浮気はバレてないと思ってる旦那:バレた後のことは考えていない

不倫中の夫は、自分の不倫はバレてないと思っていますし、今後もずっと、バレずにやっていけると思い込んでいます。

 

本当はバレバレで、奥さんがガマンして気づかないふりをしてくれているだけであっても、バレてることに気づけません。

 

泥酔者や認知症高齢者に似た認知のゆがみ

身近にもいませんか?バレバレな不倫カップルなのに、周囲の目を自覚していない人たち。

 

職場で堂々と怪しいやり取りをしている不倫者、周辺の社員は全員知っているのに、「バレてない」と思っているのは本人たちだけ……。

 

夜の街を歩くと本当にたくさん、怪しげなカップルがいますよね?

 

大抵はおじさんとおばさんで、夫婦気どりで歩いているけど、もう、夫婦じゃないのは明らか。

 

おじさんはサングラスして(夜なのに)、おばさんはミニスカートをはいて、手をつないでいる。。。誰がどう見たって不倫者なのに本人は夫婦のつもり。

 

こういうのって、酔っぱらってるのに「酔ってれーよ、でーじょうぶだって」と千鳥足の酔っぱらいとか。

 

「運転には自信あります」と豪語する87歳とか。そういう人たちに似ていますよね。

 

酔っぱらいも、「運転に自信があります」と豪語する高齢者も、認知にゆがみがあります。

 

酒によって自分がどうなっているかわからないし、認知症のケがある高齢者も自分の運転が普通なのかそうでないのかがわからないのです。

 

それと同じく、不倫夫は不倫という依存行為によって脳が退化(麻痺)しているため、自分たちの様子が、周りから見たらおかしく見える、ということに気づけなくなっています

 

  • 多分、自分たちは普通の夫婦に見えるだろう
  • 職場の人たちは、自分たちが会議室でキスしてるのには全然気づいてないだろう
  • 妻には出張って言ってあるから、不倫旅行してるなんて気づくわけないだろう
  • 女と歩いてるところを誰かに見られても「あ、この人は友だち。相談に乗ってるだけ」と言えば信じてくれるだろう

 

甘いんですよ。

 

もちろん、誰もが面と向かって「おたくら、不倫してますよね?」とは言わないですよ。

 

不倫者たちのことを陰で噂していても、本人たちにはわからないようにしていますからね。。。

 

そして奥さんだって、不倫に気づいて陰で探偵を雇っている人は多いし、着々と離婚準備している人もいるというのに……

 

不倫中の夫だけは「俺はだーいじょーぶっ!バレねぇから、家庭壊す気なんてないし、俺なりに家庭守ってんだからっ」と呑気にかまえているのです。

 

バレたらどうなるか?は一切考えていない

そしてもちろん、自分の不倫がバレたらどうなるか?なんて一切考えていません。

 

なぜなら、上記のとおり認知がゆがんでいるので、「自分の不倫は絶対バレない」という意味不明な自信があるからです。

 

だから考える必要もない、と思い込んでいます。

 

だからこそ、バレたときに多くの不倫夫が5歳児レベルの言い訳をするのですよね。。。

 

  • 職場の女性と歩いていただけ、ラブホ入ったのは、その人が貧血で倒れたから少し休ませないといけなかったから
  • その女の部屋に入ったけど、指一本触れてない。その女は下半身の病気があるから「そういうこと」はできないからさ
  • コンドームがカバンに入ってた?ああーそれは、ドラッグストアで花粉症の薬買ったときに試供品でもらったんだ

 

これらすべて実際に不倫夫がバレたときに奥さんに言った言い訳ですが……

 

こんなのが奥さんに信じてもらえると思うことがおかしいですよね。

 

脳が爬虫類レベルに退化していないとできないことですが、残念ながら不倫行為によって、もともと相当頭の良い男性であっても、このレベルに退化することは多いです。

 

まるでオウム真理教に入信してから、おかしな言動を繰り返しおかしな犯罪者になってしまった高学歴の信者のように……

 

「もし、バレたらどうなる?」「もし、言い訳して奥さんが信じてくれなかったら次はどうやって言えばいいか?」それをバレる瞬間まで全く考えていなかった不倫夫。

 

そのため、5歳児レベルの言い訳が通用しないとわかったとき、瞬間的にできることは逆ギレして奥さんを威嚇しそれ以上追及させないようにすることくらいしかできません

 

あるいは「俺が不倫したのは、おまえが○○だったから」と正当化したり。

 

「絶対してない、やってない、それは俺じゃない」と完全否定して逃げようとするとか。

 

それくらいしかできないのです。

 

さらに、バレたとしても、「最後は絶対、妻は許してくれるはず」と、勝手に都合の良い結末を期待するのです。

 

不倫夫の頭の中では、バレるわけない、バレても言い訳すればいい、そして最後は妻は許すに違いないから大丈夫。

 

不倫で退化した脳では、このような自分都合のストーリーしか描けないのです。

 

妻バレ後の夫のまともな反応を期待しない

ですから奥さんは、気づいてみて見ぬふりをしているだけで、夫が「バレたらヤバイから」と思って自発的に不倫をやめる日が来るとは、期待しない方がいいです。

 

そして、意を決して不倫に気づいていることを夫に告げても、「いつかバレる日が来ると思ってた、ゴメンね、反省するし、もうやめるよ」とはならないですから、そのつもりでいた方がいいです。

 

そして、バレた瞬間に夫の口から飛び出す言葉には、夫本人の考えは入っていませんから、鵜呑みにしないように気を付けてください。

 

不倫前のまともだった夫の言葉ではありません。

 

バレた瞬間の夫の言葉を奥さんが信じてしまうと、良くない方向に展開していくことが多いので、どうか振り回されないようにしてください。

 

離婚、女との成就などの「計画性」はない

さらに、「夫は私と別れるつもりで、女と真剣交際しているのか?」と思うかもしれませんが、それもほとんどのケースで当てはまらないです。

 

不倫夫の本音は、「妻と女の両方と、妻バレしないように都合よく遊びたい」です。

 

そして前述のように「妻にはバレるわけない」と思い込んでいる状態ですから、奥さんと別れようとか女と一緒になろうなどと考えず、無計画に不倫しているだけのことが圧倒的に多いと思います。

 

(例外はありますが、それは不倫関係が深まってしまっているケースとか、相手女の略奪思考が強く、「早く奥さんと離婚して私と一緒になってよ!」と圧力をかけるタイプの場合です。)