解しようともしない
  • 話し合う度に夫の言い分に振り回されてしまい、まるで自分が間違っているかのように感じる
  • 逆切れされてそれ以上何も言えなくなり、ますます追い込まれる

 

期待して話し合おうとしたのに、毎回期待を裏切られれば、本当に奥さんの心が壊れますよね?

 

ただ、不倫渦中の男性には奥さんとの話し合いができる心理状態にないので、こうなるのは仕方が無いのです。。。

 

ですからあらかじめ、「女と別れていない状態の夫は、嘘しかつけないし、奥さんに対して誠実に向き合うことは不可能なのだ」と思っておいた方が、心を守ることができると思います。

 

一方、夫婦で本気で向き合って話し合うのは、夫が女と別れてからです。

 

女と別れてしばらく経ってからなら、奥さんに嘘をつく必要がなくなるし、夫の側も奥さんとやり直したいという気持ちが芽生えてきますから。

 

女と別れたからもう安心……と、夫との本音の話し合いを避けてしまうと、これまた夫は「過去の不倫は許された」と軽くとらえます

 

そして奥さんの気持ちにも気づけないし、自分が起こした行為で、誰をどのくらい傷つけたのか、意識することもできません。

 

その状態で放置すると、数年経って、また不倫のチャンスがあれば?どうなるかわかりませんよね。

 

ですから話し合いが怖いのはわかるのですが、避けて通れないのではないかと思います。

 

適した時期に適したメッセージを夫に伝えることを心がけ、必要以上に話し合いを怖がらないように頑張ってください。