夫の不倫を限定的に許したため長引いてしまうケース

不倫をしている夫、誰もが許したくないですよね?

 

しかし、やむにやまれず夫の不倫を限定的に許してしまっている奥さんもいます。

 

そうなると、本当に長引いてしまうことがあるので注意が必要です。

 

今回は夫の不倫を限定的に許したため長引いてしまうケース、がテーマです。

不倫行為に条件をつけて許す?

不倫をやめてほしいけれど、なかなかやめない。

 

さらに妻が舐められているからか、夫は聞き分けがないし、だんだんエスカレートしていくような気がするためになかなか解決しない。

 

そんな時、不倫に条件をつけて、限定的に許してしまう奥さんがいます。例えば

 

  • 無断外泊だけはやめて
  • 複数の人と性行為をするのはやめて
  • (女のところに入り浸ってる夫に対し)子供の行事だけはきちんと参加して

 

このような伝え方をして、夫に生活態度の改善を頼んでしまうことがあるのです。

 

このような伝え方をすると、不倫中の夫は、自分に都合の良いように解釈することがあるのです。それは、

 

  • 無断外泊はやめて → (連絡をするなら、女と泊まっても良い)
  • 複数の人と性行為をするのはやめて → (特定の人となら、性行為をしても良い)
  • 子供の行事だけはキチンと参加して → (子供の行事にさえ出てれば、女の所に入り浸っても良い)

 

こんな感じで、不倫夫は、条件がついているものの不倫はしてもいい、妻はそれで認めている!と解釈します。

 

妻としては、不倫することを認めたわけではないが、あまりにも夫の態度が悪いために、その中でも特に嫌なことは絶対にやめてほしいというつもりで言っているはずです。

 

そして当然、妻がすごく嫌がってる事は、夫に伝わっているものだと思いますよね。

 

しかし、夫の側はそうではありません。

 

不倫中の夫はとにかく自分の都合の良いように、ゆがんだ認識をします。

 

条件さえ守れば、妻は不倫を許してくれている。

 

このようなゆがんだ認識が夫に定着してしまうと、問題は長引きます

 

なぜなら、妻が許してくれてるんだから、と罪悪感を感じなくなるからです。

 

さらに、「妻は最初、すごく嫌がっていたのに、最近は、条件がゆるくなってきた。ということは、これからもちょっと脅せば、簡単に条件をゆるくしてくれるだろうな?」

 

と、一層妻をナメて、甘えてくることも考えられます。

 

妻側に弱みがたくさんあると陥りやすい

こうなってしまう原因の一つに、妻が弱みを握られているということがあります。

 

精神的にも経済的にも夫に依存して生活していると、それが弱みになりますよね。

 

自分で生活費を稼ぐの難しいし離婚はできない……だったら、たとえ不倫をしていても生活費さえ入れてくれならまあいいか、みたいな感じに妻が思っていると、どうしてもそれが夫への言動に現れてしまいます。

 

それを敏感に夫を察知します。

 

そして「生活費を入れてるんだから不倫ぐらい許せよ?」みたいな関係性に発展していくわけですね。

 

妻には全面的に不倫を禁止する権利がある

たとえあなたに、弱みがあったとしても、あなたは妻なのですから、夫の不倫を全面的に禁止する権利があります。

 

ですから、夫に舐められないように、毅然と主張していいのです。

 

なかなか不倫をやめず、態度も悪く、生活状況も悪くなっていくと、最低でもこれだけは守ってほしい。。。というように、夫に対する期待のレベルが下がっていきますよね。

 

だから最低でもこれだけは守って、という伝え方になってしまうのは分かります。

 

しかしここは一歩踏ん張って、不倫は全面的に許さない!どのような条件であっても、一切認めない!この姿勢を貫くようにしてください。

 

夫の態度がどんどん悪くなるのであればなおさら、あなたが毅然としていないと駄目です。

 

なぜなら、どんどん甘えどんどんナメでかかってくるからです。妻が弱みを見せると、それにつけこんで夫は調子に乗ります。

 

そのスパイラルに巻き込まれると、結局夫のいいようにコントロールされ、なし崩し的に何でも認めさせられることになります。

 

不倫中の男性は、本人の元々の人格ではなくなっています

 

まるでアル中の人が酒に酔っている時のような、本能剥き出しで自己中心的な状態だということを覚えておいてください。

 

生活態度が狂っていく夫に対し、妻の必死の願いが伝わるように頼んだ言葉も、夫は勝手に自分の良いように書き換えてしまいます。

 

ですから不倫最中の夫に、条件付けをして不倫を許すような伝え方をしないようにしてください。