不倫中の夫との「話し合い」は、上手くいかないのが当たり前

不倫をしている夫と今後について話し合っても、言い訳ばかりで埒が明かない。

 

何度も話し合おうと投げかけても、夫は向き合おうとしない……

 

どうしたら、きちんと話し合うことができるんだろうか?悩むところだと思います。

 

今回は、不倫中の夫との「話し合い」は、上手くいかないのが当たり前、というテーマです。

不倫中の夫と話合いができない

不倫中の夫とは、いろんなことを話し合う必要があると思いますよね。

 

不倫をやめて欲しいというのも伝えたいし、これからどうするつもりなのか夫の覚悟を知りたい。

 

女とどうなっているのか、どうするつもりなのか。

 

話し合って解決したいのにできない!時間もないし夫の態度も訳がわからないし、そもそも自分も何を伝えたいのかどうしたいのかわからない。

 

だから話し合いが始まったとしても、感情のぶつけ合いになったりウソと言い訳の嵐で、最終的にはグッタリ……

 

そういう日の繰り返しかもしれませんね。。。

 

夫は何を問いかけても無言で黙るか、「わかったよ」と言いながら逃げていったり。

 

「大丈夫、もう別れたから。君が心配するようなことはもうないから、安心してね♪」と軽く受け流されてしまってかえってモヤモヤしたり。

 

その連続だと、もう「話し合いすらできないと夫婦として終わりではないか?不倫問題の解決なんて程遠いかも」と絶望しますよね。

 

ただ、不倫中の夫との話し合いで、うまく行く人って本当にいるのでしょうか?

 

むしろ最初から話し合いなんてうまくいくわけない、と思っていたほうがいいかもしれません。

 

そもそも不倫中の夫は、妻を前にしたら嘘と言い訳しか言えなくなりがちです。

 

さらに、不倫された妻の方だって、夫を前にしたら怒りと悲しみで感情的になって会話にならないのが当然です。。。

 

ですから話し合いしなければいけない!上手く話し合いができないとヤバい!と思う必要はないです。

 

話し合いで解決!に期待しない

夫婦間で不倫について話し合うこと自体は必要なことだと思います。

 

ただ、その話し合いが解決に直接結びつくかというと……難しいです。

 

話し合いで「相手の女とは別れるから!大丈夫だから」と夫が言ったとしても、それはその場で妻を納得させてうまく逃げるための嘘であることが多いです。

 

そして、安心したい妻はその言葉を信用しますが、よく調べてみたら、別れると言ったくせに水面下だった、というのはとても多い展開。

 

あの話し合いは何だったのか!!」と、怒りと悲しみで再度立ち上がれないくらい傷を負う。。。

 

そしてまた話し合いをして、夫の言葉を信用して、また裏切られ……みたいになることもあります。

 

ですから話し合いで夫から何かの言葉を引き出したとしても、それで解決になるとは期待しないほうがいいかも、と思います。

 

これは、夫の不倫を見て見ぬフリとは違います。

 

話し合いそのものは必要なときがあるでしょう。

 

不倫を知っているということを伝えたり、あなたの気持ち伝えたりするのは大事だと思います。

 

しかし!それを夫が理解して、妻の希望をくみ取り、「だから不倫をやめよう」とはならないことも多いので、あらかじめそれを覚悟して話し合った方が良いということです。

 

「話し合いの成功」と不倫が終わるかどうかは別

「話し合い」は、うまく行かなくてもいいのです。

 

そもそも不倫中の夫とその妻は、少なくともその問題の前では「敵対者」みたいになるのが当然なので、上手く話し合えるわけがないです。

 

ただ、話をすれば妻の気持ちや考え、覚悟みたいなものは、たとえその場の話し合いで夫が黙り込んだり逆ギレしてきたりしても伝わっているはずです。

 

ただし、あなたの気持ちを伝えたその後、夫が不倫をやめるのか、水面下で続けて妻を裏切り続けるのか。

 

それを決めるのは夫本人であって、妻にはコントロールできないですよね。。。

 

妻の期待する方向へ行くことも当然あり得るし、その逆もある。

 

それは、話し合った内容とは全然違うこともありますからね。

 

話し合いは決裂して大喧嘩で終わったけれど、しばらくしたら夫が不倫女に話をつけて家庭に帰ってきたというケースもあります。

 

しかし一方、「もうやめる、もう二度とお前を傷つけない」と涙ながらに許しを乞い、話し合いはうまくまとまったのに水面下継続がのちにバレて再度修羅場になったケースもあるわけです。

 

本当に、「話し合いの成功」と不倫が終わるかどうかは別なんだな……と思うことは多いのです。