夫の風俗通いに対処するには

夫の風俗通いに対処するには

夫の不倫問題で悩んでいる女性の中には、不倫と言えるかどうかわからないけど夫が風俗通いをしていて辛いという方もいらっしゃいます。

 

風俗通いが嫌なのは当然

よくお聞きするのは「夫が風俗を利用していますが、風俗を嫌がるなんて、心が狭いのでしょうか?許すべきでしょうか?」というご意見です。

 

世の中には「男は風俗ぐらい行くよ」「そんなのただの遊びだから許してやれ」「不倫は嫌だけど風俗ぐらいだったら平気だわ」と感じる人も多いですよね。

 

しかしご主人が風俗通いをしていて、妻であるあなたがそれは嫌だと思うのであれば、その気持ちを大事にしていいのです。

 

たとえお金で買った関係で恋愛感情が無いとはいえ、夫が自分以外の女性と性行為をするなんて本来は許せないし気持ち悪いと思って当然の行為です。

 

妻であるあなたは風俗利用は嫌だという気持ちを我慢する必要はないのです。

 

一方、一般的な不倫と違って多くの男性は、風俗を単なる性的サービスを受けているだけという軽い気持ちでいますよね。

 

一部を除いてその関係に恋愛感情はありませんし、一人の女性と長続きするような不倫と違いその場限りの関係であるというのも事実です。

 

ただ、繰り返しますが、この行為にあなたがどう感じるかは全くあなたの自由であって、嫌なら嫌とご主人に伝えていくのも大事だと思います。

 

罪悪感は乏しいので伝えていく必要がある

風俗を利用する男性は、それ自体に罪悪感はあまりないです。

 

若い頃に同僚に連れられてとか上司に連れられて風俗店に行き、思いの外ストレスがすっきりしたとか、気楽にいい思いができるという体験をして、罪悪感もなく時々利用しているのだと思います。

 

世間的にも風俗なんて浮気じゃないし、とか男には必要な場所みたいな風潮があるので、利用している人も全然悪気はなく

 

ただそこに快楽を得られるスポットがあるから楽しんでいるだけ、という感覚なのでしょう。

 

夫の風俗利用が辛いのであれば、私はそういうところに行って欲しくない、という気持ちを伝えていくことをお勧めします。

 

男性の中には「風俗なんか完全な遊びだから、バレたとしても妻は何と思わないはず」と思い込んでいる人もいます。

 

男性は相手の気持ちに気づくのが遅いし、言われなきゃわからないという人も多いです。

 

風俗を利用する男を気持ち悪いと思う女性がいるということになんとなく気づいていたとしても、まあバレなきゃいいだろうとか、謝ればいいだろう、と勝手に片づけてしまいます。

 

そのため、あなたがやめて欲しいのであれば、「絶対にやめてほしい、私はそういう行為をされるととても傷つく」と訴えましょう。

 

時には感情をあらわにしてもいいと思います。

 

泣いたり悲しんだり姿を見せることで、夫も自分の行為が妻をこんなに傷つけるんだ……と理解できます。

 

妻が悲しんでいる姿を見て「自分の行為が妻を傷つけたんだ。。。悪かったな、可哀想だな」と、感じることができる男性であれば、徐々に風俗通いから足を洗える可能性もあります。

 

風俗利用のリスク・デメリットを話し合う

また、妻の気持ちにフォーカスした話し合いをしながら、風俗利用のリスクについても話し合えるとより良いです。

 

風俗店に通っていると、性病になったりするリスクがありますよね。

 

性病は本人だけではなく妻にもうつす可能性があるわけです。

 

性病にはいろんな種類がありますが、子宮頸がんの原因になるウイルスは、風俗店経由で感染することが多いです。

 

また、女性が性病にかかってもなかなか発見しづらいこと、性病を放置しておくと不妊症などになりやすいことも、リスクとして話し合うのも必要です。

 

また、お金の管理をするのもいいかもしれません。

 

風俗店は一回15000円から3万円ぐらいしますよね。お金に余裕がなければ必然的にできなくなります。

 

性風俗店に通っている男性は、そのスポットを簡単に快楽を得られる場所と考えています。

 

ですからなかなか風俗利用を続ける「デメリット」がないと止められないです。

 

妻が風俗店に通うことを許してくれるし~デリヘルくらいなら呼ぶお金もあるし~性病なんか絶対かからないし~風俗嬢って検査してるから大丈夫っしょ~?(って実際そんなことはありませんからね)

 

このように、風俗利用に何もリスクも無い状態であれば、快楽を得られる場所に通うことを自発的には止められないです。

 

性依存的状態になっている場合は対処が難しい

たまにですが風俗通いが依存症みたいな感じになっている人がいます。性依存症と言われる人たちです。

 

依存とは、いけないとわかっていても、どうしてもその行為がやめられない状態のことです。

 

嫌なことがあったりストレスが溜まると、性行為をしないといてもたってもいられない。

 

お金が無いのに借金してまで風俗を利用する。

 

ここまでになっている場合の対処は、非常に難しいのが現実です。

 

妻ができることは、やはり繰り返し風俗に通われると心が傷つくと伝えていくこと。

 

さらに、ストレスが辛いときや自信を失ったときに、性行為以外で発散できるような方法を、夫とともに考えていくことくらいでしょうか。

 

夫の性的嗜好を満足させなければならないか

また、妻との性行為に不満があるから風俗を利用するのではないか?と思うと、何とかして満足させなければいけないと無理矢理頑張っている奥さんもいますね。

 

しかし、風俗利用をやめるさせるために、妻が夫の性的嗜好を満足させようと努力するのは、いろんな弊害があると思います。

 

妻の自尊心も傷つくし、夫も妻をそのような対象として見てるわけではないので、むしろ妻のそのような努力が痛々しく感じたりもします。

 

妻も非常に虚しくなりますよね。

 

夫婦関係は単なる性関係ではないです。

 

もちろん性的な満足は夫婦関係で大事ですが、それはお互いに協力し合うことであって、片方の性的嗜好だけを満足させようと片方が努力するのは間違っているのではないでしょうか。

 

複雑な男性心理を理解するより自分自身の心のケアを

風俗店に通う男性の中には、女性への支配力や男としてのパワーを感じるためだけに利用している人もいます。

 

スポーツ雑誌など男性誌には、「風俗嬢を簡単にいかせるテク」という特集が組まれてたり、「局部が増大して女性が喜ぶ薬」みたいなのも売ってますよね笑。

 

あれは結局、自分が性的に満足したいというよりは、女性をイカせられる自分に酔いたい、女性を支配したい、男性としてまだまだ力があるんだと感じたいという動機があるわけです。

 

風俗嬢なんて仕事なんですから、どんなに下手くそな短小男でも「いいわいいわ」って言うに決まってますよね。

 

ですがそういった演技にも気づかない。

 

薄々気づいていても、いいわいいわと言ってもらえると、男性として非常に支配力を感じるし、「俺はできる、女を喜ばせることができる!」という感覚を得ることができる。

 

風俗に通う人の動機がこの辺りにある人もたくさんいます。

 

会社経営者や公務員大企業の社員など、日頃重大な責任を負わされてストレスを感じている人。

 

日頃の仕事の中で支配力を感じられない屈辱感を味わっていると言った人が、風俗店を男としての自信を回復するために利用しているのかもしれません。

 

とはいえ……女性であるあなたがこれらを理解して対処してあげる必要もないと思います。

 

これらも一般的な不倫と同じで「夫の心の問題」であって、妻が解決してあげる義務はないのです。

 

一方、あなたは自分自身の心をケアする義務があります

 

ですから、夫の気持ちがどうとか、夫の欲望はどうとかとか考えるより、「自分は夫が風俗を利用するのは嫌なのだからやめてほしい」と、勇気を持って伝えること。

 

そして、夫とできるだけお互い分かり合えるように話し合ったり、お互い性的満足ができるように工夫してみたりといったことにチャレンジして欲しいです。